登山道の管理日記
「パルナッソス山へ」管理人たにつちの日常。温泉は泉質主義でひなびほど良し。蕎麦屋めぐり、日本の美・チョウ・花・山の撮影など。ニッチでディープを心に留めたい。Discover Deep Japan!
by parnassus
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
parnassus.exblog.jp
ブログトップ
神乃泉水(神泉の水)@児玉郡神川町
2013年 12月 14日 | |
遠出する気力はなかったけれど、まったくフィールドに出ないのも悔しくなってしまう冬型の晴天、午後もとうに過ぎてから、TST遠望チャレンジと秩父の城峯山へ出向く。
中腹では埼玉県の「100年の森」という自然公園風に整備された場所を通過。
そこから湧水「神乃泉水」に立ち寄ることにした。
城峯山も久々に来たが、100年の森って覚えがない。平成10年ごろ整備されたもののようで、なるほど。
c0043361_2144085.jpg

この湧水は、埼玉県内の湧水でも指折りに有名な場所。
「埼玉県立 川の博物館「埼玉の名水」平成19年」では、No33で「神泉の水」という名前で掲載されていて、「恐らく県内では最も多くの人が訪れている名水」との記載。
今日は時間も遅いせいか、寒いせいか、オイラの貸切状態であった。
合併前はここは「神泉村」だった。その名の由来となったほど素晴らしいものなのか?



と思ったら、看板の説明によると、村名にちなんで名づけられたようで、湧水の方が後かららしい。
c0043361_204666.jpg

車で直付けできるし、駐車スペースもある。
c0043361_20463455.jpg

よくみると、岩の谷間の奥に湧水ポイントがあるようだが、それをまとめてゴムホースからくめるようになっている。
「煮沸して使用」の注意書きはあり。
c0043361_20464818.jpg

あとで理解したが、城峯山は、蛇紋岩質の山だった。その岩に磨かれた水というわけだ。
つめてっ!なるほど軽やかでウマイ。

ここから先の林道は、現在、路肩崩落のため通行止めとなっていた。
c0043361_20472690.jpg

以前は、この「城峯2号林道」が、矢納側からの唯一の道だったが、現在、100年の森から南東に登る新道ができていて、そっちを利用して城峯山へ向かうことができた。
オイラのフィールド活動もそれなりの年が経過していることに気づく、知らぬ間に環境も変わっているし、ウラシマ化してる。

そんなこんなで道に迷ったりして、時間をロス。
城峯山山頂までいったものの午後4時すぎ、TSTはなんとか目視確認できたが撮影はかなわなかった。


オレ的オキニ度;★★★★

(取材日:2013/12/14)


[PR]
by parnassus | 2013-12-14 22:09 | 食(その他) | Trackback | Comments(0) |
トラックバックURL : http://parnassus.exblog.jp/tb/21135102
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード
<< 城峯山からの東京スカイツリー遠... ページトップ 道の駅「伊東マリンタウン」から... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original Skin by Sun&Moon