登山道の管理日記
parnassus.exblog.jp
Top
2016ダンダラロード・その2「宮城の姫に会いたくて」1日目
2016年 04月 18日 |
c0043361_23165071.jpg今シーズンは、自分のまちのフィールドロードに力を入れたい、、と誓ったはずであるが、またしてもダンダラロードに出向いてしまう。

上越のギフチョウに続き、ラベルへのこだわり・・
昨年は、曲りなりであったが秋田県のヒメギフチョウ(小町姫@当社呼称)に会えた
今年こそは、宮城県のヒメギフチョウに会いたい!そのフィールドも目にしたい。

宮城県での出現時期は、とても早いようである。
いつ行く?もう今デショ!(~~;)
しかし、前夜、熊本での大地震のニュースの中。
なんとも申し訳ない気分だが、計画遂行させていただく。

宮城の姫は、まったく初めてだが、なんかハードル高そうに想像する・・
初トライとしては、極核心地へ向かうべきだろう。
例により具体的なポイント情報はないが、インターネット情報を参考に、某公園へ向かった。

よく手の入った美しい雑木林の里山環境であった。




天気予報は、暴風の大荒れ注意を唱えるが、日差しはあるが、そのとおりすごい風が吹きすさぶ。
とりあえず、ここは生息地に間違いないのだろうから、生息の痕跡にあたるべくウスバサイシンを探した。だがいっこうにみつからない。

管理事務所には、ここで撮られた姫の写真が掲示してあった。
管理人さんに訪ねてみると「よく聞かれるんだよね」と、そのリュウキンカの花の場所を教えていただいた。
水辺のそのあたりもいまいち雰囲気がない。
どこか近辺にウスバサイシンの発生地があって、そこから飛来しているのであろうな。
それにしても、オイラには、深山のチョウとのイメージが強い中、こんな里に近いところが生息地なのか不思議だ。
c0043361_23361027.jpg

桜が、満開である。また、新緑もにぎやかになっている。これはちょっと遅いかという雰囲気でもある。
今年は、やはり進みが早いようだ。

よさそうな雰囲気のところを探索しながら、標高を上げていくことにした。

大雑把にはこのあたりに生息するはずというところ。
林の表を見ていても飛ぶ気配なし、、また、ウスバサイシンは相変わらず見つけられない。
この地では、サイシンの密度が薄いのか?オイラの目が悪いこともあるが、、
c0043361_2336226.jpg

カタクリの花が一面に咲いて、自然度の高い、とても雰囲気のよい谷筋へ踏み入ってみる。
中は、風除けになる地形でで日差しも暖かだった。

「ここで見つからないとキビシーな~!」つい独り言が出てしまう。

しかし、しばし待っていると、探勝飛翔してくるオスとみられる個体がやってきてくれた。
c0043361_23365126.jpg

宮城のヒメギフと初対面がかなった。
c0043361_2337053.jpg

しかし、なんと敏感で近づかせないこと。

ポートレート
c0043361_23375895.jpg

かなりすれた感じだけれど、尾はふたつそろっている。
とりあえず、証拠写真は押さえられ、まずはやったー!最悪の厳しい状況は脱して、一安心。

いるのはこの1頭のみとみられた。
10分おき(もっとか)くらいに、巡ってきてワンチャンスという感じ。
暴風に雨粒が混じって吹き付けてくるおかしな天気になってきて、活動終了。

この辺が生息地ならと、引き続きサイシンを探すが、やはり見つけられず。

尾根を登ったり下ったりしてるうち、偶然にサイシンの自生地を見つける。
その場所ではけっこうの密度で生息していた。
c0043361_23384362.jpg


葉を裏返すと、いくつ目かの葉ですぐに卵が見つかった。
よっしゃ、ここが発生地。そして、もうとっくにメスの時期になっていたのだ。

そして、いくつもの葉に産まれているのを見つける。
c0043361_23395573.jpg

サイシンの自生地が少なそうなので、狭い場所に集中しているのかもしれないと思われた。

時間がまだあるので、明日に向けて、よさそうなところがないか散策。
数か所で、サイシンがある所を見つけられた。明日の天気に期待だ。

この地は、シュンランがかなり見られてうれしい。
c0043361_23414938.jpg

埼玉でもなくはないけれど、そうそう沢山は会えないもの。

ところで、宮城のヒメギフをなんと呼んだものか。
東北「みちのく姫」ではあるわけだけれど、昔の国名にならえば、「陸奥姫」となる。
ただ、陸奥国は、岩手、青森まで包含してしまう範囲になるようだ。
宮城県ならではの名はないものか。
仙台藩という範囲で考えるなら、「伊達姫」とか?
うーん、もう少し検討してみるか。多くの方には、どうでもいい話だった。

我ながら、ひどい駄文におつきあいありがとうございました。

(撮影日:2016/04/15)
[PR]
by parnassus | 2016-04-18 22:41 | チョウに会える道 | Trackback | Comments(2) |
トラックバックURL : http://parnassus.exblog.jp/tb/25523235
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by himeoo27 at 2016-04-19 20:05
伊達ヒメ撮影おめでとうございます。
ギフチョウより少し儚げな「ヒメギフチョウ」
可愛いですね!
Commented by げん@宮城ビギナー at 2016-04-19 23:24 x
ヒメオオさん、ありがとうございます!
伊達の姫さまに、なんとかまずは会えました。えがった。
おっしゃるとおり、少し線の細い感じですよねえ。
ヒメオオさんの名前って、ちょっと関係ありますね(^m^)
名前
URL
削除用パスワード
The Original by Sun&Moon