吾妻峡温泉 天狗の湯(源泉:天狗の湯)

この日の汗流しも、懸案だったセンターを取材に行くことにしました。
吾妻峡温泉「天狗の湯」です。
c0043361_2345430.jpg

仮設浴場のさよなら記事以来になります。
そのとき建設中だったこの新館、できてからも数度横を通過していますが、後回しになっておりました。
仮設浴場での印象深い湯は健在でしょうか?



建物、ずいぶん大きく立派ですね。
入って玄関、左手に下駄箱スペース、右の受付にて直接入浴料金を払います。
c0043361_23475977.jpg
400円だそうで、これは低めのありがたい設定ですね。

館内は憩いのスペースも広いです。
c0043361_23471318.jpg

休憩広間も大きいし
c0043361_13462135.jpg


浴室に向かう長い廊下に沿って進むと入り口
c0043361_23472252.jpg

脱衣場も広いですね。
ただし、鍵付きロッカーは100円の有料でした、実質入浴料500円となってしまうのは、ちょっと残念。

内湯は、ジモのおじやんが常に数人でだべってる感じで、撮影チャンスはなかったので、公式ページにあったものを引用掲載。
c0043361_23513223.jpg
長方形の大きな浴槽がひとつのシンプルなもの。8畳くらい。
洗い場のカランは、御影石で仕切りが設けられ、ゴージャスな仕様となっています。

さて、その湯ですが、透明、特に匂いなし・・、
仮設のときに強く感動を覚えた、黒い糸のような湯の花も、ふわっとくる硫黄の匂いもなくなってしまいました。

飲用不可との表示ありましたが、少しテイスティングすると、薄い塩味にマロリとやわらかい塩化物泉の風味は確かで、悪くはない。

源泉かけ流しを謳っているとおり、吸い込みは見つからなかったです。
全体的にぬるめの設定で、この時期ゆっくりできるのはよいです。

でも、ともかく以前の天狗に比べてインパクトのない湯になってしまったな、というのが率直な感想です。
川原湯温泉と湯脈は同じではないかと思えるほど、とても似た素性の湯というのが記憶にあり、王湯共同浴場も閉じられた今としては、その替わりになることを、無意識にも期待していたのだろうと思います。
そういった思いが強すぎて、この施設の湯への評価の見方はとても厳しいものになってしまったかもです。

露天は空いている時間も多く、撮影できました。
c0043361_13375336.jpg
3畳ほどかの岩風呂。
トンネル工事の「貫通石」がおかれ、安産などの縁起ものだとか
c0043361_13394287.jpg
この隣に、浅めの寝湯の浴槽もあります。

露天では、添加されているとある消毒臭らしきをけっこう感じてしまいました。
また、弱い吸い込みというか、あふれるのでなく底からの排出も確認。

ちょっと残念かなあ、、の舞
c0043361_13404514.jpg


再び内湯に戻ると、受付のおじやんが温度を測りに内湯にきましたので、質問しました。
「本当に循環はしていないの?」と聞くと、
「源泉かけながし」とのこと。
「でもかなりの距離を引いて来ているから・・」とのことも。
また、「濾過はしてるんでしょ?」と聞くと
「している」との回答でした。

そうした湯使いで、結果として、突出する個性の少ない印象になったようです。
でも、管理上では仕方ないこともあるでしょう。
平均的にみれば、濃厚な泉質もある硫酸塩泉に含まれるといってよいでしょう、が、やはり仮浴場時代の湯を知っていると、昔はよかった、という気になってしまいました。

温泉分析書及び温泉法施行規則表示
c0043361_13454233.jpg


オレ的オキニ度:★★★

(取材日:2014/08/02)

案内:吾妻峡温泉 「天狗の湯」
吾妻郡東吾妻町大字三島6441
0279-67-2683
営業:10:00-21:00
定休:毎月第2火曜日
料金:400円
公式ページ


[PR]
トラックバックURL : http://parnassus.exblog.jp/tb/22431722
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 浅間の煙 at 2014-08-11 05:52 x
先日の岩脈記事掲載があった時、天狗の湯の記事があってもいいのでは?と思いましたが、やはりありましたね。(笑)
参考になりましたので、何時かは通りすがりに行くかも?
Commented by げん@評価キビシメ at 2014-08-11 23:37 x
浅間の煙さん、ご推察のとおり、懸案のこちらへ突撃でした。
かなり辛口記事になってしまいましたが、標準からみれば悪くない湯が楽しめる施設だと思います。
ぜひ、貴殿の感想をお聞かせいただけることを期待しております。
Commented by ONKEN21@最後の生き残りも… at 2014-12-29 18:58 x
天狗の湯仮浴場と並んで、横壁・温井と共に八ッ場四兄弟とも言われ、最後まで生き残っている林温泉かたくりの湯ですが、
来年3月20日の工期で新施設を建設中です。ちなみに横壁はジモ専化、温井はポンプ故障で林温泉利用となり幻となりました。
林温泉は今はポリ浴槽ですが、17時までなら外来入浴も300円でできます。現共同浴場は2月いっぱいで終わりでしょうか、まだでしたらお早目に…。
ちなみに林温泉は昔ほどではありませんが、アブラ臭群馬王者と言われ、げんさんにとっては苦手な臭いかもしれないですね。
でも川原湯温泉旧王湯が大丈夫なら何とかいけるでしょうか?
Commented by parnassus at 2014-12-30 11:23
また、お別れ湯の情報もお知らせくださり、ありがとうございます。
いつのまにか林温泉のみとなってしまいましたか、、そこも、外来は基本的に無理っぽい話を目にして、行ってみることはありませんでした。
でも300円で受け入れてるんですね、、是非機会を作って記録に行きたいです。
ん、オイラがアブラ臭が苦手とは・・どこで?(笑
湯の性格の強さは、どんなものもありがたく堪能させていただいてますよ。
ただ、どことは言いませんがこれ食塩を入れてるんじゃないの?ってウソっぽい湯はいただけません。
名前
URL
削除用パスワード
by parnassus | 2014-08-08 23:03 | 温泉で汗でも(群馬) | Trackback | Comments(4)

「パルナッソス山へ」管理人たにつちの日常。温泉は泉質主義でひなびほど良し。蕎麦屋めぐり、日本の美・チョウ・花・山の撮影など。ニッチでディープを心に留めたい。Discover Deep Japan!


by parnassus
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31