登山道の管理日記
parnassus.exblog.jp
Top
2009ダンダラロード(その6)~赤城姫にお伺い(2)交尾観察
2009年 05月 10日 |
c0043361_0202657.jpg

羽化したての樹に止まっているメスを撮影した後、山頂へ戻った。
不確定という、「赤城姫を愛する会」のMさんとごあいさつをした。
先日、Mさんは群馬県内のアサマシジミの分布と保全についての研究を発表されたが、そのクレジットで拙ブログもご紹介いただいたのだった。
帰ってから5年前の画像を再確認したら、その来訪の際にも、会の役員の方々のお一人として、お会いしていた。またCさんにもこのときにすでにお会いしていた。



ちょうど昼食時で、こちらもコンビニで買った燃料をほおばりながら、最近の赤城姫の消長などのお話を伺う。
今年はずいぶん多いのでは、と尋ねたが、例年並だそうだ。2年前の産卵数激減のピンチからは回復をみせたようで、それはよかったと思う。

Mさんは、会う訪問者に、わけへだてなく赤城姫の見所を案内している、むろん愛情をもって。
交尾シーンを撮影したいという話をすると、見られやすいのは山頂周辺とのことだった。さっき未交尾のメスが樹にとまっていたという話をしたら、それをマークしたほうが確実に交尾がみられるとの話だった。
産卵も高い所が中心に観察され、これをいかに低標高へ誘導するかが課題だということ、最近、下のほうの樹木を伐採したことで明るくなったので、それに期待しているという話だった。

食後、別な斜面で撮影していたら、Mさんが、交尾らしいのを撮影に人が集まっているということを教えてくれた。
ただ、食草ウスバサイシンの多い場所なので、踏み込む場所を気をつけるように、とのご注意。

行ってみるとさっきの未交尾の樹から数メートルの場所だった。きっとあのメスだろう。
おじゃましまーす、と撮影者の列に加わる。
c0043361_039271.jpg
初め、枯れ枝に半ば埋もれるような体勢で交尾をしていた。
撮影者グループはしばし傍観していたが、そのうち若目の女性撮影者がシビレを切らしたのか、その枝をのけはじめた。
オイラとしてはそのままの状態で成り行きを見守りたかったので、「いらんことすな~」と思ったが、後から割り込んだ身としては文句もいえない。
しかし、それに反応して、カップルは動き出した。
c0043361_0423632.jpg

c0043361_0434352.jpg

がっちり結ばれてる腹部も観察できた。
c0043361_0442157.jpg

もうこのときは、解けていた。解けた後もオスはメスの腹部をがき抱えるようにして、飛び立たずじっとしていた。
c0043361_046424.jpg

そしてしばし後、カップルはそれぞれ飛翔し出した。交尾後のメスさん。
c0043361_046181.jpg

このメスさんは、すぐ、近くにあったウスバサイシンの葉にまとまりつき、一時だったが、まるで産卵の体勢をとった。少々ピンボケだが、証拠写真を掲載する。
c0043361_0483916.jpg

偶然なのか、、本能なのか、、
もちろん産卵を始めたわけでない。一般に交尾後のメスは数日後から産卵を開始できるようになると言われている。
しかし、産卵ができるできないにかかわらず、ウスバサイシンの若葉の匂いなどに誘われ、その気になる本能が備わっているのではないだろうか。
[PR]
by parnassus | 2009-05-10 23:19 | チョウに会える道 | Trackback | Comments(16) |
トラックバックURL : http://parnassus.exblog.jp/tb/11519122
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 虫林 at 2009-05-12 13:44 x
まだ見ぬ赤城姫の写真はまぶしいですぞ。なんと交尾まで----引きが強いですね。とても良いカップルでしたね。
Commented by banyan10 at 2009-05-12 18:58
交尾の撮影おめでとうございます。
早く解けたのは女性が手を出したせいか、難しいですね。
自然に良い位置に移動してくれればいいのですが、しばらく待ったあとだと僕も手を出しそうです。(笑)
Commented by chochoensis at 2009-05-12 20:51
たにつちサン、=赤城姫=の交尾写真!素敵です・・・未だに交尾写真を撮影したことが無いので、とても眩しく拝見しました・・・すばらしいです。
Commented by げん@他力本願派? at 2009-05-12 23:54 x
虫林さん、ありがとうございます。
まだ赤城姫には邂逅されてませんでしたっけ。。
ほかの地区の姫とは、明らかに違いますよ。来シーズンはご一緒しましょう。
ひきが強いなどと・・貴殿と行けば、もっとすごいシーンが見られるに違いありませんから。
Commented by げん@やはり自然体を at 2009-05-12 23:58 x
Banyanさん、ありがとうございます。
ヒメギフの交尾は実は初めてだったです(と思います)。今回一番期待していたので、なんとか会えてよかったです。
よい位置に移動するのは、ちょっと期待できなさそうですね。枯葉にまぎれて交尾するのが本来の状況と感じました。
Commented by げん@ダンゴみたいでした at 2009-05-13 00:00 x
chochoensis さん、ありがとうございます。ご無沙汰しておりますです。
私も交尾は念願で初めてだったもので、つい夢中になってしまいました。
羽化したばかりのメスがいると、じきに交尾に至るようですね。
貴殿にも近くチャンスがありますように。
Commented by ま・み at 2009-05-13 00:46 x
 げんさん、お疲れ様。ま・みです。今度はヒメギフですか(まだウスバシロもいけそうですし)。命萌える春、待ち遠しい筈です。こういう写真を見ていると、生き物の”生と死”というものを強く感じます。何も考えず、ただただ欲しいから採る・・そういう事が出来た時代がとても懐かしい気がします。

