登山道の管理日記
parnassus.exblog.jp
Top
埼玉県指定天然記念物「赤平川の大露頭 ようばけ」2016
2016年 01月 17日 |
c0043361_2312148.jpg昨年(2015年)11月の報道です。(県政ニュース

「国の文化審議会は、平成27年11月20日(金曜日)開催の同審議会文化財分科会の審議・議決を経て、埼玉県にある6つの露頭(地層の露出した崖)と県立自然の博物館所蔵の9件の化石標本を天然記念物に指定するよう、文部科学大臣に答申した」そうです。

名称は「古秩父湾堆積層及び海棲哺乳類化石群」という豪壮なもの。

答申を受け、再来月、2016年3月頃に、国(文部科学大臣)指定の官報告示が行われる見込みとか。
告示されると、正式に国の天然記念物となります。



 今回の特色として、「ある地域の一つの地質時代の「ストーリー」が評価され、複数の露頭と化石群がセットで指定される」という「複合指定」は日本初であるということ。
あるテーマでのストーリー立てによる評価という手法(理由づけ?)は、最近の世界文化遺産では定番となっている気がしますが、とうとうその考え方が日本の文化財にまで?

地元にある文化資産が国の文化財に昇格するのは、誇らしくうれしいことなのですが、複合指定の方法は、個人的には、価値がわかりにくくして、どうも好きじゃないですけど。

さて、前置きが長くなりましたが、このナウでホットな「古秩父湾堆積層及び海棲哺乳類化石群」、その構成資産を代表する存在であろう大露頭「ようばけ」を訪ねました。

 その存在は昔から気になるものでしたが、実際に訪ねるのは、恥ずかしながら初めてです。
「ようばけ」って名前がとにかくキャッチ―ですわな。ちなみに、「ようばけ」とは、夕方「陽」が当たり輝いて見える「はけ(崖)」の意味だとか。
あ、昨年の平成27年3月13日に「赤平川の大露頭 ようばけ」という埼玉県指定天然記念物に指定されています。
c0043361_235288.jpg
ややこしいけど、国指定後は、単体としての埼玉県指定天然記念物と、国指定天然記念物の構成資産のひとつとしての重複指定という状況になるのでしょうか。
それと、「日本の地質百選」にも選定されているということです。

まずは、近くに建てられた「おがの化石館」を目標にアクセス。
c0043361_2332037.jpg
お、化石館の横からもよく見えだしましたよ。

川の近くには公衆トイレも整備されてました。
c0043361_233581.jpg
ようばけ観光者用でしょうか。
化石館の先の道にも大きくないですが、案内標識が立てられていました。
c0043361_234848.jpg


河原まで下るのは狭い未舗装路・・
c0043361_2343227.jpg
危険のため降りるな、とありますので、まあそこまで行かずともと、上から撮影。
c0043361_2344975.jpg

どうしても、手前の建物や木々が重なります。
ここという観望台は現在のところ整備されていないようです。

でも、さすがに大きいな。高さ約100m、幅約400m。
そして、明瞭な地層。
c0043361_236118.jpg

c0043361_2361976.jpg

時期は、約1,550万年前、再び浅海となった古秩父湾では、多くの海棲哺乳類が繁栄した時代の地層。
ここから出たものではないですが、パレオパラドキシアもその時代。
宮沢賢治も、大正5年、盛岡高等農林学校2年次のときに地質巡検で訪れたとか。

化石館の2階ベランダもよく眺められる展望スポットでした。
c0043361_2365349.jpg
「おがの化石館」については、別記事で。
午後の日が岩肌を照らすこの時間帯こそ「ようばけ」たる姿ですかな。
c0043361_237632.jpg


秩父エリアで、ジオパーク秩父としても登録されてるんですね。
c0043361_2382435.jpg
ジオパーク制度はよくわからん世界ですが、館内では色んなガイドパネルが作成されていました。

(取材日・情報現在:2016/01/16)

参考:
小鹿野町ページ(祝 国指定天然記念物の答申)
ジオパーク秩父Webサイト


[PR]
by parnassus | 2016-01-17 10:27 | 文化財 | Trackback | Comments(2) |
トラックバックURL : http://parnassus.exblog.jp/tb/25192201
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 浅間の煙 at 2016-01-21 09:32 x
地質学にも興味をもたれて?珍しいポイント探索紹介興味深く拝見しました。
実はこの下流4Km位のところ、吉田取方総合運動公園があってその川原では車横付けで目の前に同じ様な光景が見られます。
隣接する「星音の湯」があって時々行くので川原に降りて眺めて来ます。
あれって「ようばけ」と言うんですね。初めて知りました。(笑)
Commented by parnassus at 2016-01-22 12:48
浅間の煙さま、ありがとうございます。
地質学に興味というか「地域学」みたいなことで、これから地元を見直すことを余暇に少々・・
>この下流4Km位のところ、吉田取方総合運動公園があって
お、まさしくそれが構成文化財のひとつ「取方の大露頭」ですね~。
この日にそっちも取材できればよかったですが、遠くない場所なので、また後日、、って
「星音の湯」に行かれますか!
あそこは、当方には(ごにょごにょ)なんで、1、2回しか行ってませんが、意外でした。
あ、今年もどうぞよろしくお願いします=
名前
URL
削除用パスワード
The Original by Sun&Moon