美麻温泉 もくじき荘 (源泉:美麻温泉?)

長野県の白馬・大町地区の地図を眺めたとき、山中に一軒宿風の温泉があることに以前から気になっていました。
「美麻温泉 もくじき荘」
ここは秘湯なんでしょうか??確認に向かうことにしました。
c0043361_2044030.jpg

無舗装の林道か?と覚悟した道は、それほどの悪路でなかったです。
そして、着いたその宿は、予想を裏切り「ホテル」といっていいような大きなものでした。



玄関は、よくある旅館の受付風、、
c0043361_20443351.jpg
呼び出しても人が来ない、、ので、ぐるっと周る長い廊下を歩いて、厨房で夕食の準備中のお姉さんをみかけ、声をかけました。

また、ぐるっと周って、そのお姉さんも玄関に来て、入浴料600円を払います。

浴室は別な方へぐるっと、、w
c0043361_20463642.jpg

脱衣所
c0043361_20465055.jpg
建物に比べ、脱衣所から先は新しげで、リフォームかあらたに建て直されたような感じ。

先客がありましたが、じきあがり、貸切状態になりました。
内湯、全景
c0043361_20482554.jpg

内湯8畳+2畳の別浴槽、カランもこの数なら、規模大きいでしょう。
ただし、別浴槽はカラ
c0043361_20495159.jpg


c0043361_20504546.jpg

湯はごく透明。
入浴中の浴感はそれほどでないと感じました。
加温、盛大に循環しています。湧出量はそんなに多くないのかな。
でも、カランの湯も温泉かも、という匂いがしました。
長野県表示のみでしたが、成分は、炭酸水素塩泉だということです。

名前の「もくじき」とは当然「木喰さん」と関係ある宿なんでしょうが、説明はとくに見つからず、、
HPにて説明あり、「木食僧として名高い「単衣木食故信上人」が愛したと言われている温泉」なのだそうです。

露天風呂全景
c0043361_2054142.jpg

露天も8畳くらいはあります。また、かなりちゃんとした庭園がつくられてます。
c0043361_2055870.jpg

ともかく、こんな場所といっては失礼ですが、ずいぶん頑張ってでかい設備を作ったという感じです。
実はサウナもありますが、入れられていませんでした。
c0043361_20561157.jpg

つくってみたものの、費用対効果などから、使ってないということでしょうか。

湯上りは肌がしっとりすべすべになりました。悪くない湯です。
HPでは「薬効の高い湯」なんてありますが、まんざらではないかも。

木喰さんに捧げる舞
c0043361_20571991.jpg


実は、ずっと貸切状態ではなく、お泊まり客など含め、何人も入れ替わり来ました。
それなりに多くのお客さんが来ているようで、けっこうなことだと思います。

温泉分析書は残念ながら見いだせませんでした。
忙しそうなお姉さんを呼び出して聞くのも心苦しいので、

長野県温泉協会表示
c0043361_20591613.jpg


すぐ前にバス停もありました。バスでも来られるわけですが、ちと本数が・・
c0043361_210763.jpg


オレ的オキニ度:★★★

(訪問日:2014/05/24)

案内:信州美麻温泉 もくじき荘
長野県大町市美麻4330
0261-29-2511
外来利用:10:00-20:00
料金:600円
公式ページ



c0043361_21610100.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://parnassus.exblog.jp/tb/22157705
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Sippo5655 at 2014-10-23 20:55
ぶらりと立ち寄って、温泉に入る・・
それがアタリ、って、
凄い素敵なことですね!
そこそこ有名なんですね。
これからの季節、大繁盛なのかも♪
Commented by げん@頑張ってる宿でした at 2014-10-27 20:47 x
Sippo5655さん、遅くなりまして、すいません。
ふふ、温泉・・実はそれもこちらのブログのコンテンツなんですよ。
御見苦しいものも出るかもしれませんが、どうぞお付き合いをW
そうです、予想外の温泉旅館でした。
やはり行ってみないことにはわかりませんね。営業もなかなかに頑張っているようでありましたよ。
それにしても、コメント入力方法が変わったんですね~こりゃますます書いてくれる人、少なくなりそう・・爆
名前
URL
削除用パスワード
by parnassus | 2014-10-22 20:50 | 温泉で汗でも(長野) | Trackback | Comments(2)

「パルナッソス山へ」管理人たにつちの日常。温泉は泉質主義でひなびほど良し。蕎麦屋めぐり、日本の美・チョウ・花・山の撮影など。ニッチでディープを心に留めたい。Discover Deep Japan!


by parnassus
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31