登山道の管理日記
parnassus.exblog.jp
Top
2012ダンダラロードその3・越中のダンダラ
2012年 05月 02日 |
【2012/04/29】
石川県のダンダラに会った日のとまりは、富山側に戻りつつ、「道の駅井波」で車中泊。ここのトイレは、深夜には閉まってしまうようだった。道の駅なのに・・
翌日は、夕方以降は用事があり、昼過ぎには帰途につかないとならない。
c0043361_23184761.jpg

翌朝、せっかくここまで来たので、ここ砺波平野の観光的風景らしい、屋敷林に囲まれた家々が点在する「散居集落」風景を見ようと、眺望する展望台へ行ってみた。なるほどね~。季節を変えてまた撮影したい。



c0043361_2319531.jpg
山々の残雪具合は、石川県より遅れているよう。

例により事前情報は乏しいけれど、よさそうな場所を探す。カタクリがきれいに咲いている場所があって、いかにもよさそうだった。
しかし・・出てきてくれないよー。
もうゴールデンタームになろうという頃、ようやく確認できた。
c0043361_2320285.jpg
少ない、、なのに気温は暑いくらいで、シャッターチャンスは厳しい。また、多くはカタクリの状況にもかかわらず、破損してるものが多かった。

ネットマンならぬ、ブルーネットのおばあさんがやってきて、言葉を交わす。
c0043361_23245849.jpg
そのご主人という方もやってきて、こちらは完全にカメラの人でほっとする。状況を聞くと、今年の富山県のダンダラは、天候不順などで不作だという。

時間もなくなってきた。前回に富山ロードに来たとき、食草が多くあって気になる場所を最後に確認したいと思った。低地の場所なので、もうメスさえもいないかも、と思ったけれど。

着いたら、林から道路わきに黄色いチョウが出てきたと思ったら、これがダンダラだった。なんちゅう、気安さだ。とにかくまだ成虫が残っていた。
c0043361_23295283.jpg
食草ヒメカンアオイがさすがに、もう展開している。

キランソウの立派な株の花があったり
c0043361_23315350.jpg


草をさがすように飛ぶギフチョウが現れた。
c0043361_23311232.jpg
前回、富山県のダンダラはほとんど撮影できていない。初めての富山のメスダンダラの撮影、ここに来た意味があった。
このメスには嫌われて、高く飛んでいってしまうが。

ほかに、大破していたが別な産卵したそうなメスを観察。
c0043361_23353865.jpg
産卵までいたらずに残念。
ヒメカンアオイを探してみると、1箇所で産卵された葉も見つかった。
c0043361_233637100.jpg
葉の成長による卵の間隔から、産卵されて数日は経っているだろう。

この日、関越の藤岡JC付近でバスの大きな事故のニュースあり。奇遇にも、金沢から東京へ向かうという、自分がたどったルートに重なるとか。
しかし、上信道からは、その事故現場は通らずにすんだようで、また、渋滞にもあわずに帰ることができた。
[PR]
by parnassus | 2012-05-02 00:15 | チョウに会える道 | Trackback | Comments(0) |
トラックバックURL : http://parnassus.exblog.jp/tb/17932555
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード
The Original by Sun&Moon