登山道の管理日記
「パルナッソス山へ」管理人たにつちの日常。温泉は泉質主義でひなびほど良し。蕎麦屋めぐり、日本の美・チョウ・花・山の撮影など。ニッチでディープを心に留めたい。Discover Deep Japan!
by parnassus
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
parnassus.exblog.jp
ブログトップ
2009ダンダラロード(その5)~南魚沼郡をブラリ
2009年 04月 29日 | |
「みどりの日」の今日は、全国的によい天気となるという。
当初、いわき市のKさんとこに遊びに行く計画をしてたのだが、都合が合わず延期になってしまった。
この晴天、出かけなければ、悔いが残る。ただし気温は低め、風もちょっと強かったね。
休みは今日だけ、翌日は仕事だから、疲れすぎないように大遠征はやめようと。
そこで向かうことにしたのは、手近な南魚沼のギフチョウへ。
向かったのは、まだ会ったことのない湯沢町の・・つまるとこ新潟県南限のギフチョウさがしとした。
c0043361_2312492.jpg

標高の高い林道では、まだまだ雪が積もっている。
(今日は環境写真をたくさん挟んでみます)



さすがに↑じゃ、会えなさそうなので、標高を下げた場所へ。
c0043361_2324711.jpg
よさそうな雑木林・・ブナが多い、しかしカタクリもスミレもない。どこでもカタクリはあると思ってると、そうは問屋がおろさないのだ。
ブルーネットのオジサンがやってくる、ここはやはりチャンスのある場所なのだろう。ここの様子をたずねてみる。と、たいへん丁寧に教えてくれる方だったが、ここは、たいへん少ない場所らしい。しかも止まるものがないし、撮影は困難だろうと・・
オジサンとともに、ここのピークにて飛来を待った。しかし、ほんとに気配がない。ちょっと早めという感じもある。やむなく、10時のゴールデンタイムにして、あきらめて転戦することを決定した。
次に、全然違うエリアの山へ向かった。この山は入る道がない、、尾根につりつけそうな場所からヤブこぎで裾野に登ってみた。
c0043361_2374961.jpg
時期は早いことはないはずだが、ここもいなそう、、いてもたいへん少なそうだ。
降りたら、今年初の「長いもの」に会ってしまった。
c0043361_23115345.jpg
例により2メートル後ろにふっとぶ。
もう一箇所周り、そこではカタクリをみつけたが、やはり主役は見つからない・・・もうお昼だ。
初めてのトライだったが、湯沢町のギフチョウはかなりハードルが高そうだ。今日まわった限りでは、カンアオイをみかけていない。食草の分布がかなり局所的なエリアなのかもしれないと思った。
南魚沼市の既知のポイントへ向かうことも考えたが、発展性がない。
どうせ初めてのトライなら、新しい場所を探すことにしよう、、山を越え、十日町市側へ。
清津峡。水がきれい。
c0043361_23162174.jpg

旧中里村のエリアは、湯沢の次に南限に近いではないか、、
ここで初めてのカンアオイが生えているのを見つけ、そしてすぐそばで(もう古そうだったが)今日初めてのギフチョウを目撃する。よしゃ・・ここにはいるんだ!
登っていくと、よさそうな場所へ着いた。ブナの林である。ここらは、標高が低めでもブナが多い。雪の多さゆえだろうか。
c0043361_23203443.jpg

その陽だまりで、テリトリーを張るギフチョウと出会えた。
c0043361_23213399.jpg
画面下には、ブナの実生の芽吹きがびっしりと生えているという舞台、写っているチョウは小さいが、あえてトリミングせずそのままにした。

チャンス少ない飛翔ショットだったけれど、収まっている画があった。
c0043361_2323258.jpg

数は少ないね。発生地はここに近いのか、わからない。下の方のが集まっているのかもしれない。
でも、ブナ林の中を飛びかうギフチョウってオツなものだと思った。
帰りに、初めに見たカンアオイを探してみると、もう卵が生まれていた。
c0043361_23573926.jpg
ここではもうメスも出ているということだ。
ブナの若葉は、ほんとに鮮やかな緑だ。
c0043361_2331359.jpg
これは撮ったカメラがD50だから色が飽和してるわけではないのだよ。

