登山道の管理日記
「パルナッソス山へ」管理人たにつちの日常。温泉は泉質主義でひなびほど良し。蕎麦屋めぐり、日本の美・チョウ・花・山の撮影など。ニッチでディープを心に留めたい。Discover Deep Japan!
by parnassus
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
parnassus.exblog.jp
ブログトップ
今日は「ブルー&ブルー」ロード
2009年 06月 02日 | |
「ブルー&ブルー」といっても、憂鬱でしょうがなかったという意味ではありません。

今日は、長野県のオオルリシジミの保護地とその周辺(これも保護地)を中心にして、ロードしてきました。
c0043361_23262335.jpg

初めて・そして念願だったオオルリシジミ。
今年も目標にしつつまたしてもダメかとあきらめかけてましたが、ぎりぎりで会えました。



午後から、といってもほとんど夕方近くには、松本市で、ミヤマシジミとクロツバメシジミの春型を訪ねました。
そういうわけで今日はブルー&ブルーなのです。

そして、汗流しを、青木村の田沢温泉・温泉センター共同浴場「有乳湯」にて・・、
最後に、腹ごしらえを、上田市の蕎麦屋「よし吉」さんにて、というロードをしました。

それぞれの記事は、後日、別掲載の予定です。

初めて、一日全体をいわゆる日記らしく書いてみたのですが、他の記事との統一感が難しいですね。
[PR]
by parnassus | 2009-06-02 23:12 | チョウに会える道 | Trackback | Comments(6) |
トラックバックURL : http://parnassus.exblog.jp/tb/11670886
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ダンダラ at 2009-06-03 12:51 x
オオルリシジミ、まだ新鮮な個体できれいですね。
観察会の後は人も多くはないのでしょうか。
Commented by ま・み at 2009-06-03 23:27 x
 オオルリシジミですか・・。なんとロマンチックなネーミングでしょう(まだこの蝶が生きていける環境が残されているんですね・・・)。遠路はるばるこの蝶に会いに行く方の気持ちわかります(食草も”クララ”だなんて、どこまで上品でロマンチックなのかしらん)。

 イボタのウラナミジャノメも良いです。細い脚で身体を高く掲げ、凛として辺りをうかがう様子・・・生命感に溢れていて素敵です。

それではまた
Commented by げん@きれいでした at 2009-06-03 23:44 x
ダンダラさん、ありがとうございます。
おそらく盛期から比べるとかなり少なかったのですが、新しいのがいてくれました。これにはちょっと要注意話もありますが。。
観察者はポツポツと訪れていました。
Commented by げん@クララにクラクラしました at 2009-06-03 23:48 x
ま・みさん、ありがとうございます。
絶滅したかと思われていたこのチョウ、細くつないでいた命を地元の熱心な保護活動によりようやく公開していただけるまでに回復したのですよ。素晴らしいチョウでした。私のとこからは、そんなに遠くなくこのチョウに会いに行けるということは、とても幸せに思いましたよ。
ウラナミジャノメの渋いチョウにも、過分なるツッコミありがとうございます(笑
Commented by thecla at 2009-06-03 23:59 x
オオルリはまだ綺麗な個体もいるのですね。
ただ、ちょと一部ではオーバーユース的な問題も出てきているようで色々考えさせられる状況になっているようです。
Commented by げん@でっかかった! at 2009-06-04 12:23 x
theclaさん、ありがとうございます。
多少の発生期の幅はあるようですね。。ボロボロばかりじゃ悲しいので、よかったです。
オーバーユース?若過ぎ?どういう問題なのか、今度教えてください。生息数と区域をどんどん増やしていってほしいと願いますね。
名前
URL
削除用パスワード
<< 田淵行男生誕104年-山の意匠... ページトップ クリの花の咲く季節(2009) >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original Skin by Sun&Moon