登山道の管理日記
「パルナッソス山へ」管理人たにつちの日常。温泉は泉質主義でひなびほど良し。蕎麦屋めぐり、日本の美・チョウ・花・山の撮影など。ニッチでディープを心に留めたい。Discover Deep Japan!
by parnassus
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
parnassus.exblog.jp
ブログトップ
上牧温泉 風和の湯(源泉:ホロンの湯) H24年度温泉分析書
2014年 01月 08日 | |
2014の初湯は、群馬県みなかみ町の「上牧温泉 風和の湯」に行きました。
記憶よりもこじんまりした印象だったですけれど、変わらずお湯はよかったです。
ちなみに、前回記事(2009年)は、コチラ

前回来た際にはなかった(当然)新しい分析書が掲示してあったので、掲載しておきます
c0043361_21554762.jpg




ここの湯の特徴として、ナトリウムイオンよりカルシウムイオンが多いこと、そして特筆は、硫酸イオンが多いこと。
透明で柔らかい湯は、少し「辛口」の匂いがして、今はなき、沼田温泉センターの湯を思い出させました。

普段容量節約的に、掲載しない温泉分析書別表も、お年玉で掲載しておきましょうw
c0043361_21572914.jpg


前回記事の分析書は、平成13年度のもの(例の群馬県共通掲示は、変わらずこの13年のものが掲示されていました)、、比べると成分としては少し薄くなっている数値ですが、まあ誤差かそのときの湯の調子の差の範囲といっていい(?)程度の違いではないでしょうか。

今回も、ツウ好みの湯であるなあと思いました。
湯上り、時間が経ってから、肌がしっとりしているのに気づきました。

前の記事に掲載してなかった休憩所の座敷画像も
c0043361_21582710.jpg


それと、営業時間が変更されていましたね。
c0043361_2201281.jpg

以前は、10時からでしたが。
12時から開館、というところはちょっと珍しいですね。

午後の早目の時間の訪問で、空いていたのですが、だんだんとスキー早めにあがってきたお客で混雑してきました。

(取材日:2014/01/04)
[PR]
by parnassus | 2014-01-08 22:16 | 温泉で汗でも(群馬) | Trackback | Comments(0) |
トラックバックURL : http://parnassus.exblog.jp/tb/21389062
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード
<< 高原山中腹・県民の森第一展望台... ページトップ 銚子ポートタワー展望室と周辺 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original Skin by Sun&Moon