登山道の管理日記
parnassus.exblog.jp
Top
2015ダンダラロード1(信濃姫はおでまし?)
2015年 04月 26日 |
サクラロードを基本としつつ、ここまでくれば、北信の姫君は現れてはいないのか、散策することに。
期せずして、今年最初のダンダラロード
c0043361_23243152.jpg
お!黄色いチョウだ!と駆け寄るも、越冬後のスジボソヤマキでした。



以前会ったことのある場所へは、まだ雪があり行けないよう、、

仕方ない、、過去に文献記録のあるエリアを探検、周って見ます。
雰囲気はいいのですが、、そう甘くはないでしょうね。

ふと、カラマツ林の中をそれらしきが飛んでいるのをみかけました。
c0043361_23311862.jpg
しばし、粘って見ますが、、やはり甘くはないですね。
姫と出会った気がしたのは、白昼夢であったのか。

今年はタイミングもなかなか計りかねるシーズンだと思います。
c0043361_2333966.jpg
雪の斜面には、まだ残雪で、早いような、、でも新緑は進んでいるような・・

いつの間にか高台のような場所を徘徊していました・・ちょっと霞んでいますが、五竜だとか北ア。
c0043361_23355786.jpg


ギザギザの岩稜の岩山
c0043361_23362341.jpg


縁を石垣で囲った畑をみかけました。まるで古い城のよう
c0043361_2338783.jpg

野石を人の手で積んだのでしょう。
c0043361_23385147.jpg
この山間地に耕作する土地を作ることがどれだけ貴重なことだったか、、正直、今では考えられないほど。

c0043361_23405822.jpg
登ってくと、石垣からギザギザの山が顔をのぞかせました。
ああ、やはり雪国の春は綺麗だ。

(撮影日:2015/04/25)
[PR]
by parnassus | 2015-04-26 02:13 | チョウに会える道 | Trackback | Comments(4) |
トラックバックURL : http://parnassus.exblog.jp/tb/23951008
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by koechel581 at 2015-05-12 21:40 x
最後の写真など、ちょっとアンデスっぽい不思議な光景ですね。後ろのギザギザはどのへんでしょうか?
Commented by Sippo5655 at 2015-05-13 22:13
姫って、ヒメギフチョウのことでしょうか?

すみません、何もわからない私です><


越冬明けのスジボソヤマキチョウ

両手で暖めてあげたいくらい、愛おしい・・・

こんな空間を、共に過ごせたら


東京は本当に虫たちが棲めない場所になってきましたね・・・
Commented by parnassus at 2015-05-13 23:35
koechel581殿。確かに!この石垣段々畑の景観は、日本のインカ帝国的のごときに見えます。
以前、群馬の南牧村の記事でも取り上げたに類する圧倒される石垣・・累代の営みが、すごいです。
ご指摘の山は同定にちと手間取りましたが、ずばり戸隠本山、本院岳から第三ノ峰がのぞいておりましたぞな。
Commented by parnassus at 2015-05-13 23:41
Sippo姫君。そうです、ダンダラチョウに会いに行くロードでの「姫」とはヒメギフチョウでございます。
つい、なんだ~と流してしまう越冬スジボソヤマキへの熱い思いを寄せる貴方の心持ちはさすがです。
東京・・ほんと、チョウを見かけるだけでも稀な感じになってきたように思いますね。
お互いの領域を残しながら、共生することはできないのでしょうか・・
名前
URL
削除用パスワード
The Original by Sun&Moon