川原湯温泉 王湯共同浴場(源泉:元の湯 新湯 混合泉)

*この施設は、2014年6月30日をもって閉館しました。
===========================

平成26年6月30日をもって、川原湯温泉 王湯共同浴場が閉館となりました。
その直前の最後の週末6月29日、フィールドの汗流しも兼ねて出向きました。
以前から取材していたのに、掲載が今に至り、お別れの記事となってしまったのは残念です。
c0043361_2340298.jpg

川原湯温泉入り口のゲートを何人もファンが撮影していました。

このゲートの上を覆うように見えるのが、八ッ場ダムを左右に横断する連絡道路、、そう、某政権下で、八ッ場ダム中断の折に象徴として放映されまくってたのが工事中のこの橋(ダム本体ではありません)でした。
言うまでもないですが、いよいよ八ッ場ダムにより旧川原湯温泉地区が水没することに伴い閉館されるのです。



この国道から斜めに登っていく狭い道沿いに並んだ温泉街全体が湖底に沈んでしまうのかと思うと、街全体も記録しておきたい衝動にかられました。

登ってしばしの川にかかるレトロな橋だって
c0043361_23455280.jpg


かつて駐車場のあった川だって
c0043361_23463992.jpg


案内看板だって
c0043361_23473498.jpg
今しか見ることができなくなるんだってことが明らかなんですから。

そんな撮影をしていたせいで、肝心の王湯に着いたのは、5時30分間際、、あやうく締め出しをくらいかけましたが、受付のお姉さんは、6時には必ず上がってくださいね!とお許しいただけました。入れてよかった。
c0043361_23503548.jpg

料金、300円なり
c0043361_235045100.jpg

ここから浴場の撮影は、以前のものになります。当日は、やはりお別れを惜しむファンらが湯を愛で撮影機会がありませんでしたので。

入って、渡り廊下を進んだ「新館」に「露天風呂」があります。まず、これ
c0043361_23523548.jpg

階段下って・・
c0043361_23524591.jpg

脱衣所
c0043361_2353777.jpg

露天風呂全景
c0043361_23532749.jpg
石張りの新しい感じです。
c0043361_2354840.jpg
バルコニー状の露天風呂、4畳ほどでしょうか。
c0043361_23544264.jpg
析出もあるパイプからこんこんと投入。源泉は、新湯らしいです。あっちーの。

露天風呂もお湯はいいですが、やはり風情なら、内湯の大浴場の方。旧館の下にあります。戻りましょう
c0043361_2356494.jpg

脱衣所
c0043361_2357677.jpg

脱衣所は内湯を見下ろす位置にあり、ドアをあけ階段を浴場に降りていくという構造
c0043361_235884.jpg

降りた浴場の窓の外にも縁側みたいな脱衣スペースがあります。こちらは基本ジモの方専用のスペース
c0043361_002526.jpg

オイラはズーズーしくこちらを利用させてもらいました。

内湯全景
c0043361_01395.jpg

c0043361_011470.jpg


3本から投入されているとの掲示があります。
c0043361_013777.jpg


左側に2本の投入口があって、
c0043361_02880.jpg
うち右のものには、ごみ取りのためかネットがかぶせてありました。なお、6月29日にはふたがして、出されていませんでした。
その2本の源泉の違いは何か、判然としません。

この左サイドの源泉が「元の湯」のようです。コップもありますので、存分にテイスティング
温度は熱く、また成分も濃厚で、こりゃこたえられね~~。

浴槽の右側からは外からパイプ引湯されたものから、また投入されてます。
c0043361_052795.jpg
こちらが「新湯」と思われます。
こちらは、より辛口のドライめな性質と感じました(あくまで比較するとです。)

浴槽ではこの3種(分析書では2種)の混合泉なわけですが、たまご硫黄臭の中に、焦げゴム臭の混じる、それで湯ざわりはマロリと柔らかい湯のかけ流しが存分に。熱いのに、けっこう入ってられるんですよね。

温まりがはんぱなく、湯上りには、汗が噴き出、頭からびっしょりになってしまうほど。
汗流しの趣旨からは、疑問ですが、いうことなしの湯ですね。

め一杯、王湯内湯の湯を愛でているとき、ONKEN21さんが入ってきました。さっきまで露天の方に行っていたとのこと。
きくと、やはり何人もの近しい同好の士が今日はお別れに集っていたとのことでした。

