登山道の管理日記
「パルナッソス山へ」管理人たにつちの日常。温泉は泉質主義でひなびほど良し。蕎麦屋めぐり、日本の美・チョウ・花・山の撮影など。ニッチでディープを心に留めたい。Discover Deep Japan!
by parnassus
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
parnassus.exblog.jp
ブログトップ
F市と群馬県境でもアカボシゴマダラ確認
2012年 09月 12日 | |
先日、F市内(南部:荒川河川敷)でもアカボシゴマダラの成虫を確認したという記事を書きましたが・・、

北部の利根川河川敷でも確認してしまいますた。
c0043361_8531774.jpg

F市の北縁は、この利根川を境に群馬県と接してるわけですから、
こりゃ、もう群馬県も余裕でいるでしょネ。




c0043361_8543173.jpg

あんまりうれしい気分ではなかったですけど、、

たとえるなら、「ナウシカ」の風の谷の森に腐海の菌糸が落ちて、
「ダメじゃ、ここにも、もうのびとる・・」
という気分に近かったでしょうか。

ちなみに、この樹、名前しらないんですが、赤いミツマタに似たような花で、丸い実をつけるの、
おいしい蜜がでるんでしょうね、タテハを惹きつけてやまないようです。
c0043361_8575968.jpg

F市内ではなかなか会えない、コムラサキのメスもやってきていました。
恥ずかしながら、F市内で撮影できたの初めてな気がします。
[PR]
by parnassus | 2012-09-12 23:08 | チョウに会える道 | Trackback | Comments(6) |
トラックバックURL : http://parnassus.exblog.jp/tb/18451183
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by banyan10 at 2012-09-15 19:46
2年前から群馬の教えてもらった場所で梶の木の実で吸汁するゴマダラを撮影しています。昨年はアカボシも来ていたそうですが、まだ数は少なかったようで僕が行ったときは見れませんでした。
この赤いのは梶の木の実だと思います。花は5月頃に咲くようです。コムラサキも来るのはいいですね。
Commented by げん@梶を覚えました at 2012-09-17 23:15 x
Banyanさん、ご無沙汰しておりますね。
これ梶の樹ですか。そういえば梶って、樹の名前だったんですね。
群馬でもやっぱりとうに広がっているんですね。それにしてもご近所にもおいでになってるのですね。
ここでコムラサキはめったに会えないです。ラッキーでした。
Commented by Akakokko at 2012-09-17 23:29 x
アカボシの繁殖力には驚かされますね。
関東一円制覇される日も近そうな感じがしてしまいます。
Commented by げん@単純なことではないのかも at 2012-09-23 10:50 x
Akakokko さん、ありがとございます。ウラシマですいません。
おっしゃるように、繁殖力強いですね。ツマグロヒョウモンの北上時にも感じたのですが、抑制する天敵がいないのかなと。
いずれ、セットになる天敵もまた増えるときがくるのでしょうか、、そうしてニホン固有の生態系とは別物になってしまうのかも。困ったものです。
Commented by 新種か?! at 2017-05-01 09:59 x
奉告します。本日2017-05-01(月)朝。
群馬県高崎市の北部市街地外縁部ですが、幼虫を発見しました。
「緑のナメクジ」「これは新種のナメクジか?!」と思いました。
この蝶は、何年も前からみていてアゲハ蝶かと思っていました。
Commented by parnassus at 2017-05-03 10:04
新種か?さん、ありがとうございます。たいへん遅くなりすいません。
えーと、一応、どちらさまでしょう?(笑
この幼虫を高崎で見つけられましたか。
一時はえらく増えましたが、最近落ち着いたようにも見えます。
外来種の消長は興味深いですね。何かのバイアスがかかりバランスがとれる仕組みが野生にはあるのでしょう
名前
URL
削除用パスワード
<< まるよし食堂 @三浦市宮川港 ページトップ 油壺験潮場 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original Skin by Sun&Moon