登山道の管理日記
「パルナッソス山へ」管理人たにつちの日常。温泉は泉質主義でひなびほど良し。蕎麦屋めぐり、日本の美・チョウ・花・山の撮影など。ニッチでディープを心に留めたい。Discover Deep Japan!
by parnassus
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
parnassus.exblog.jp
ブログトップ
嵐山町ロード・初ウスバシロ幼虫
2013年 03月 17日 | |
3月に入って、急に春めいてきた。暑い日もあった。
東京では、3月15日にサクラ開花宣言。平成4年と並び、観測史上最も早いという。。
そんなわけで、嵐山町のチョウの里公園周辺にロード。

c0043361_0441490.jpg
(F5.6 ss 1/800)
オートフォーカスが使えないD5200でのマクロレンズの試し撮りも兼ねて。



チョウの里公園は、以前より伐採など手入れが進み、より明るい林になっていた。
c0043361_045643.jpg
関係者のごくろうもたいへんなことと思うが、環境がよくなり、今後のチョウなどの発生にも期待が持てる。イイネ!

ねらいの場所・・もうアセビはきれいに咲いている。
c0043361_0471573.jpg

超人気撮影地となっているらしく、今日も何人もここに集まってきた。
しかーし、、まてども、主賓は現れる気配がない。。まだ、早いかね?

珍しく、女性の撮影者の方も。その方が教えてもらったという、ウスバシロの幼虫がいる場所を、教えていただいた。
食草に上がってきてるのかと思ったら、まだ、林の落ち葉の下。
越冬状態から、木漏れ日に日光浴している、そんな状況のようだった。

教えられる場所を探すと、、
c0043361_0504121.jpg
(F11)
いた~。
ウスバシロ幼虫、今まで撮りのがしていたのよねん。

大きさは色々のようだ。越冬に入る時期にかなりのバラつきがあるのだ。
c0043361_0514254.jpg
(F5.6)
等倍での最短距離での撮影となるので、これはかなり絞らないとならない。

落ち葉をかきわけると、2頭がかたまって、、まるまっている様子も。
c0043361_0561796.jpg
(F11)
これは、驚かすとコロンと葉から落ちてしまうが、ゴソゴソ探しているのに驚いて、このように体を丸めて潜る状況だと思われる。

近くのひこばえの株に、卵もついていると教えていただき。
c0043361_057218.jpg

穴が開き、脱出した後の殻。
この画像は等倍撮影したものをトリミングしている。24メガピクセルの強みではある。

本日一の大きな幼虫も最後に見つかる。これで、3齢か、4齢か。
c0043361_0593841.jpg

撮影のため日のあたるとこに置いてちょっとしたら、「はっ」と気づいたかのように、木の葉に潜ろうと脱兎のように逃げ出した。
その動きの機敏さは驚くほど。

本日は、チョウの撮影で空振りとならなくて、たいへんありがたかった。
[PR]
by parnassus | 2013-03-17 00:37 | チョウに会える道 | Trackback | Comments(8) |
トラックバックURL : http://parnassus.exblog.jp/tb/19686184
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by clossiana at 2013-03-18 16:19
ご無沙汰しております。
多分、同じ場所に私も前日に行ってきました。
ウスバシロの幼虫も見てきました。仰られていますように優雅に日向ボッコをしていても何かに驚くとぽろっと落ちました。
これが逃げ方なんでしょうね。当日も何人かのブログ仲間にお会い出来まして賑やかでしたよ。
Commented by 愛野緑 at 2013-03-18 20:40 x
ウスバシロの卵は発見したことがないですね。ふつう見つけられないでしょう。落ちた枝に着いていたのではないのですね?
Commented by げん@シーズン開幕? at 2013-03-18 23:59 x
clossiana さん、こちらこそ、たいへんご無沙汰しております。
さては、前日、この女性にウスバシロを指南されたのは貴殿だったでしょうか?
それにしても、ただの落ち葉の林の中でこれを見出した方はすごいと思いました。私にその才能はありません。
当日は、私は知ってる方にはお会いできなかったですが、そのうち皆さん集まってお会いできそうです。
Commented by げん@教えてもらってやっとこ at 2013-03-19 00:00 x
愛野緑さん、ご無沙汰しておりますです。
幼虫探しといえば、貴殿のセンスをわけていただきたいです。
この卵は、落ちた枝ではないです。細いですが立ち木の地上から10センチほどの場所に産まれていました。
これ、ウスバシロの卵なんですよねえ??(笑
Commented by Akakokko at 2013-03-20 23:12 x
ようやくシーズン開幕ですね。
ウスバシロの幼虫はまだ見たことがないので、見つけてみたいところです。
幼虫は俊敏だと聞いていますが、そんなに脚が早いのですか。
Commented by げん@開幕ですね at 2013-03-23 08:54 x
Akakokkoさん、ご無沙汰してます。ありがとうございます。
貴殿もまだウスバシロ幼虫は・・。
ほんと俊敏でしたよ。じーと、日光浴してるかと思えば、はっとすると「遁走」という感じ。
たくさん発生する場所に近い落ち葉にいる状況でしょうかね。
食草にのぼってくるようじゃないと私には見つけられません。
Commented by banyan10 at 2013-03-25 19:40
ご無沙汰です。
ウスバシロの幼虫は動き出すと驚く早さですね。
何人か幼生期を熱心に探している人がいるので、昨年はウスバシロの蛹、オオミドリの蛹もここで見つけてもらいました。
Commented by げん@驚く早さであきらめ at 2013-03-31 23:56 x
banyanさん、遅くなりました。ご無沙汰しております。
探されているかた、、もしかして、私も当日会ったかたかも?
トラフの蛹がないか、って探されてました。
>ウスバシロの蛹、オオミドリの蛹
どっちもすごいですね。執念がいりそうです(^^)
名前
URL
削除用パスワード
<< 第3回 関西・中国地区のチョウ... ページトップ 洲崎ロード・・・行ったものの >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original Skin by Sun&Moon