御食事処 松風:「野生鹿カレーセット」

美味しい鹿肉料理を提供している店があると、「空から日本をみてみよう+」でこの店のことを知ったんよ。
ジビエ~!北海道の「プチレスト鷹の巣」で味わって以来、チャンスがあれば食べたい!
場所は、本栖湖の湖畔。なんども通ってるのに知らなかったなんて。
c0043361_9381694.jpg


ちなみに、「空から日本をみてみよう+」は、ごっつ好きな番組だ。
必ず予約録画してる。オイラが予約録画しているのは、これと「タモリ倶楽部」、あと最近から「団地ともお」、そのくらいだ(いらない情報☆)



地元商工会のWebページによると、営業時間は11時~17時だという。
ただし、今回、お盆時期でしたので、オイラとしては珍しく前日確認の電話を入れました。
ご主人らしき方が出て「お客が多くて、鹿カレーは売り切れでなくなっちゃう。2時までに来て。その時間なら確実に提供できる」とのことでした。
1時半くらいに着けました。お昼時で、かなり賑わっています。
「まだ残ってます?」と聞くと、大丈夫とのこと、よかった。
「昨日電話くれたかた?主人が変なこと言って・・」と、女将さんでした。フロアは女将さんともう一人の女性で切りもり。
フロアは4人×6テーブル、座敷に4人×3テーブル、8人テーブル、となかなか座席数は多い。
壁には富士の写真がかざってある。いい写真
c0043361_1042890.jpg

オーダーするのは、もちろん、一番人気であろう「鹿カレーセット」(1000円)

しばし待ち、来ました!
c0043361_1063735.jpg

女将からカレー以外のものの説明・・

まず「鹿のステーキ」
c0043361_1074843.jpg
これは左手のソースでいただく
c0043361_109440.jpg

右上の皿は、鹿の「竜田あげ」とイノシシの燻製とのこと。
c0043361_1010108.jpg

カレーだけでなく色々食べ比べの料理もついてるのが「セット」たるゆえん。

きれいですね
c0043361_10124962.jpg

カレーは甘口だけど、スパイシーで美味しいっすな。
c0043361_10135592.jpg
カレーの中の肉は、脂の少ない肉という感じですが、鹿肉なんだかよーわからん。
鹿肉ということで、匂いやらが苦手な人のためにカレーというメニューなんでしょうが、つまりは全然クセがないのです。
クセがなさすぎ、、オイラくらいにとっては、「それ」って感じが欲しかった、、贅沢言ってすいません。

半生のステーキは、ねぎ、ショウガの薬味を載せて、
c0043361_10202117.jpg
タレも醤油ベースのあっさりしたもので、まるで刺身(タタキ)のよう。
ショウガが優って、肉肉っぽさや、またしもクセなくするっと行けてしまいます。
なので、次は薬味なしでいただき、そのままの赤身肉を味わいました。鹿肉でも最高の部位なんでしょうか。
失礼かもしれませんが「馬刺し」と似てると思いました、「一緒にするな」と怒られそう、、でも、まだオイラには違いがわかるほどじゃなくて、、スンマセン

竜田あげは、よく噛んでいると味が出てくるもの。
イノシシ燻製は、スモークがとてもきいていて、また淡泊なものでした。

c0043361_10281394.jpg
メニューには、鹿料理以外にも色々あり、ニジマスやほうとう鍋などを注文されるお客さんも多いようでした。

オイラ、今回はあまりにあっさりと食べられてしまったから、次回はシカ肉をよりダイレクトに味わえそうな「野生鹿さしみ定食」を必ずオーダーしようと思います。(1600円とちと高いですが・・)

「精進湖観光協会では平成22年度から特にジビエ料理に力を入れ、民宿の単品料理にも鹿肉を使っていき、幅広いジビエ料理の提供を目指しています。」とのことで、今や松風さんだけでなく、本栖湖や精進湖周辺のいくつかのお店でも食べられるのですね。(詳細ページへ


オレ的オキニ度:★★★☆

(取材日・情報現在:2014/08/16)

案内:
富士河口湖町本栖120-1
0555-87-2501
営業時間:土日・祭日=09:00~17:00
       平日=11:00~15:00
定休日: 不定休【 平日は要確認 】
公式ページ


c0043361_10473695.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://parnassus.exblog.jp/tb/22501798
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード
by parnassus | 2014-08-20 09:21 | 食(その他) | Trackback | Comments(0)

「パルナッソス山へ」管理人たにつちの日常。温泉は泉質主義でひなびほど良し。蕎麦屋めぐり、日本の美・チョウ・花・山の撮影など。ニッチでディープを心に留めたい。Discover Deep Japan!


by parnassus
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30