登山道の管理日記
「パルナッソス山へ」管理人たにつちの日常。温泉は泉質主義でひなびほど良し。蕎麦屋めぐり、日本の美・チョウ・花・山の撮影など。ニッチでディープを心に留めたい。Discover Deep Japan!
by parnassus
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
parnassus.exblog.jp
ブログトップ
2013ダンダラロード・その2 赤城姫訪問
2013年 05月 06日 | |
GW最終日・・やっぱりGWになってもやれない家事を。今日こそは手をつけたいと、外に出る気はなかった。
でも、青空を見てると、GW一日もフィールドに出ないのも精神衛生上どうかという結論に。

もう、遅い時間だけれど、でかけることに。
どこへ?近場の赤城ならまだ何かのシーンに間に合うんじゃないかな。久々の赤城姫訪問だ。
c0043361_122655.jpg
登っていく途中で、オス・メスがからみあうシーンに立ち会う。
メスはすでに交尾済み。そこに、あきらめの悪いオスがしつこく抱きつく。前回も同様のシーンを観察したな。



c0043361_1245619.jpg


逆さになってからみあう2頭の翅で、「赤城姫の花」を形作った・・のイメージだったが、いまひとつ撮れてない?
c0043361_1252059.jpg


誰か来てるだろうヨカンはしてた。上では、「てくてく写日記」のBanyanさん、それと初めてお会いする「ヘムレン の Nature Photo」のヘムレンさん、「風任せ自由人」のmaximiechanさんがすでに撮影佳境。
Banyanさんともかなりお久しぶり、また、お二人にお会いできてよかった。

いっしょにしばし、飛翔撮影に興じるが、なかなか設定がむずかしいもの。
c0043361_1253175.jpg


遠くからヘムレンさんが望遠でこっちを撮ってたw
c0043361_1254045.jpg


午後になると、雲が出てきて、肌寒くなるくらい。
あきらめて下山途中、尾根にきれいなオスが現れてくれた。
c0043361_1255156.jpg


魚眼では、あまり近づかせてはくれなかった
c0043361_126075.jpg


ほかにも、当日は、姫を愛する集まりの関係者の皆様も、パトロール等で多くお会いした。
この環境保全にご苦労されていることに謝意

(撮影日:2013/05/06)
[PR]
by parnassus | 2013-05-06 23:27 | チョウに会える道 | Trackback | Comments(4) |
トラックバックURL : http://parnassus.exblog.jp/tb/20028369
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by clossiana at 2013-05-13 20:33
赤城姫の絡みのシーンはカサカサという音まで聞こえてきそうで迫力満点です。あきらめの悪い♂は何だか身につまされます。
Commented by げん@久々の赤城姫 at 2013-05-15 01:09 x
clossiana さん、コメントありがとうございます。
記事、ラフにですが追記しました。
カサカサ聞こえてきます?
>あきらめの悪い♂は何だか身につまされます。
あ、言っちゃった。(笑
でも、♀もまんざらでないのか嫌がらずに、異例の長時間にわたる、というかいつまでもやめないカップルでしたよ。
Commented by ダンダラ at 2013-05-15 09:20 x
アカギ姫の求愛シーン、最初の写真は交尾成立かと思いました。
雄が尾端で雌の交尾嚢を外そうと頑張るシーンは見られましたか。
今年は個体数も多かったようで、低い場所でも観察できたようですが、下の方にはサイシンも結構あるので、発生場所が増えてくれると良いですね。
Commented by げん@男はつらいよ、ですね at 2013-05-16 22:56 x
ダンダラさん、ありがとうございます。
私も、これは本格的なシーンゲットかと期待したのですが、残念ながら・・
>交尾嚢を外そうと頑張るシーンは
はずそうというのかわかりませんが、繰り返し、バルバでポーチをかかえては、という行動、、最後は疲れてしまったようでした(^^;;
今年は多かった?かはわかりません。私には以前の方がたくさん見られた覚えがありました。下の方でも天気のせいかもしれませんが、見られませんでした。広がってほしいものですが。
名前
URL
削除用パスワード
<< 長野朝日放送にて小浅間TST遠... ページトップ 駄文の「まるよし食堂」記事がす... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original Skin by Sun&Moon