王湯よ、川原湯よ、永遠なれの舞!
c0043361_010717.jpg


温泉分析書
c0043361_0114490.jpg


温泉法施行規則表示
c0043361_012935.jpg


閉館時間近くになったとき、ジモのおじさんがやってきました。こちらはもう出なきゃならない時間だというのに。。
こんな最後のときになっても、6時以降はジモの方のための「共同浴場」としての運営を貫いていることを認識。

一般客にとっての閉館以後も、多くのファンが、外観をカメラにおさめてました。
c0043361_0145299.jpg


今後は、新たな高台に移転した新川原湯温泉にて、引湯されて運営されることになるでしょうが、この風情は再現できないものと思います。

再度、温泉入り口のゲートが、、
c0043361_0152298.jpg

ほんとに「ありがとう 川原湯温泉」!

(取材日:2013/07/06、2013/08/04、2014/06/29)

*この施設は、2014年6月30日をもって閉館しました。


(追記)
2014年7月5日、高台の移転場所にて、新「王湯会館」がオープンされました。
スタートとしては、湯使いにいまいちとの評価があるようです。

■「旧・川原湯温泉」の関連記事

・川原湯温泉-柏屋-(源泉:元の湯、新湯 混合泉)
・「八ツ場ダム」工事のシンボル、何なのコレ?
・川原湯温泉 聖天様露天風呂(源泉:新湯)

[PR]
トラックバックURL : http://parnassus.exblog.jp/tb/20472802
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ONKEN21@新王湯はやはり at 2014-07-08 21:37 x
げんさん、旧王湯のレポのアップお疲れ様でした。
3度も訪れられていたのですか、最後にアップしたからまた感慨ひとしおではないでしょうか?
私はあれから1週間後オープン日の新王湯会館に行ってきましたよ。
露天の眺めはよくなり、休憩所も2時間の時間制限がありますが、値上げして500円の料金内で利用できるようになりました。
しかし、そのお湯は私が旧王湯でげんさんに話した通り、またげんさんが想像した通り、集中配湯で1kmも引いてしまったせいか、アブラや硫黄の臭いは全くしないんですよ~
旧王湯の元の湯は将来的に引き上げで決まったそうですけど…。
旧王湯が千年近く守ってきた湯が、ついに伝説入りしてしまったようで残念であります。
旧王湯のそれも内湯でげんさんとお別れしたお湯は本当にいい思い出となりました。
Commented by 浅間の煙 at 2014-07-09 08:30 x
何時も温泉訪問記見てますよ!(蝶探索記もね)
川原湯などは地元に近いので、ここで新しい情報を頂いていることもあります。
随分と前の記事になるけど、「天狗の湯」の記事が興味があった。後年新しいセンターが開設したと聞き、行ったら月1回の休館日でがっくり、それ以来近くを通るものの縁が無く未だ入ってません。(笑)
Commented by げん@もっと王湯に行けばよかっ at 2014-07-09 23:26 x
ONKEN21さん、閉館情報や当日はありがとうございました。
さすが、さっそくに新王湯の取材に行かれていたのですね。川原湯温泉への愛情は並々ならぬものですね。
シャンプー付きでも500円はちょっと高くなりましたね。
そして、湯使い、、元の湯はこれから使われるということで、まずは朗報、それに期待したいところです。
旧王湯共同浴場の湯は、以後にはもう確認のしようがないので、口伝てに伝説となってしまいますよね。
最新技術でできるだけ鮮度の高い湯を提供していただきたいばかりですね。
Commented by げん@チョウネタより湯? at 2014-07-09 23:30 x
浅間の煙さん、どうも!ご来臨ありがとうございます。
そういえば川原湯も貴殿のフィールドに近しいですね、周辺いい温泉がたくさんでそっちの面でも恵まれていると思います。
「天狗の湯」新館はいつも横目に通り過ぎて、まだ未湯なんです。そろそろ突撃したいですね。
今後とも、役に立つ温泉情報を提供してまいりたいと存じます(違・・チョウ関係でもがんばりたいですw)
これにこりず、おいでくださいね。
名前
URL
削除用パスワード
by parnassus | 2014-06-29 22:25 | 温泉で汗でも(群馬) | Trackback | Comments(4)

「パルナッソス山へ」管理人たにつちの日常。温泉は泉質主義でひなびほど良し。蕎麦屋めぐり、日本の美・チョウ・花・山の撮影など。ニッチでディープを心に留めたい。Discover Deep Japan!


by parnassus
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31