登山道の管理日記
parnassus.exblog.jp
Top
猫校長「たかね」と旧木沢小学校木造校舎・2014
2015年 06月 25日 |
c0043361_1553911.jpg拾遺記事になります。

和歌山の猫駅長「たま」が亡くなった(2015/06/22)とのニュースが報じられました。

「たま」には会ったことはありませんが、一年前、飯田市南信濃で猫校長「たかね」に会っておりましたので、この機会に記しておきたいと思います。




いわゆる遠山郷の木沢地区を通過していると、道路に「木造校舎」の看板を見かけました。
廃校になったあとを、地元の方々が保存し活用しているようなので、立ち寄ってみることにしました。

幹線道路から一本中に入った場所です。
NHKの放映もあったよう、、知名度のあるものなのかも。
c0043361_162210.jpg


正門に周って、、
c0043361_1634284.jpg
木沢小学校という学校の跡でした。

正面
c0043361_1643223.jpg
明治・大正までは行かないかもしれませんが、昭和初~中期はさかのぼれそうな、一時代古いスタイルの校舎。

校舎に入ろうというとき、ん?左手のプレハブの前に・・
c0043361_1672522.jpg
たかねってなんでしょう?
実は、この猫の名前でした。
c0043361_16111542.jpg

何ショットか撮っていると、発砲スチロールの箱から降りてきて、じゃれて甘えてきました。
c0043361_169887.jpg
動物とはお互いの友好関係を理解しあえると自認するオイラですが、初対面でここまでの歓待はうれすい。。

たかねは、頭のいい猫ですね。
おとなしく、人懐っこくて。

校舎に向かって歩き出し、校舎をバックにくつろぎ始めました。
カメラに興味
c0043361_16134315.jpg

c0043361_1614258.jpg


「たかね」と遊んでばかりもいられませんので、校舎内を見学
c0043361_16145919.jpg

c0043361_16193167.jpg
「ねこ校長」だって・・
あ、さっきの猫「たかね」、あれが校長か?!

平成3年に閉校となったときの記念写真も掲示されてました。
児童がいなくなって、20年以上、よく残してあります。

この完全なる木製の階段!いい味
c0043361_16152641.jpg
c0043361_16154941.jpg
実はオイラも小学校でこれに近い木製階段の校舎だった記憶がよみがえりました。
ただ、それも1年生のときのみ。間もなく取り壊され、建て直されたのです。

廊下に沢山の足踏みオルガンが並べられて壮観
c0043361_16184789.jpg
音も大体出るようでした。

この教室は、当時の教室の様子をまんま残した展示でしょうか
c0043361_16212750.jpg

寒い地だけに、ストーブを使ってたのですね。このダルマストーブは初めて見ました。
c0043361_16221173.jpg


元音楽室
c0043361_1622292.jpg

c0043361_16224133.jpg
この黒板の記載は、ここを舞台にCM撮影したときの演出らしい、、そのCMが小さいモニターで流されてました。

ピアノには、「校歌」の楽譜
c0043361_16242649.jpg
自由に音出ししてよいようなので、つっかえながらですが、弾いてあげました。
朗らか元気な曲調が、逆に何かジーンときました。
ピアノもちゃんとチューニングされていましたが、チューナーでやってるのでしょう、低い鍵盤も高い鍵盤もきっかり正しい音程で、ピアノとしてはちょっと不自然な感じもW。

各教室、地元の方が、工夫してさまざまな展示を努力されていました。
全部は紹介しきれませんが、興味に近い「山の資料館」
c0043361_16275974.jpg

沢山の山の写真パネルや山の道具、今はない遠山森林鉄道の写真だとかは、ここでしか見られないもので、貴重だと思いました。
c0043361_16301076.jpg


一巡して1階に戻ると、たかね校長が、待っていました。
c0043361_16314684.jpg

お仕事モードになっているのか、真剣な表情。
先ほどみたいに、甘えてくるようなことは全くありませんでした。校内の治安警備に注意しているのでしょう。
c0043361_16332372.jpg


お見送り、、をしてくれたみたいです。
c0043361_16335427.jpg


以上は、一年前のことですが、たかね、元気でしょうか?
きっと元気に変わらず学校の巡視をしていることと思います。

さて、学校の建物(校舎)というものは、全国的に標準化された仕様で造られることが多いものでしょう。
おそらくこの木造校舎も、ある時期の学校建築の典型だろうと思います。
まだ文化財指定まではされない時代のものですが、そういう中途半端な時期のものこそ壊されやすく、現に残されているのは少ないのではないでしょうか。
これは完全に当時の木造校舎の形態が残され、貴重な建物だと思います。

地域の方が、廃校後も愛着をもって保存し、活用されている取組みもとても意義があります。

たかね校長やこの校舎に会いに、多くの方がどんどん訪れていただきたいと願います。

(撮影日:2014/06/13)



c0043361_17131329.jpg

[PR]
by parnassus | 2015-06-25 22:55 | 文化財 | Trackback | Comments(4) |
トラックバックURL : http://parnassus.exblog.jp/tb/22238463
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Sippo5655 at 2015-06-28 21:40
感動しました。
猫駅長さんは、お亡くなりになってしまったのですね・・・
きっと天国で、いつまでも駅を見守っていることでしょう。
そして「たかね」校長さん、まあなんて可愛らしい猫さん。。
猫は家につくと言いますが、この校舎が大好きで、
守る人 集う人が大好きなのでしょうね!
Commented by parnassus at 2015-06-28 22:23
Sippoさん、ありがとうございます。
猫駅長たまは、とても有名でしたね。この週末は、追悼に多くのファンが集まるとかなんとか。
たかねは、私は行って初めて知ったのですが、それなりに知られた存在のようです。
ほんとは「高嶺」って漢字の名前のようです。お行儀と振る舞いをわきまえたとても利口な子。
校舎と校庭がまさにたかねの庭。ちょっと遠い場所ですが、機会があったら会いに行ってあげてください。
Commented by koechel581 at 2015-06-28 22:47
僕の小中時代の学校そのまんまです。ダルマストーブまで! この階段も懐かしいですね。
このたかねちゃんの甘え方は尋常じゃないかも。フェロモンに反応したんじゃないですか?(笑)
Commented by parnassus at 2015-06-28 23:09
koechel581さん、ありがとうございます。
貴殿の学校とならば山形県ですな。遠いこの長野県の山奥の地と学校のまんまとは、やはり当時の(っていつ?)標準化された典型を残す建造物なのですね。
今は地味ながら、かなり貴重な存在である可能性が高いかも。遠くなく文化財の指定されましょう。
たかねが甘えるのは、初めて来た客だからこそのオモテナシではなかったかと思います。
社交辞令とわかっていても、メロメロにさせられました。この可愛いさ、猫はやはり魔性だ~。
名前
URL
削除用パスワード
The Original by Sun&Moon