登山道の管理日記
「パルナッソス山へ」管理人たにつちの日常。温泉は泉質主義でひなびほど良し。蕎麦屋めぐり、日本の美・チョウ・花・山の撮影など。ニッチでディープを心に留めたい。Discover Deep Japan!
by parnassus
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
parnassus.exblog.jp
ブログトップ
かぐらの湯(源泉:遠山郷霜月温泉)
2015年 07月 05日 | |
c0043361_23275551.jpg
飯田市南信濃の拾遺記事パート2

この地に温泉センターができていたとは、行って初めて知りました。

「かぐらの湯」とだけ、シンプルながら、理由がわからなかった施設名。

その前に行くと、怪しげな大きな銅像があり、何やら舞っているではありませんか。

なんじゃこりゃ?



c0043361_23303410.jpg
その像に近づくと、前が飲泉所になっているのに気付きました。

飲めるんだ!
飲める湯大好きのオイラ、銅像そっちのけで、テイスト、
c0043361_23321027.jpg

おっ、熱い!
うっ!これは経験のないレベルの不思議な濃厚な湯です。
濃い塩味に、苦みもたっぷり、そこに硫化水素臭もふんだんにブレンドされています。
c0043361_23352374.jpg

これは素晴らしいですね~

あ、そうそう銅像のこと、、
c0043361_23355180.jpg
この地の無形民俗文化財として伝承されているのですね。
だから「かぐら」と。

いざ、
c0043361_2337870.jpg

c0043361_23383837.jpg
写してませんでしたが、ロビーみたいなスペースが広く、また新しいです。

脱衣所も、どうも撮り忘れていました。

いきなり浴場です。
c0043361_23394858.jpg
はいってすぐに「かけ湯」のコーナーと、その後ろに2畳ほどの小さ目の浴槽がまず。
この「かけ湯」はよかった。
その後ろの浴槽は循環で、消毒臭も少しして、濃厚さはだいぶ減じてしまっています。

奥に広がる、大きな大きな浴槽
c0043361_23425171.jpg
これだけ大きいですからね、やはり循環併用利用です。湯使いは、同じようでした。

浴場の中央に、またしても、飲泉場がつくられていいですね!
c0043361_23453138.jpg
くんで持ち帰ってもいいそうです。
これはやはり源泉に違いなく、やはり濃厚なる素晴らしいものを確認できました。

露天風呂へ
c0043361_23455191.jpg
L字型に、これまた規模はかなりのものです。
維持費用は大丈夫かと思ってしまうほどです。
c0043361_23482069.jpg

これだけ大きいので、やはり露天は温度ぬるめ設定。
c0043361_23485671.jpg

ゆっくりできました。お湯使いですが、内湯より消毒臭は気になりませんでした。

舞いです!
c0043361_2349587.jpg
親指屈伸スタイルで・・

分析書なのですが、、ちょっとひと悶着ありました。

脱衣所に、簡易版はあるのですが、
c0043361_2351599.jpg


そして、長野県温泉協会表示
c0043361_23513377.jpg
はあるのですが、、

なんと、これが二つ掲示されてるんです。いわゆる分析書がない、、

きっと、女湯の脱衣所の方に分析書が2つ掲示してあるのだろうと推測。

フロントでその旨を伝えると、やはりそうだったのか(?)額をもってきてくれました。

しかし、額入りの分析書は、「2 源泉名」の欄から上が切られ、つまり3から下が額に入れられてました。
源泉名は、当方にとってもこだわる情報ですので、なぜ表示してないのか、と抗議。
先方の担当者も、何か言ってましたが、これを掲示しない理由はなく正義はこちらにあることが明白、、

あきらめたか事務室の方から、切られていないものを出してくれました。
暗いとこで撮影させてもらったものなのでちょっと画質がなんですが、これがひと悶着あって拝めたオリジナルの分析書です。
c0043361_01223.jpg


この掲示のことについて、今まで指摘した客もなかったようですね。
また、施設担当者の理解も十分とは言えなかった感じです。この点、オイラの人柱で、改善されること期待します。

源泉主義からの評価としては、この濃厚なる源泉が楽しめるということは、ほんとに素晴らしい。
飲泉などにもこれだけこだわってくれたこともありがたい。
遠い場所ですが、はるばる出かける意味がありますよ。

オレ的オキニ度:★★★★☆

(取材日・情報現在:2014/06/13)

案内
〒399-1311 飯田市南信濃和田
0260-34-1085
営業:AM10:00~PM9:00(受付終了 PM8:30)
定休:毎週木曜日(祝日の場合は営業)
料金」大人/620円・小人/310円
公式ページ



c0043361_03528.jpg

[PR]
by parnassus | 2015-07-05 22:54 | 温泉で汗でも(長野) | Trackback | Comments(1) |
トラックバックURL : http://parnassus.exblog.jp/tb/22238456
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2015-07-12 21:40
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
削除用パスワード
<< 「白樺高原・夕陽の丘」~槍の展... ページトップ 2015ブルーロード3と西風も... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original Skin by Sun&Moon