登山道の管理日記
「パルナッソス山へ」管理人たにつちの日常。温泉は泉質主義でひなびほど良し。蕎麦屋めぐり、日本の美・チョウ・花・山の撮影など。ニッチでディープを心に留めたい。Discover Deep Japan!
by parnassus
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
parnassus.exblog.jp
ブログトップ
雨飾高原露天風呂(源泉:小谷温泉1)
2014年 07月 27日 | |
c0043361_23154074.jpg

本日の汗流し、、有名な「雨飾高原露天風呂」へ向かうことにしました。
小谷温泉のさらにその奥。
ここは近くの雨飾荘が管理していて、その露天風呂部分を、寸志で提供いただいているよう。
「村営」という情報も目にしますが、管理を依頼しているのでしょうか、ちょい不明。
すぐ近くに、しっかり駐車場も備えてあります。ありがたや~



道路から通路を上がるとすぐ男女に分かれ、女湯は直進して上の浴槽、男湯は右折して下の浴槽。

岩づくりの露天風呂がすぐに見えました。
c0043361_2319166.jpg
やったね、貸切状態。

振り返ると、屋根付きの脱衣小屋があり、ぽつぽつ降り始めた雨をよけることができました。
c0043361_23201722.jpg

ここに寸志を入れる箱もありますので、私もなにがしか入れましたよん。
c0043361_23205434.jpg

管理者で置いてくれていると思われる石鹸もひとつあり、利用させていただきました。
投入口
c0043361_23214649.jpg

なかなか温度高めです。
そのお湯は、炭酸水素イオンのとても多い、炭酸水素塩泉。
辛口の香りのすっきりとした、それでいてやわらかいお湯。
ええですな~。
ちょい湯のつもりでしたが、がっつり本日のしめ湯になってしまいました。

お約束の舞
c0043361_23254694.jpg


上がるころには、他のお客も来だして、やはりそれなりのにぎわいになるようでした。

温泉分析書
c0043361_23272074.jpg


温泉法施行規則表示など
c0043361_23273112.jpg


オレ的オキニ度:★★★★

(取材日:2014/07/19)

案内
北安曇郡小谷村中土雨飾高原
営業:10:00-21:00
料金:寸志


c0043361_23335181.jpg

出るときに、入り口に「浴場内撮影禁止」の表示が、、入るとき見落としてました。すいません!どうかお許しを~
[PR]
by parnassus | 2014-07-27 22:47 | 温泉で汗でも(長野) | Trackback | Comments(0) |
トラックバックURL : http://parnassus.exblog.jp/tb/22380706
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード
<< 2014草原のセセリロード(連... ページトップ 2014北安曇ブルー・ロード >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original Skin by Sun&Moon