 菫の写真素敵ですね。こんな温もりを感じられるような写真が撮れたらなと思います。写真には撮影者の内心が投影されるわけですから、げんさんは菫をこのような眼差しで見ているということでしょう.ヒメギフは撮りたい、が勝っているような・・・(蝶は動くし逃げますからね(笑))。

 今度は何が出るのかな、ワクワク・・・。

Commented by げん@ま、眼差しですか(^^; at 2009-05-13 22:37 x
ま・みさん、ありがとうございます。
ウスバシロは場所によってまだまだこれからですよ。高標高や、東北地方なら、6月に入ってOKですから・・
点景で載せたスミレの写真にツッコんでいただいてありがとうございます。アカネスミレ・・かなあ、、自信ないですが。色鮮やかできれいでしたよ。
花の撮影にまじめに取り組むことは、動きの速いチョウの撮影をするときにも、速やかに構図を決めるとか、きっと役に立つ訓練になると思います。
ところでデジ1はGetされましたか~?(たきつけっ)
写真はほんと心が反映してるので、その公開は、恥ずかしいものかもしれません。
Commented by cactuss at 2009-05-13 23:46
赤城で飛翔、交尾と撮影できて、良かったですね。
5年前、確か、始動式(4/29)の時に4名の撮影の方が来ていて、バシバシ撮影していました。後から、よく見ているブログに赤城のヒメギフチョウが登場したので、後からちゃんと挨拶しておけばよかったなと思いました。あの時はbanyanさん、furuさんとダンダラさんともう1人はたにつちさんだったのですね。確か、写真を撮ってもらった記憶があります。
Commented by げん@お世話になりました at 2009-05-15 00:27 x
cactuss さん、おそくなりました、ありがとうございます。
おかげさまで、よいタイミングにうかがえました。続きも少しあります。
帰って写真を振り返ると、しっかり貴殿とお会いしておりましたね。あれは始動式の日だったのですか・・
ずいぶん前からお世話になっておりますです。
あのときは、撮影者は、、そうですね、今ほど多くなかったですね。。
よいか悪いかわかりませんが、我々の記事も人を呼ぶことにもつながっているのでしょうか・・
Commented by furu at 2009-05-16 22:40 x
上のコメントを読んで5年前の画像を見直したらほんとにcactussさんの姿が・・・。一昨年のルーミス撮影のときが初対面だと思ってました。
私も交尾場面に自分しかいなかったらちょっとつんつんして移動をお願いするかもしれません。
それにしても年々カメラマンが増えてきてるようですね。
Commented by clossiana at 2009-05-17 11:00
交尾中でなくても邪魔なものがあると私も取り除きたくなりますが交尾中以外は逃げてしまいますよね。交尾の時は逃げないとしてもソッと優しくしてあげるだけの配慮は必要だと思います。少なくとも撮られる側にたてば迷惑な話なのですから。。
Commented by ダンダラ at 2009-05-18 00:05 x
念願の赤城姫の交尾写真、撮影できて良かったですね。
このシーンだと、一通り撮影できたら私も手を出していたかな。
5年前の写真、見直してみました。
たしかにcactussさんが写っていました。
若干顔がシルエット気味でわかりにくいのですが、首から下げているカメラのレンズが同じものでした。
そうですか、あのときにお会いしていたんですね。
我々4人も初めて揃って顔を合わせたようにも思いますが、違ってましたっけ。
Commented by げん@じれんま at 2009-05-19 00:23 x
furuさん、ありがとうございます。レス遅くなりすいません。
貴殿もCさんがいらっしゃること気づいてませんでしたか・・こんな記事も何かの役に立ちますね(^^
基本的に、できるだけそのままを撮りたいと私は思ってるんですけどね、、どうしても後でホントの生態写真じゃないって思うことが予想されますので。いいアングルとで悩みますけどね・・
カメラマン増えてますね、でもMさんは、ネットを振ることができなくなることはよいとおっしゃってました。
Commented by げん@かくれみのでも at 2009-05-19 00:25 x
clossiana さん、ありがとうございます。レス遅くてすいません。
きっとチョウさんも、交尾しながら、あ~撮られてる~って思ってるのかもしれませんね。
しかし、先日の貴殿のクイズはすごかったですね。早朝の気温が低い状態での話とは想像できませんでした。
Commented by げん@5年なんですねえ at 2009-05-19 00:29 x
ダンダラさん、ありがとうございます。他力本願200%ですが、期待していたシーンを撮らせていただきました。
交尾後のシーンは、なぜか皆さん無関心で、私独りおいかけてました・・(^^;
貴殿もCさんのこと気づいてませんでしたか。。意外ですね。
そうですね、初めての撮影オフだったでしょうか、懐かしいですね。
名前
URL
削除用パスワード
The Original by Sun&Moon