登山道の管理日記
「パルナッソス山へ」管理人たにつちの日常。温泉は泉質主義でひなびほど良し。蕎麦屋めぐり、日本の美・チョウ・花・山の撮影など。ニッチでディープを心に留めたい。Discover Deep Japan!
by parnassus
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
parnassus.exblog.jp
ブログトップ
2013ゴマ・ゴマ ロード(2日目)
2013年 08月 11日 | |
ゴマシジミは、大きくて魅力があるけれど、もういいじゃん、そんなに苦労しなくて、、と思ったりも。
そもそも会えない、、近年ことに難しくなって。また、青い翅表を撮りたいのに、相当見せてくれないし。

でも今回、オオゴマに会って、やっぱりイイネと思った。
「ゴマ風邪」というようなものはある。オオゴマにあって再発したのか。
c0043361_234482.jpg

数年前に撮ったような、早朝の朝露をまとうゴマを改めて撮りたい。
「シズルなチョウ」の撮影はできるだろうか、、



早朝の生息地を探すが、そうは問屋が卸さない、、夜をすごしているところを見つけるのは至難。
日も差し始めてしまった。

草からオレンジ色が飛び立つ。活動を始めたムモンアカだ。
【朝日を浴び活動を始める】
c0043361_234617100.jpg


ここもいなくなってしまったのではないかと思うくらい不安になったとき、ようやく
c0043361_23484477.jpg


蕎麦畑に飛び込み、体は隠れているが、逆光に縁毛が輝いた。表現できたかどうか
c0043361_23494838.jpg
環境とともに

【ソバの花に吸蜜】
c0043361_23502688.jpg
花についた露を吸っている可能性もある。

c0043361_23513798.jpg

本体に露をまとう姿は撮れなかったが、周辺でシズル感をなんとか。

翅表を開いて見せてくれるチャンスはなかった。
一度、飛翔してからんでくるときがあった。
c0043361_23531057.jpg

青い色が見えたが、コントラストの高い条件では、白とびして写っていなかった。

午後は、かつての生息地を再確認に回ってみたりした。
環境も以前とは違ってしまった感じで、もういなくなってしまったようだ。
カワラナデシコに吸蜜するキアゲハというちょっとゴージャス?な場面くらい。
c0043361_23584225.jpg

[PR]
by parnassus | 2013-08-11 23:04 | チョウに会える道 | Trackback | Comments(0) |
トラックバックURL : http://parnassus.exblog.jp/tb/20611679
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード
<< 乗鞍高原温泉 せせらぎの湯(源... ページトップ 2013ゴマ・ゴマ ロード(1日目) >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original Skin by Sun&Moon