登山道の管理日記
「パルナッソス山へ」管理人たにつちの日常。温泉は泉質主義でひなびほど良し。蕎麦屋めぐり、日本の美・チョウ・花・山の撮影など。ニッチでディープを心に留めたい。Discover Deep Japan!
by parnassus
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
parnassus.exblog.jp
ブログトップ
2012浅間山塊のミヤマシロチョウほか
2012年 07月 28日 | |
*北海道ロード日記がまだ途中ですが、掲載すべき記事もあり先にアップします。
北海道関係は、後日であっても、日時の前後からこの記事の前の場所に掲載することもあると思います。

========================
日本チョウ類保全協会 事務局からのメールでお知らせあり。今年、浅間山塊のミヤマシロチョウが好調とのこと。
遠征するまでの根性はないけどそこら辺なら、、せっかくだがら状況を見ておくのもよいだろう。
群馬県側が一番よいそうだけど、そちらは場所を知らない。いつものルートでいいや。
c0043361_051177.jpg

ゆっくりでかけ、佐久平に出て、あや、山には雲がかかっていた。
あ、トレッキングシューズ忘れてしまったことに気づく。
はいてるのが、正反対の軽いジョギングシューズだ。でも、知ってるコースだから、なんとかなるかな。



c0043361_0515136.jpg
キャンプ場を過ぎると、以前、イネ科植物が主体だった乾いた草地がいわば自然草原化し、アサマフウロ、アザミ類、ナデシコなど実に多くの花畑になっていた。植林などしたらしく、その整地から遷移する途中かもしれないけれど、これは素晴らしいね。
c0043361_0522100.jpg

アザミ群生の写真撮ろうとしたら、足元にミヤマシロチョウ♀がいた。
c0043361_0523419.jpg
こんな標高が下がった場所で見たのはオイラは初。やはり多いのかね!

セセリ類、ヒョウモン類もここ数年に比べ、数が多いように感じた。安定した天候だったのかな。

ヒメキマダラヒカゲの花での吸蜜を、初めて撮影できたような気がする。
c0043361_0544233.jpg
花は、スイバ。

この先、うじゃうじゃとは見られるかと思ったが、そうはいかず馬の背までの、計4頭か。天気がやはりウス晴れ程度ということもあり。
c0043361_0525151.jpg


しかし、本山近くになれば、斜面で次々に飛来してくる。
c0043361_0555438.jpg
これは確かにここ数年より多い。
c0043361_0562168.jpg


やった、、以前から撮りたいと思っていた、湯の丸バックの画もたやすく。
c0043361_056616.jpg


もう時期が遅く見られないと思っていたミヤマモンキチョウも久しぶりに会えた。
c0043361_057015.jpg
ミヤマシロにしてもそうだけど、今年は時期が遅れたようだ。

偶然だけれど、「夏山のミヤモン・その2」とでも言えそうな写真が撮れた。
c0043361_0585521.jpg

いまいち、ではあるけれど、構図も面白くて気に入った。

オス・メスのラブダンスも一度だけ目撃。
c0043361_101272.jpg

遠くからだったのが惜しい。頭の中では、プロコフィエフのロミオとジュリエットをBGMになっておりました。

再び、ミヤマシロチョウ。
今度は、烏帽子山をバックにした飛翔が決まった。
c0043361_114383.jpg

これまた偶然に近い成果だけれど、えがった。

今日は、同好の士に多く会えるかと思ってきたけど・・
チョウの撮影目的の人らしいも何人かいたけど、知らない方だった。

どうしたん?今日は、オリンピック開会式だしね。
それとも、みなさん、もっといいとこに?

今年の好調の成果は、きっと保全協会の努力も大きな効果を奏した結果だろう。
当方、名前だけで、ぜんぜん活動の力になれしてなくて申し訳ないけれど、精神的な応援は続けますんで。
来年以降もたくさん会えることを期待したい。

ところで、コヒョウモンモドキはぜんぜんみなかった。大丈夫だろうか?
[PR]
by parnassus | 2012-07-28 23:13 | チョウに会える道 | Trackback | Comments(6) |
トラックバックURL : http://parnassus.exblog.jp/tb/18284542
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by pearl at 2012-08-04 13:11 x
おひさしぶり!!です。
爽やかな写真ですなー。
先日子供と一緒に野外観測遊びをしてきました。
きあげはの幼虫に触ったよ。
足がぺたぺたして大変かわいらしゅうございました。
そのうち蝶と戯れる方法を子供に伝授してやってくれ。
Commented by Akakokko at 2012-08-05 22:06 x
ミヤマシロは多いみたいですね。
見に行きたいけど、仕事が忙しくてなかなか時間が取れません。
ワイドのショットが素敵ですね。
Commented by げん@蝶・虎の穴? at 2012-08-07 00:02 x
pearlくん、おひさどすえ~~!遅くなってごめんね。
昔このへんに一緒に登ったよね、なつかすい。
もうおこちゃまに野外活動とな!
英才教育だのう。戯れるのは、自然とできることでしょうが・・
だめなら、改めてご相談を。出張スパルタ蝶戯れ講座を伝授します!
Commented by げん@陰ながらエール at 2012-08-07 00:05 x
Akakokko さん、ありがとうございます。遅くなりまして。
貴殿のとこからですと、なかなか遠いですよね。お忙しいようで、なんともいたみいります。
前年、前々年に比べれば確かに復調の感じでいいです。
来年以降も、多く、分布域を広げてほしいですね!!
Commented by ダンダラ at 2012-08-12 15:32 x
超亀レスですが…
翌日の29日に行きました。
ミヤマシロはたくさんいましたが、ミヤマモンキにはほとんどお目にかかりませんでした。
行く場所が微妙に違ったからでしょうか。
来年以降もちゃんと発生してくれるといいですね。
Commented by げん@今日も暑いですね at 2012-08-12 23:18 x
ダンダラさん、亀レスでもありがとうございます。
そうですか、一日違いでしたね。
ミヤマモンキはもちろんとても少なかったですよ。
なかなか撮れてないので、むしろそちら一生懸命探したり、粘りました。
会の活動の成果が実を結んでいるのでしょうね。どんどん生息拡大していってほしいものです。
名前
URL
削除用パスワード
<< 家庭菜園のミニトマト絶好調2012 ページトップ 2012北海道ロード4日目(最終日) >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original Skin by Sun&Moon