登山道の管理日記
「パルナッソス山へ」管理人たにつちの日常。温泉は泉質主義でひなびほど良し。蕎麦屋めぐり、日本の美・チョウ・花・山の撮影など。ニッチでディープを心に留めたい。Discover Deep Japan!
by parnassus
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
parnassus.exblog.jp
ブログトップ
2011鐘撞堂山のホタル 初訪問
2011年 06月 28日 | |
F市の唯一の山地環境である鐘撞堂山の入口には、ホタルの里公園とか、というものある。。
ということからもわかるように、ホタルがいるらしい、、
公園そのものは、小さな小さな公園で、発生地としてはあまりに心もとなく、生息地はそこから山にかけた一帯なのだと思う。
年によればけっこうな数が見られるという、が、自分のテーマ外のため行ったことがなかった。
天気よく、夜は蒸し暑い、、きっと条件よいのでは、と期待して行ってみた。



人里はなれて、谷間になるため、ほんとに夜は真っ暗だ。
ホタルは、ぜんぜんいない。
しばらくすると、目がなれて星で夜空が明るくみえてきた。
山の裾にから、さそり座、アンタレスがよく見えた。

と、高い樹のうえのほうに、たまに光るものが、、あれが?点滅という感じでなく、ホタルか不明。

少し登ってみたが、やはりぜんぜん出る雰囲気でない。
帰りがけ、別な樹上に点滅。やはりあれだ。
その後、つ~っと、ゆっくり飛んでくる緑の光が1頭。たくさんの光の筋を期待していたが、ほど遠い。
いる、、しかし少なすぎるのでは、、どうもこれは、今年はまだ早い状況の様子と見た。

水路の下草に発見。つまり、この日、4頭をみかけた。
そっと手の平にとると、光が掌からあふれるように光って、それはちょっと感動した。

草に止まらせて、撮影にチャレンジ。ピントも設定も何も、難しい。
長時間露光、初めてのホタル撮り。数カット。
c0043361_014899.jpg

帰宅後確認すると、Webになんとか載せられるのはこの1枚だった。

ホタル公園に戻ると、川越からやってきたご夫婦もいた。、けっこう客もくるのだね。
これから、時期を迎え、きっともっとたくさん会えるようになるに違いない。

皆さんもいかがですか。。

[PR]
by parnassus | 2011-06-28 23:48 | ニューカマー | Trackback | Comments(2) |
トラックバックURL : http://parnassus.exblog.jp/tb/16539926
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by furu at 2011-07-04 20:52 x
うちの近所にも蛍の多い川があって、先日見に行ってきました。
長時間露光で撮りたかったですが、普通の住宅地で街灯が多くて断念しました。
Commented by げん@どっちの水が甘い at 2011-07-07 00:16 x
furu さん、ご無沙汰しております。ありがとうございます。
ほんとーの暗い場所でのカメラ操作ってメチャクチャむずかしかったです。
街頭がたくさんあると長時間露光は厳しいですね。
ホタルいっぱいの画を撮ってみたいです。
名前
URL
削除用パスワード
<< 青森 津軽なう ページトップ 赤城山麓ロード~50mmレンズ... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original Skin by Sun&Moon