登山道の管理日記
「パルナッソス山へ」管理人たにつちの日常。温泉は泉質主義でひなびほど良し。蕎麦屋めぐり、日本の美・チョウ・花・山の撮影など。ニッチでディープを心に留めたい。Discover Deep Japan!
by parnassus
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
parnassus.exblog.jp
ブログトップ
埼玉県内のトラフシジミをたずねる
2010年 04月 18日 | |
寒気抜けてのようやくの天気、久々のダンダラ日和であるけれども、あまり遠征できない。
ブログ仲間たちが嵐山町でトラフシジミを撮影し成果をあげている。
嵐山といえば、ほとんど地元ではないか。こういうことはレアケース、それに行ってみることにした。

場所は聞いてないけど、多分行けばわかるんじゃないかな、、(笑
c0043361_0124479.jpg
付近には、ベニシジミくらいしかいない・・



ポイントになるらしいアセビの樹があるところも見つけたけれど、まるで気配がない。ここではないのか?
仕方ないので、広く散策することに。
敷地も出た周辺も散策。ツボスミレがはるだよなあ
c0043361_0151336.jpg

と、田んぼに植えてる麦にとまる青いシジミを発見。トラフだ!
c0043361_018194.jpg
とりあえず、空振りではなくなったのでほっとする。
この農地では、ツマキの産卵も観察。ピンボケだけど撮れてうれしい。
c0043361_0191870.jpg


また、初めのアセビの場所へいく。
と今度は、3人のカメラマンが集まっている。
やっぱりそこでよかった?
トラフはまだ見ていないという。

その後現れた。
c0043361_0212186.jpg

羽化したてなのか、不活発なメスとおもわれる個体も
c0043361_022656.jpg

数は多くないが、とりあえず押さえられてよかった。

ほか、ここには、コツバメやミヤマセセリもいた。スイバにとまる。メスのようだった。
c0043361_0241623.jpg
意外に、というべきか、なかなかチョウ相の豊かなところである。
[PR]
by parnassus | 2010-04-18 23:25 | チョウに会える道 | Trackback | Comments(6) |
トラックバックURL : http://parnassus.exblog.jp/tb/14199601
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by banyan10 at 2010-04-19 18:40
嵐山に来ていたなら帰りに寄ってみれば良かったですかね。
トラフは今年は発生が早いので、もう数が少ないのかもしれませんね。
ツマキ産卵ですか。小川町では雌は見ませんでした。
Commented by maeda at 2010-04-19 19:47 x
埼玉のトラフ、もしかして少ないのでしょうか?
北海道では年1化なので、チャンスが少ないです。
Commented by べにしじみこむ at 2010-04-19 20:06 x
こんばんは。
私の住んでいるところではトラフは必ずしも珍しい種ではなく、わざわざ狙っていくという発想がありません。ついでに出会う、といった感覚です。でもよく考えてみると、いい写真が撮れている種でもありません。表裏とも綺麗ですので、たしかに追っかけがいのある種ですよね。
 このところ私はハイスピードムービーに凝っており、スチルカメラの出番が減ってきてしまいました。ゼフィルスの季節までにひたすら練習です。
 リンク張らしてもらいました。今後ともよろしくお願いいたします。
Commented by げん@小川も近いですね(笑 at 2010-04-19 22:38 x
Banyanさん、ご無沙汰です。きっとお会いできると思ってました。。遠目に貴殿がいると見えて、駆け寄ったら別なカメラマン・・ということもありました(笑
まだきれいな個体でしたけどね、、遅い?
残念ながら、貴殿のように交尾はもちろんのこと、翅表は見せてくれませんでした(TT)
Commented by げん@なかなか県内で会えません at 2010-04-19 22:41 x
maedaさん、ご無沙汰してすいません。
そうですね、トラフ、珍しいというほどではないですけど、多くはないし、ねらいにくいですね。というわけで地味~に人気アップしてるかも(?)
なんと、先客のカメラマンのうち一人は、千葉から3時間かけて来られたそうです。無事撮れてよかったですね。
Commented by げん@電池、充電中です(^^; at 2010-04-19 22:46 x
べにしじみこむ さん、こんにちは。リンクありがとうございます。
ハイスピードいいじゃないですか!かなり使いにくいカメラですから、なれること必要ですよね。どっちのカメラも、というのは実はよくないです(w
実は、この日久々にEX-F1も使ってみたのですが、、すぐに電池切れが・・痛恨でした。
でも、そもそも、設定のやり方(操作方法)を忘れて、まごまご・・
いかんでした。
名前
URL
削除用パスワード
<< 城山の湧水―上市町 ページトップ ニンジンしりしり 作ってみた >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original Skin by Sun&Moon