登山道の管理日記
「パルナッソス山へ」管理人たにつちの日常。温泉は泉質主義でひなびほど良し。蕎麦屋めぐり、日本の美・チョウ・花・山の撮影など。ニッチでディープを心に留めたい。Discover Deep Japan!
by parnassus
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
parnassus.exblog.jp
ブログトップ
埼玉北部のホソオチョウ越冬確認2015
2015年 04月 12日 | |
昨年ホソオチョウを確認した場所へ、春型が出ているか確認にロードした。
まずは地元、F市の発生地の土手に着くと、先客あり。

ネットをもったオジサンだ。こんなところで珍しい。ホソオチョウが目的だろうか。

土手を歩くと、飛び出した。
c0043361_1342087.jpg
いたいた!越年を確認。



おじさん
c0043361_1351720.jpg
こちらは、元気にあいさつして声掛けしたのに、リアクションがない。
別に採集をとがめるつもりはないのに、失礼だな。プンスカ

さて、気をとりなおして・・もう、メスもけっこういる。

メスでさえ破損やスレている。
c0043361_1362247.jpg
やや来るのが遅かった。
ソメイヨシノの花と同じくらいに現れるようだ。

草にとまって。それがウマノスズクサの新芽と気づく。
c0043361_1371220.jpg

見渡すとウマノスズクサの新芽があちこちに顔を出しているではないか。
c0043361_1374589.jpg
はずかしながら、春の新芽を初めて判別できるようになった。
赤紫色の細いアスパラガスみたい。

本種の春型は、ウマノスズクサの芽生えに合わせて現れるという生活環の一端が理解できた。

オスでも新しいものあり。
c0043361_139880.jpg
小型、尾も短くて、春型の特徴をよく出た個体だろう。
上翅まで現れる赤星が魅力だ。けれども、異国の雰囲気が漂う。

次に、小川町の数の多かった場所へ
c0043361_140192.jpg

不思議なことにまったく見られない。

もう午後も進んで時間が遅いせいかもしれない。

付近のもう一か所へ。
やはりここでも姿は見えないが、ウマノスズクサの新芽が多く気づいた。
そのうちの一つの株には・・
c0043361_14109.jpg
初めて撮影するが、これがホソオの卵塊に違いない。
成虫の姿は見ないが、しっかりと活動しているのだ。

これが孵化すればあっという間に多くの幼虫であふれるようになるだろう。

(撮影日:2015/04/12)
[PR]
by parnassus | 2015-04-12 23:02 | チョウに会える道 | Trackback | Comments(0) |
トラックバックURL : http://parnassus.exblog.jp/tb/23925200
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード
<< 秩父市指定天然記念物「清雲寺境... ページトップ 郷土料理 磯-Iso-石垣市~... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original Skin by Sun&Moon