登山道の管理日記
「パルナッソス山へ」管理人たにつちの日常。温泉は泉質主義でひなびほど良し。蕎麦屋めぐり、日本の美・チョウ・花・山の撮影など。ニッチでディープを心に留めたい。Discover Deep Japan!
by parnassus
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
parnassus.exblog.jp
ブログトップ
2009ダンダラロード(その6)~赤城姫にお伺い(3)吸蜜行動
2009年 05月 20日 | |
なんやら「小出し作戦」になってる感じですが、赤城姫の続きです。

エイザンスミレ
c0043361_065937.jpg

エイザンスミレは、スミレの中でもとりわけ好きなスミレ。
キザキザの独特の葉と、淡いピンク色を乗せた白い花色がとても特徴的だと思う。
山地性のスミレで、早春のかなりの深山でみかけるとき、春の到来にわくわくして、その場の環境の豊かさを思う。
といっても、わが埼玉の奥武蔵の山でも自生していて、さほど希少な存在ではないのだけれど。
でも、明るい美しい雑木林であることは条件だろうね。
ここ赤城姫の生息地には、エイザンスミレが多くて、実にうれしいのだ。



交尾シーンの撮影後、山頂で「赤城姫を愛する会」のMさんと少し話をしたり、また赤城姫が追いかけるシーンを撮影したりしていたが、午後に入るとあまり見られなくなってしまった。

Mさんの下山されるようで、一緒に私も下りようかと同行した。が、途中、午後がもっと進むと周辺のスミレでの吸蜜や産卵がよく見られるようになる、とのアドバイス。
どちらも赤城姫で撮れていない、、そんなこと言われたらと下山できなくなってしまう。
では、とここでMさんとお別れし、少し待ってみることにした。

すると、指南のとおり、午後も進むと、スミレの多い斜面で再び飛び回るようになった。
たまに、スミレに止まって吸蜜を始める固体も・・これは、タチツボスミレだろうか。
c0043361_016469.jpg

土に止まって、モゾモゾ、、これは、土からの吸水に違いない。短い時間で、よい角度では撮れなかった。
c0043361_0192296.jpg

メスのようだった。ヒメギフチョウでは、メスの吸水を白馬でも観察した。ヒメギフのメスに特徴的な行動だろうか?なぜだろう。

そして、エイザンスミレにも止まって吸蜜を始める個体もあらわれた。エイザンでの吸蜜は初めて観察した。
うれしい。
c0043361_02121100.jpg

これは、交尾済みのメス
c0043361_022688.jpg
比較的ゆっくりと次々花を渡って吸蜜を続けていく、よいモデルになってくれた。
止まるスミレはほとんどエイザン、、今まで見たことなかったのに、、ほかのスミレに比べてもえり好みしないように見えた。
今まで見られなかったのは、これまでエイザンとヒメギフの生息地が一致していなかったということなのかもしれない。

広角でもがんばって近づいて、、
c0043361_0264189.jpg
でもひとつの花での時間は短いし、光線の条件もそろわず、これが一番ましな画だった。

モデルの姫は、最後に、エイザンがまとまって咲いている株に立ち寄ってくれた。
c0043361_0282398.jpg
エイザンは、単独の株であることが多く、この豪華なチャンスは貴重だ。
このときは、数人のカメラマンが寄り集まってひと時のモデル撮影会場が出現した。
[PR]
by parnassus | 2009-05-20 23:00 | チョウに会える道 | Trackback | Comments(6) |
トラックバックURL : http://parnassus.exblog.jp/tb/11582159
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by maeda at 2009-05-21 06:08 x
不思議ですね。
私もエゾヒメギフ♀の吸水を観察しています。♂では見ていません。
白馬でも♀の観察例があるようです。
Commented by げん@いいテーマかもですね at 2009-05-21 12:23 x
maedaさん、ありがとうございます。
吸水は、オスではみかけませんか、、やはり。
アゲハ科の吸水は、オスと相場が決まってるだけに、なぞですよね。
ギフチョウも吸水の記録ありましたが、確かオスだったのではないでしょうか。
本文に書きましたが、白馬で観察・撮影してますよん♪
Commented by banyan10 at 2009-05-21 18:55
ここは色々なスミレの吸蜜が狙えるのがいいですね。
イエザン、アケボノ、ヒナスミレと好きなスミレが多いですが、どれも撮れていません。
今年は行きそびれましたが、来年は久々に行ってみたいです。
Commented by cactuss at 2009-05-22 00:01
午後の吸蜜タイムにスミレ吸蜜が撮影できて、良かったですね。
一番、足繁く通っているMさんが、一番習性を知っていると思います。
雌の吸水は以前も撮影した事がありますが、雌の習性かもしれませんね。
Commented by げん@アケボノは気づかなかった at 2009-05-23 01:14 x
banyanさん、ありがとうございます。
そうですね、ここはスミレの山でもありますね。
大きなサクラスミレも尾根筋では見ました。サクラスミレでの豪華なシーンを将来の夢にしようかな~
来年都合が合えば、懐かしく、ご一緒に行きませう。
Commented by げん@御礼 at 2009-05-23 01:17 x
cactuss さん、ありがとうございます。
さすがMさんのご指南、的確だったです。おかげさまで、久々の赤城姫だったにもかかわらず、さまざまなシーンを観察できました。
やはり吸水はメスですか?不思議ですね~
名前
URL
削除用パスワード
<< 2009ダンダラロード(その6... ページトップ 赤城の湯 ふれあいの家-敷島温泉 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original Skin by Sun&Moon