その後、もう夕方で時間は遅すぎるが、南魚沼のポイントも見にいってみた。
こちらももう産卵の時期と思われたが、卵塊はみつからず。

最後を締めくくるかのように、八海山が夕日に燃えていた。
c0043361_23311670.jpg

疲れすぎないようにという計画だったのに、ついつい、あちこち回ってけっこう疲れてしまった。
[PR]
by parnassus | 2009-04-29 23:31 | チョウに会える道 | Trackback | Comments(12) |
トラックバックURL : http://parnassus.exblog.jp/tb/11432654
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by maeda at 2009-04-30 06:12 x
新ポイントを探すのも楽しいと思います。
毎年定点観察も重要ですが、密かなポイントで楽しむのも、なかなか良い感じです。
Commented by ダンダラ at 2009-04-30 09:36 x
精力的に新ポイントに行かれていますね。
私もこの日新ポイントに行きましたが、同じような感じでチラッと拝んだだけでした。
でも、知らない場所に行って新しい景色を見ると、それだけですがすがしい気分になりますね。
Commented by げん@あえてよがった at 2009-04-30 12:34 x
maedaさん、ありがとうございます。
ギフチョウもなかなか斬新な写真が撮れなくなってしまい、
写真における「ラベルの違い」に血道をあげてるのかもしれません・・
でも、はじめての場所でうまく会えるととてもうれしいですよね~。はずれも多いですけど(笑
Commented by げん@日本も広いですよね at 2009-04-30 12:38 x
ダンダラさん、↑のとおり、ある種「写真表現」での行き詰まり・・なのかもです(爆
でも、ブナ林の中で飛ぶってのは、はじめての環境で、ワクワク気分を新たにできましたよ。
Commented by banyan10 at 2009-04-30 17:21
この辺りは手近なポイントなのですね。
いつもながら新規ポイントを開拓する姿勢は素晴らしいですね。
飛翔写真は雰囲気が出ていますね。
八海山綺麗です。
Commented by furu at 2009-04-30 20:05 x
精力的な義父ロード(←誤変換)お疲れ様です。
新規開拓の精神が素晴らしいです。長いものは幸運の前兆だったに違いありません。私なら2メートル前進です。
新潟といえば、かつてご一緒したあの夏の一度きりしか行った事がありません。
Commented by cactuss at 2009-04-30 22:16
新ポイント開拓、頭が下がります。
最近、ブログを始めてから、成果があがりそうもないところにあまり行かないので、良くないと思っています。
でも、ちゃんとギフチョウを撮影しているところがすごいですね。
Commented by kmkurobe at 2009-04-30 23:41
いやいやすばらしい一日だったのでは無いですか、すばらしい一時を過ごされたことと思います。
Commented by げん@開き直り at 2009-05-01 12:45 x
banyanさん、ありがとうございます。
今年は「初めての場所のダンダラに会う」をテーマにこの春を送ろうと・・(笑
ETC千円で行ったことないとこもトライしやすいですしね。
でもせいぜいが証拠写真レベルで撮影チャンスの多い場所で粘ったほうが色々よさそうです。。(汗
Commented by げん@開きなおり2 at 2009-05-01 12:48 x
furuさん、ご無沙汰しております、ありがとうございます。
>精力的な義父ロード
そうなんです、こればっかりの今年の春です。
たまには義母にも会いにいかなきゃ・・(寒
新潟のギフチョウは、また太平洋とは違うと思いますよ、、また皆さんで行く機会があるといいですよねえ。
Commented by げん@でもやっぱり苦手 at 2009-05-01 12:50 x
cactuss さん、ありがとございます。
白馬でしっかりねらいのものを撮られたようですね・・グギギ・・
新ポイント探しは、かつてのポイントの状況がだんだん悪くなってしまったということもあります。情報がほとんどなく、あいかわらず自力ベースですので、こういうことになるのかも・・
でも、ほんと一応撮影できてよかったです。やっぱり「長い物」のご利益でしょうか。。
Commented by げん@適期ですか? at 2009-05-01 12:53 x
kmkurobe さん、ありがとうございます。
実は、今年の集結はいつですか?っておたずねしようと思っておりましたら、もうあったようですね(^^;
ご成果もあったようで、なんともうらやましいです。
次なるは、昨年のリベンジで5月下旬コースでしょうか?(笑
名前
URL
削除用パスワード
<< PCが起動ぜず、リカバリー ページトップ 佐野川温泉旅館(源泉:佐野川温... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original Skin by Sun&Moon