登山道の管理日記
「パルナッソス山へ」管理人たにつちの日常。温泉は泉質主義でひなびほど良し。蕎麦屋めぐり、日本の美・チョウ・花・山の撮影など。ニッチでディープを心に留めたい。Discover Deep Japan!
by parnassus
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
parnassus.exblog.jp
ブログトップ
クロツバメシジミ蛹&終齢幼虫
2009年 06月 30日 | |
予定が自由になる日と天気が一致しなくて、フィールドに出かけられてません・・(T 。T)

先日の信州ロードの話になりますが、松本市のクロツバメシジミを1頭だけ、自宅にお持ち帰りをしたのでした。(鳩山邦夫氏ご推奨のビニール袋に入れる方法で、、)

クロツバメシジミの幼虫や蛹は、野外で撮影することが難しそうであるため、産卵させて飼育下の撮影ができないかというねらいです。
メスであることを期待して、、しかし持ち帰って見るとお腹も細く、メスであるかもわからないような個体。およそ頼りなく、ネットの吹流しの中で一株のツメレンゲを転がして数日飼っていました。産卵の期待は正直あきらめてました
しかも、1日一回以下の頻度でしか餌を与えないような申し訳ない管理で、ある日気づくとぬれたティッシュに翅が貼りついて動けなくなった姿で絶命してました。

それから、そのまんまでほったらかし、ツメレンゲも干からびてしまういきおい。
20日ほどが経過、、で、気づきました。蛹が付いていることを・・
c0043361_003945.jpg

そして、あれは、やはりメスだったということを、そして、あの短い時間にもしっかり産卵をしていたことを。





羽化が間近なのか、黒く色づいた蛹に、まだ青い蛹、ツメレンゲを転がしたプラカップのへりに蛹化してます。撮影のバックとしては、はなはだ美しくないです。
c0043361_025150.jpg

吹流しのネットにも蛹が。。

幼虫に中を食いさらわれたツメレンゲは、シワシワにひなびていました。
その枯れたツメレンゲ、芽のひとつのような姿で、まだ終齢幼虫がひとつ止まっていました。
c0043361_074158.jpg

もう、前蛹になりそうな雰囲気です。

あの母蝶は、少なくとも5つの子どもを残した。クロツバメシジミのたくましさを感じるとともに、産卵していたと気づいていたなら、途中のステージももっときちんと撮れていたかも(ホントか?)と悔やまれる経験になりました。
[PR]
by parnassus | 2009-06-30 23:45 | チョウに会える道 | Trackback | Comments(6) |
トラックバックURL : http://parnassus.exblog.jp/tb/11856309
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by fanseab at 2009-07-02 21:20
飼育していると、このような経験を良くしますね。
干からびた食草の隙間でしつこく、生き延びている幼虫とか・・。
小生も慌てて新しい食草を補給して最終ステージまで、
持たせたことがあります。羽化の場面をEX-F1の動画で見たいな!
Commented by clossiana at 2009-07-04 06:55
ツメレンゲが多肉植物だから水を与えずにいてももったのですかね?昔、子供の頃ヒメギフを飼っていて、沢山の蛹になったのですが全部、表面にカビが生えてもうダメだと思って庭に捨てたのですが翌春に一頭だけ小さなヒメギフが飛んでびっくりしたことがありました。
Commented by nobara at 2009-07-04 12:46 x
チョウチョを飼ったことはありませんが、その生命力には感動しますね〜 すごい〜〜
最近、散歩していてよく気をつけいると、いろんなのが飛んでいるのに気づきます。
黒くて大きいのとか、白いのとか、オレンジと黒とか。
(名前が全然わからなくて、レベル低すぎでスミマセン)

で、蝶を見るたび、たにつちさんを思い出す私でした〜(すりすり)
Commented by げん@生命力もらわんと・・ at 2009-07-05 00:42 x
fanseabさん、ご無沙汰しております。しかもレス遅くなってすいませんです。
クロツバメ、、やはりしぶとい生命力がありましたね(^^
それでいて局所的なチョウというのは、なぜなのか不思議ですね。それにしても、ひどい飼い主です。申し訳ない。
>羽化の場面をEX-F1の動画で見たいな!
な、なぜにEX-F1で?(笑
高速撮影で、羽化シーン?これはすごい難しい撮影かも・・(爆
Commented by げん@沢山の蛹って・・ at 2009-07-05 00:47 x
clossiana さん、ご無沙汰しております。ありがとうございます。
そうなんです。ツメレンゲ、はじめこそ霧吹きで水あげましたけど、あとはそれきり。。でも写真のとおり、幼虫に食べられてない葉は、瑞々しさを保ってました、、すごいですね。
子どものころから、ヒメギフ飼育ですかぁ・・・・色んな観点から鑑みて、ハイレベルすぎますね(笑
カビくらいなら、いけそうかも。。見たのは1頭だっただけで、実はけっこう羽化してたんぢゃないですか??
Commented by げん@ミューズ系がしばらく・・ at 2009-07-05 00:54 x
nobaraさん、時差ボケと旅行記とお仕事でたいへんな中、お越しいただき、ありがとうございます。(笑
そうなんです、、チョウチョ、、虫族の仲間だけに、生命力が、、意外と。。でも、何かの要因?環境に敏感な、繊細なんですよお。
>黒くて大きいのとか、白いのとか、オレンジと黒とか。
いや、素晴らしい描写です。。それで3種、ほぼ特定できましたよん。(できますよね?同好のみなさま?)
昆虫系、ほんとは苦手なのに、すいませんね~。(おいでいただきやすい、記事もたまに書くようにしまーす☆)
名前
URL
削除用パスワード
<< ジャガイモ初収穫 ページトップ 北八ヶ岳松原湖温泉「八峰の湯」... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original Skin by Sun&Moon