登山道の管理日記
parnassus.exblog.jp
Top
山菜料理 出羽屋-Dewaya-月山山菜そば
2015年 09月 16日 |
c0043361_11474260.jpg「道の駅にしかわ」で手にした観光パンフによると、西川町では「月山山菜そば」をすごいオシているようだった。

西川町の10店ほどの店で、これを出している。

おんじゃいっちょ食べたるかーい、とその発祥の店という「出羽屋」に向かった。



始め玄関から入ったら、和服のオネエさんに迎えられ、ご予約ですか?と。
そんなものしてるわけのない、汚い恰好のオイラは、完全に場違いな空気を醸してしまった。
高級なお店だった?
掲げてあるメニューは山菜料理のコースでけっこうなお値段・・こりゃ無理、単品の蕎麦はどうした。

と、山菜そばを食べたいだけと申し出ると、右手の別部屋へ通された。
c0043361_11522756.jpg
テーブルと、小上がりのある「蕎麦部屋」らしい。

月山山菜そばだけだと1100円だが、「ハット付き」1210円とあった。
ハットとは何か尋ねると、「蕎麦がき」のようなものだという。
面白そうなので、それをオーダー

目の前にカセットコンロがおかれ、やがて山菜なべが出てくる。
c0043361_11553189.jpg

大きいな。
山菜やきのこ汁である。1人前でこの分量とは、名物たる資格を認めよう。
c0043361_11565522.jpg

そして、蕎麦
c0043361_11573685.jpg

件のパンフによると、この蕎麦は、鍋で煮込んでもくずれないよう固めの専用麺を「月山山菜そば協同組合」で開発して作っているとのこと。
この店での手打ちでなく、共同製造のもののようだ。

これがハット
c0043361_1201573.jpg

会津桧枝岐村の裁ち蕎麦でも、「はっとう」というサイドメニューがあるが、おそらくは同じ意味あいだろう。
ただし、会津のは蕎麦のもち菓子のような感じだが、こちらは完全にそば粉のとろろみたい。

食べ方を尋ねた。
蕎麦は、鍋に投入するんじゃなくて、取り皿に山菜汁をとって、熱いつけ汁としていただく。
c0043361_1245581.jpg

蕎麦は、みたとおり、ちょっとつるんとした肌
c0043361_125816.jpg
うむ、確かに!熱い汁に通しても、しっかりとした歯ごたえを残す、専用麺だけのことがある。
準然たる手打ちの蕎麦とはちょっと違うが、さすが蕎麦にうるさい山形の地元民にとっても、ちゃんとした蕎麦に収まる出来栄え。
普段、もっぱら冷たいもりそばしか食べないオイラも、タネモノとして美味しくいただいた。

ハット
c0043361_128356.jpg
ハットは、なべにすくっていれて、固まったところをいただく。つまりは、そば粉のすいとんだ。

粘りがとても強く、すくってうまく鍋にいれにくい。

これもちょっと珍しくてうまひ
c0043361_1282286.jpg

山菜なべは、やはり見た通り、分量が多かった。
1200円というと、まあまあなお値段であるけれど、十分満足の食べごたえがあった。
ふ~満腹、満腹。月山山菜そばは、おススメできるものであった。

オレ的オキニ度:★★★☆

(取材日・情報現在:2015/05/21)

案内
西村山郡西川町間沢58
0237-74-2323(11:00~20:00)
営業:11:00〜20:00(ラストオーダー 20:00)
定休日:不定休・12月31日・1月1日
公式ページ



c0043361_1283430.jpg

[PR]
by parnassus | 2015-09-16 23:41 | 食(蕎麦屋編) | Trackback | Comments(4) |
トラックバックURL : http://parnassus.exblog.jp/tb/24148787
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by koechel581 at 2015-09-18 21:59
明日からちょっくら田舎さ行ってきますだ。東北道で行けば、ちょうど昼過ぎごろにこの辺なので有力情報です。が、関越の方が渋滞のリスクはないので、関越になりそうです。ただ、関越だと昼飯食うところがない!いつも困るんです。
Commented by parnassus at 2015-09-18 23:26
koechel581さん、連休に帰省でしょうか?
関越はリスクない?今日の渋滞予測では、確か関越も出てましたよん。
どっちのルートも同じようなもんだから、東北道でいって、月山山菜そばを召し上がってくだされ。
あ、七ツ滝と、多層民家もお忘れなく(笑
Commented by Sippo5655 at 2015-09-20 21:45
お蕎麦大好きなので、興味津々ですっ
こんな頂き方もあるのですねーー
私、麺そのものの持ち味を壊さない食感
ココ 重視してまっす(^-^*)
Commented by parnassus at 2015-09-27 23:40
Sippoさん、どうもすいませんですね~ちょっとひきこもっとおりましたw
お蕎麦お好きですかあ?
ここは山形の蕎麦でも、独自の珍しい路線で差別化を企図しておりますね。
未掲載の蕎麦屋記事もたまってるんですよお。
賞味期限が切れないうちに、掲載したいんですがあ~(爆
名前
URL
削除用パスワード
The Original by Sun&Moon