登山道の管理日記
「パルナッソス山へ」管理人たにつちの日常。温泉は泉質主義でひなびほど良し。蕎麦屋めぐり、日本の美・チョウ・花・山の撮影など。ニッチでディープを心に留めたい。Discover Deep Japan!
by parnassus
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
parnassus.exblog.jp
ブログトップ
2011ムシの日・安曇野ダンダラロード
2011年 06月 04日 | |
F師匠と初めて遠出をした。
F氏は、植物から昆虫まで広い知識を有していらっしゃるが、もっぱら青森で活動され、関東甲信越のフィールドはぜんぜんという珍しい方。
6月4日、田淵行男の誕生日・・ここは、氏にゆかりの安曇野をロードすることにした。
c0043361_2346797.jpg

今年の季節は遅い、やはり標高の高いところでは、まだダンダラに会うことができた。



しかし、さすがに古びたものがほとんどだね・・
陽だまりで、追いかけあう様子を飛翔撮影。ジャスピンではないのだけれど一番気に入った構図
c0043361_23485855.jpg

先客のご夫婦がずっとねばって撮影している斜面で吸蜜を。もうひとつ。
c0043361_23491555.jpg

残念ながら、今年もバンドは撮影できなかった。

昼過ぎには下山
c0043361_23592385.jpg

下山途中で、アシナガバチ?の仲間、田淵ゆかりのロードに華を添えるかのよう。

国営公園へ向かう。思ったより遠かった。
c0043361_00940.jpg

入口には、オオルリの暖簾。入園料400円。

水辺周辺でそれなりの個体に会えた。ちょっと羽化不全個体だけれど。。
c0043361_002679.jpg


もうメスの産卵の時期
c0043361_004161.jpg


拙者が詳しく記載することではないのだが、F氏は今は絶滅した青森のオオルリに深い縁ある。
感慨深そうだった。

最後に、クロツバメとミヤマシジミの生息地を確認。

時期的にどうかと思ったが、メスのきれいなクロツバメに会えた。
c0043361_0125.jpg


ミヤマシジミも新しいオスに会えた・・
夕日を入れての河原の環境を色々設定を変えて撮影した。
c0043361_011572.jpg


盛りだくさんだったけれど、おおむね目的を達成できたロードになった。
[PR]
by parnassus | 2011-06-04 23:41 | チョウに会える道 | Trackback | Comments(2) |
トラックバックURL : http://parnassus.exblog.jp/tb/16434533
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by yoda-1 at 2011-06-07 12:33
こちらの本家の方も、訪問いたします。
banyanさんと秩父の方を歩いていて、うわささせていただいたのですが、さらにparnassusさんにも師匠がいらっしゃるとは。
まだまだ高所ではギフがいるのですね。
一枚目の赤いネックの♀がかわいいです。
Commented by げん@ようこそです at 2011-06-07 21:28 x
yoda-1さん、こちら本家(笑)へのご訪問ありがとうございます。
banyanさんと秩父の散策でしたか。
当方の師匠は勝手に私がそう呼んでるだけで、、、ただ、植物はじめ色々教えていただいてます。
さっすがに遅い感じは否めなかったですが、週末うまく天気があったのでよかったです。貴殿も遠出されてたようですね。
一枚目、なるほど、襟巻きが赤いですね~。♀に久々会えました
名前
URL
削除用パスワード
<< ウラ・ブログ・・じゃありませんが、、 ページトップ オオムラくん終齢~蛹~もう羽化も? >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original Skin by Sun&Moon