登山道の管理日記
「パルナッソス山へ」管理人たにつちの日常。温泉は泉質主義でひなびほど良し。蕎麦屋めぐり、日本の美・チョウ・花・山の撮影など。ニッチでディープを心に留めたい。Discover Deep Japan!
by parnassus
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
parnassus.exblog.jp
ブログトップ
手打ちそば たか橋-Takahashi-尾花沢市
2015年 05月 20日 | |
c0043361_188525.jpg「尾花沢のおくのほそ道・尾花沢そば街道」加盟店の1番所である「手打ちそば たか橋」。

「廻る石臼がみえる自家製粉の店」がうりらしいです。


その蕎麦は、濃い色をした挽きぐるみの田舎蕎麦でした。



2015の秋田ロードは、書くべきネタもたくさん残ってますが、とりあえず先にいきたく・・先送りで。
帰路は、山形の内陸ルートとしました。

山形にはいくつかの蕎麦街道を名乗る場所が、あります。(JAみちのく村山のページによると、村山管内のみにあり、3か所だそうですが、もっとある気がする。)
そのうち「尾花沢のおくのほそ道・尾花沢そば街道」と尾花沢でもやってるのは知らなかったです。
c0043361_1825243.jpg
国道13号を南下中、通りがかったのが「たか橋」、その一番所だというので、手始めによることにしましょう。

店内広し。
c0043361_7355449.jpg
ここと別に大きなお座敷のとこもあって、何席なのか数え切れません。

ここの蕎麦の説明
c0043361_7363274.jpg
尾花沢の地粉にこだわりなんですね。

迷いましたが、単品の大もりそば840円をオーダー

この店は、廻るとこが見える石臼での自家製粉がウリ
店のカドに石臼部屋があって、ちょうど挽かれていました。
c0043361_7372345.jpg

c0043361_738382.jpg


厨房からピッピッとタイマーが聞こえて、、そうこうして出てきました。
c0043361_7382864.jpg
やや太めの田舎蕎麦。
四角の皿盛りは、上山の原口そばやを連想させる。
c0043361_74085.jpg
固めだ!ぐっと噛みしめるように食べます。
2・8蕎麦で、風味もよし。
この大盛りは、食べ出がありますわ。

つゆは、薄目?
いや、しっかりしてるのですが、固い麺との絡みが少ないのか。
すっきりしてますが、味はしっかり。甘さもあるのに不思議です。

蕎麦湯、濃いものを出していただき、これもうれしいです。

レジのところに尾花沢そば街道の表示などなど
c0043361_7403143.jpg
公式ページを調べると、ここの店主がそば街道の代表者を務めてるんですな。
地域蕎麦、ほかの店も興味がわきました。ますます活性化していただきたいと思います。


オレ的オキニ度:★★★☆

(取材日:2015/05/02)

案内:
〒999-4223 尾花沢市五十沢1468-11
0237-22-0460
営業: 11:00~20:00
定休: 不定休
蕎麦街道ページからたか橋

MAP

c0043361_7411194.jpg

[PR]
by parnassus | 2015-05-20 01:15 | 食(蕎麦屋編) | Trackback | Comments(1) |
トラックバックURL : http://parnassus.exblog.jp/tb/24030678
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2015-06-02 22:57
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
削除用パスワード
<< 2015ダンダラロード3(ブナ... ページトップ 秋田県名勝及び天然記念物「法体... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original Skin by Sun&Moon