登山道の管理日記
「パルナッソス山へ」管理人たにつちの日常。温泉は泉質主義でひなびほど良し。蕎麦屋めぐり、日本の美・チョウ・花・山の撮影など。ニッチでディープを心に留めたい。Discover Deep Japan!
by parnassus
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
parnassus.exblog.jp
ブログトップ
2013西風ロード・その3(西風の貴公子)
2013年 07月 28日 | |
西風の撮影において、未だにキリシマミドリに関しては、撮影らしい撮影ができていない。
この期に及んでは、某関西圏まで遠征しなければ無理かな、という悲壮な気分にもなっていた。

と、「てくてく写日記」のBanyanさんから、一緒に行きませんかとのお誘いをいただいた。
渡りに船と同行させていただいた。

山アジサイの花の上では、ヨツスジハナカミキリ(*訂正しました)の恋のシーズン真っ只中・・
c0043361_23583799.jpg
メスはおかまいなく花をむしゃむしゃ食べてるけど・・



時折、オスが腹部を持ち上げると、長いチューブ状のものがビヨヨン・・
c0043361_23595339.jpg
大丈夫かね。

天気がなかなか好転せず、静寂の時間が過ぎて、ほぼあきらめモードになったころ、やつは現れた。
c0043361_005376.jpg

輝く純白の裏面も、なんとも美しい!
まさに「西風界の貴公子」と呼びたい風格。

無論もともとがそう多くはないのだろうが、現れてくれる数は少なかった。やはりまだ活動初期なのかもしれない。
c0043361_031992.jpg

チョウが現れる場所まではかなり距離のあることを予想していた。SIGAM 50-500mmを持っていった。
チョウ撮影では初めて使う。やはり、遠い場所で、このレンズがあったからなんとかなったかも。

テリ張り中、半開翅で表のキラメキを見せてくれたが、、
c0043361_2046032.jpg
痛恨!ピントがはずれていた(泣

よい場所には止まってくれないので、もっぱら飛翔撮影ねらいに切り替えた。
卍巴飛翔は、瞬間程度で終わるけれど、一度5秒以上続く長いチャンスがあった。
c0043361_032818.jpg

シャッター速度をよほど速くしないと、やつの飛翔は止められない、、
あまり明るい条件でないから、ISOもかなり上がって、画像も荒くなる。
そもそも望遠でファインダ内に納めるだけで御の字なのだが。

追尾
c0043361_20505096.jpg


ピント的に一番だったのは、このショットか。
c0043361_20512195.jpg
トリミングも程度問題で、かなり厳しいけれど、、

卍巴飛翔で一番いいかなと思うのはこれ
c0043361_20542859.jpg

c0043361_2055115.jpg


撮影条件は難しかったけれど、無事出会えて、飛翔撮影にまでトライできるなんて予想してなかった。
Banyanさん、ありがとうございました。

(撮影日:2013/07/28)

*(2013/08/01 画像追加、加筆)
[PR]
by parnassus | 2013-07-28 23:51 | チョウに会える道 | Trackback | Comments(2) |
トラックバックURL : http://parnassus.exblog.jp/tb/20559268
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by banyan10 at 2013-07-31 19:24
当日はありがとうございました。
カミキリはヨツスジハナカミキリだと思います。
下から撮影した開翅、裏の模様がはっきり写っていいですね。僕が撮影したのは種類が分からないような写真で掲載しませんでした。(^^;
Commented by げん at 2013-08-01 21:23 x
Banyanさん、どうもありがとうございました。
飛翔撮影は予想していなかったです。今になってみると、別なカメラセッティングでも試してみればよかったかと思っています。
貴公子の登場に舞い上がってしまし、現場でアイディアをめぐらすことができませんでした。(^^;;
またご一緒(リベンジ?)させてください。
名前
URL
削除用パスワード
<< 2013高地ゴマを初訪問 ページトップ 2013西風ロード・その2(その他) >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original Skin by Sun&Moon