登山道の管理日記
parnassus.exblog.jp
Top
2015ブルーロード3と西風も(群馬のアサマとウラゴマ)
2015年 06月 28日 |
c0043361_22531986.jpgシーズンも佳境に入って、遠出もしたいところですが、天気と体調いまいちなどの事情により・・
前の週に発生を確認できた、群馬のアサマのその後を継続観察に向かいました。

何やら違う大きなブルーが、、
ウラゴマダラシジミでした。
しかも、そのメスのフル開翅を眼前で見せてくれました。



1週間後続けて出向くことは、発生状況を想像できたり、実際の経過を把握できる利点があります。

思えば、アサマの交尾シーンをこれまで撮影したことがありません。
予想するに、メスも発生しているでしょうから、そのチャンスは高いのでは、交尾に出会うことを一番の目的に探したいと思います。

途中、燃料を購入するため立ち寄ったコンビニでは、大型の蛾を見かけました。
c0043361_22592461.jpg

c0043361_22593723.jpg


初めに出会ったのは、まずまず青が広いオス。
c0043361_2305174.jpg

この飛翔を追いかけると、メスが止まっていて、求愛行動
c0043361_2313123.jpg
交尾には至りませんな。

途中、雨がパラつくと、活発に飛翔する大型のブルーが、、
ウラゴマダラシジミと気づくのに時間かかりました。

そして、明るいウラゴマも登場
c0043361_233545.jpg
メスでした。

止まって、翅を開き出しました。
c0043361_2332662.jpg
この撮影は、初めてのチャンスの気がします。

間近にゲキシャ
c0043361_2342133.jpg


環境のよさそうな、先週の核心部では、なぜか馬鹿に少ないです。採集圧がかかったでしょうか。

メスで、赤紋列がはっきり、しかも、翅中央まで赤チラシが広がるもの。
c0043361_2354475.jpg
アサマのメスでは、そんなに珍しくはないようですが、今まで意識してませんでした。

角度と光の具合では、ベニシジミ的に広がって見えました。
c0043361_237325.jpg


また、青の広めのオス
c0043361_2372552.jpg


それを追っていくと、止まっている個体にからむ・・お、目標の交尾ペアではないかーい!
c0043361_2383622.jpg


ようやく初撮影できました。
c0043361_2391093.jpg


さらに、オスが2頭もここに、、
c0043361_2394982.jpg
このオス同士のペアは、もしや今注目のLGBTカップルかーい!?

いや、葉の表面に蜜のようなものが出るのか、これをとても美味しそうに長い時間なめていました。
c0043361_23113396.jpg
この植物は、センニンソウであろうと思います。
これまた観察・撮影したのは初めてのシーン。

さらには、小さな斑紋異常のオスにも出会いました。
c0043361_23155127.jpg
アサマは異常型が多く出るとも聞きますが、そもそも会える分母が少ないだけに、オイラは初めて撮影できました。

そして、もう午後も遅くなり、もう上がろうというとき、、
c0043361_23162621.jpg
なんと二組目のペアに会いました。
よほどこの日は、メスの羽化のピークのような日にあたったのではないかと思います。

久々に様々な成果があがったと思えるロードになりました。遠出しなくて成功だったかもです(笑

(撮影日:2015/06/20)
[PR]
by parnassus | 2015-06-28 09:31 | チョウに会える道 | Trackback | Comments(4) |
トラックバックURL : http://parnassus.exblog.jp/tb/24290025
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by banyan10 at 2015-07-03 21:32
まずまず個体数も多そうですね。
僕も久々に今年は山梨で撮影に困らない程度の雄を観察しましたが、群馬では貴重ですね。
交尾が2組とはタイミングも最高だったようですね。
産卵や卵も撮影したいのですが難しいですね。
もっともヒメシジミも産卵は未撮影です。(^^;
Commented by parnassus at 2015-07-04 08:49
Banyanさん、お久しぶりです。
環境のよさそうな場所ではなぜかすごく少なく、周辺にたどった場所で撮影できました。
ここ数年、山梨もとても少なくなっているようでしたので、今年は数の多い年当たり年なのかも?これから長野のフィールドも期待したいところです。
今まで未撮影だった交尾がいきなり二組とはボーナスでした。
産卵、卵もミヤマシジミに比べて、みるチャンスがないですね、確かにヒメシジミでも。
Commented by 浅間の煙 at 2015-07-04 08:57 x
これが斑紋融合の個体ですか、ヒメなどではかなり多く見られますが、アサマだと探索母体数が少ないから珍しいかも知れませんね。
交尾ペアを2組も撮影とは恵まれた環境の様ですね。
軽井沢の個体のUPを是非見てみたいですが、今期はもう無理でしょうか?
Commented by parnassus at 2015-07-04 09:08
浅間の煙 さん、さっそくにありがとうございました。
「斑紋融合」というのですか、、原子力用語みたいですね(笑
ヒメでは多いですか?当方の探し方が悪いのでしょうね、今年は注意したいです。
交尾2組は、特に日がよかったに違いなく、自分の中では久しぶりの大ヒット。
軽井沢のもの、今年はつゆらしい天気ですね。
満足できるレベルではなくも過去に撮影してますが、当ブログにもHPにも未掲載です。探してみたいと思います。
名前
URL
削除用パスワード
The Original by Sun&Moon