登山道の管理日記
「パルナッソス山へ」管理人たにつちの日常。温泉は泉質主義でひなびほど良し。蕎麦屋めぐり、日本の美・チョウ・花・山の撮影など。ニッチでディープを心に留めたい。Discover Deep Japan!
by parnassus
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
parnassus.exblog.jp
ブログトップ
深谷市川本地区・荒川河床の古代木化石
2015年 01月 25日 | |
荒川にかかる橋を通りがかると、遠くに白鳥が見えた。
現在は餌付けはやっていないはずだが、まだ来ているんだな、と河川敷に降りて行ってみることにした。

ところで、あまり知られていないことだが、押切橋から植松橋にかけての荒川河床そのものが、新世紀地層の露岩となっているのだ。
c0043361_0234924.jpg
(C)GoogleMapから

数年前、県自然史博物館と市教育委員会とで開催された観察会に参加し、勉強させてもらったことがある。



現地に立つと、地層の硬い岩層が削られずに残り、川を横断する堰のようになって、天然の「奇観」を呈しているのがわかる。
c0043361_0263257.jpg

下位より福田層、土塩層、楊井層、山崎層と区別されているとのこと。

これらの地層からは、かつて、古くは巨大な古代サメのカルカロドン・メガロドンの化石が発掘されたり、新しくは樹木や堆積した葉の化石がみられ、サイも発掘されたことがあるそうだ。

水辺に沿って歩いていくと、古木が切株のような姿の化石があった。
c0043361_0273453.jpg

この樹種はメタセコイアなのだと習った。

さらに別な場所では、丸太状態の姿で露出しているのに出会った。
c0043361_0282668.jpg

見えてる部分でも2mはあろう。普通木材の株の頭が見えているだけで、こんな姿の材化石は、観察会のときでもまったくなかったので、びっくりだ。
c0043361_029720.jpg

化石といっても、石化しているわけでなく、古い地層に埋もれた、やや炭化したように黒く、おそらく火をつければ燃えるだろう。
ここ楊井層は、約900万年前のものだそうで、その閉じ込められた時間はあまりに貴重だが、意外にもあまり変わらないのだなと思う。
知らなければ、たき火のあとの丸太が流れついたくらいにしか見えないかも。

丸太化石は、水中まで続いて埋まっている。
c0043361_031480.jpg
どこまであるのだろう。

一部がくだけて散乱して近くに落ちていたので、お土産に拾った。大切にする。
c0043361_0314361.jpg
が、松の朽木と言われれば、違いのわからないような「木端」だ。

この荒川河床地層の存在は、あまり知られていないが、埼玉県内で、長瀞に続くジオスポットではないかと思うのだがどうだろう。

最後にお願い。これらの化石や地層を、むやみと掘り出したり破壊したりしないようお願いしたい。

ちなみに白鳥は、この一帯の河川敷には一頭も見られなかった。人を避け、あちこちに散らばっているようだ。

(取材日:2015/01/25)


[PR]
by parnassus | 2015-01-25 23:07 | 写真(街中) | Trackback | Comments(2) |
トラックバックURL : http://parnassus.exblog.jp/tb/23377028
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ねこきち at 2015-02-02 21:54 x
亜炭化したと思われるメタセコイアの化石林が素敵な場所なので、お気に入りの場所なのですよ。白鳥より、こっち目当てで訪れてます。いつかは風化して、消えてしまいそうな感じがしますが、太古の林を想像しながら歩くと楽しいです。
Commented by げん@メタセコ葛藤 at 2015-02-04 00:09 x
ねこきちさん、おいでませ。
なんと、メタセコイア化石ねらいで・・よくよくご存知の場所だったとは、、さすがです。
ほんと、場所によって化石林と呼べるほどの密度ですよね。
>いつかは風化して、消えてしまいそうな感じがしますが
上記の公開講座の折、今出ているものもいずれ川の流れに洗われ消えますが、また新たに洗われて出てくるとのご教示でした。
貴重なものなのに、刹那な部分もあって感慨ありますよね。
ここで書いてしまいましたが、多くの人に知ってほしいような、反面知られたくないような、そんな場所だと思います。
名前
URL
削除用パスワード
<< 會津野 茂三郎―Aizuno ... ページトップ S級の遠望日和(2015/1/... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original Skin by Sun&Moon