登山道の管理日記
「パルナッソス山へ」管理人たにつちの日常。温泉は泉質主義でひなびほど良し。蕎麦屋めぐり、日本の美・チョウ・花・山の撮影など。ニッチでディープを心に留めたい。Discover Deep Japan!
by parnassus
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
parnassus.exblog.jp
ブログトップ
2016ダンダラロード・その3「宮城の姫に会いたくて」2日目
2016年 04月 20日 | |
c0043361_057243.jpg
実は、今回のロード直前、SONY DSC-RX10M2 を導入した。

ハイスピード動画では、CASIO機がいぜん512x384pix(240fps時)であるのに対して、1,824x1,026pix(240fps時)と圧倒的な高画質。(撮影時間は2~4秒分だが)
海野先生も昨年度からこのRX10M2でのハイスピード動画を積極的に掲載しているところだし。
スチル20メガ画質で、最高14コマ/秒の連写性能にも期待したい。
また、4K動画に対応していることも、今後のことを考えると、魅力に思えた。

ポチッと注文したやいなや、TEL端600㎜までに大幅パワーアップした後継のRX10M3の発売が報道されたという、見事なオチがついたが・・orz
ま、こちらの発売は5月20日だそうだ、、それを待てないしな。。

とはいえ、初日にはまったく出番がなかった。2日目、実戦使用できるだろうか。



昨日の探索で一番よかろうとの場所へ向かう。遠くの山並みに今日の好天を祈る。
c0043361_0585066.jpg

この夜は冷え込んだ。
出遅れたが、気温が低いから、まだ大丈夫だろうと思っていたら、現地ではもう活動を開始していた。

カタクリに吸蜜
c0043361_0591071.jpg
SONY DSC-RX10M2 ;Dual

RX10IIには動画撮影中にも、自動で記録的に撮ってくれる「オートデュアル記録」というものがあるのだった。
サイズは、設定できるようだが、これは初期設定?の1280×720pix。それから切り出した画。
※これは、デュアル撮影ではなく、動画のサムネイル画像用に自動保存される画像でした。

撮影時にはわからなかったが、動画を見直すと、このメスは未交尾だった。

ほどなく、福島からというオジサン(Sさん)がやってきた。
オイラと同じく、ここには初めて来られたというが、地元の方に教えてもらったとのことで、それなりに有名な場所だったらしい。

メスのポートレートゲット
c0043361_151656.jpg
NIKON D7100+TAMRON SP AF90mm F2.8 DI MACRO

残念ながらかなりすれている。
これだけ環境はよいのだろうに、たまに現れるくらい。。
やはり、そうたやすくはないなあ。

産卵したがってる様子、サイシンへの執着を観察していたが、産卵シーンに至った。
c0043361_171970.jpg
NIKON D7100+TAMRON SP AF90mm F2.8 DI MACRO


同じ構図をRX10IIのスチルで比較
c0043361_182225.jpg
SONY DSC-RX10M2 f/2.8


D7100の方はトリミングしたが、ともに色調補正などしていない。

RX10IIのボケ味はかなり使えると思う。

ここで見られるのはメスばかりだった。全部で4頭はいたか。時期としてはやや遅かったよう。
ただし、貪欲に産卵を繰り返す様子を観察できた。

かなりの頻度で産んで、たくさんの葉に産まれているのに、成虫の数は多くないところ、成虫にまで残る率は少ないのか?
c0043361_1103037.jpg
SONY DSC-RX10M2 f/2.8


綺麗なメスのポートレートも成功。
c0043361_110519.jpg
NIKON D7100+TAMRON SP AF90mm F2.8 DI MACRO

とても「色白」美人であるなあ。やーよかった~!

1度だけ、探勝して巡回するオスがやってきて、吸蜜シーン。
c0043361_1112427.jpg
NIKON D7100+TAMRON SP AF90mm F2.8 DI MACRO

Sさんは、カタクリとのショットを撮りたいといっていたが、満足した画像が撮れただろうか?

ところでRX10IIの初使用で、設定や扱い方にやはり不慣れなせいもあり、とくにハイスピード撮影(HFR(ハイフレームレート))では、何度とシーンを撮影失敗してしまった。orz
慣れないせいとはいえ、まぎらわしい操作だ。。プンスカ
単純な、飛び立ちのシーンでさえも撮れたのは2カットのみだった。

またマニュアルでのピント合わせが肝心なときに残念なことに・・(T0T)
不器用なオイラだが、「直感的に操作できる」とかいうSONYの説明には、疑問を呈さずにいられない。
また使用しての感想は、別記事にてほざきたい。

再び産卵シーンに出会える。
c0043361_121496.jpg
SONY DSC-RX10M2 ;Dual

オートデュアル記録をそのままノートリミング、ノー補正で参考に。16:9の比率となる。
※これは、デュアル撮影ではなく、動画のサムネイル画像用に自動保存される画像でした。

先の産卵の様子は、通常の4K動画で撮影できたハズだ。
これまた編集するには、PCのマシンパワーが必要になるようで、作業できるのかわからない。
そのうち、できたらYoutubeアップしたい。

c0043361_112190.jpg
午後を回ると雲ってしまった。
予報と違って、気温が上がらなかった一日となった。陰ると、肌寒い。
昨日よさそうに思えた、より標高の高い場所を確認することにした。
なんということのない沢が美しくて、東北のポテンシャルを感じる。
c0043361_122346.jpg
あらためて探すと、こちらでも産まれている卵塊を見つけた。
c0043361_1225473.jpg
NIKON D7100+TAMRON SP AF90mm F2.8 DI MACRO

ここにも生息してるのを確認。ここももうメスの時期になっていたらしいが。

ポートレート、産卵、卵、といくつかの生態が撮れて、もっと色々という気になったが、それはぜいたくか。
山形姫の毎度手厳しい状況に比べれば、成功の御の字、、宮城ビギナーズラックへのお目こぼしと思うべきかもしれない。

また、来シーズン以降にも期待できそうに思えたのは成果。
c0043361_7453919.jpg
SONY DSC-RX10M2

お約束のゲン担ぎヤマザキのコッペパン、、
今日はイチゴマーガリンがなくて、あんこマーガリン、、来た甲斐があったので、祝していただく。

(撮影日:2016/04/16)

[PR]
by parnassus | 2016-04-20 21:54 | チョウに会える道 | Trackback | Comments(2) |
トラックバックURL : http://parnassus.exblog.jp/tb/25523277
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by himeoo27 at 2016-04-23 19:50
新兵器を使った伊達ヒメ撮影慣れない中
苦労されたようですね!
これからの成果を期待しています。
Commented by parnassus at 2016-04-25 00:06
ヒメオオさん、新兵器はまだなれませんけど、なかなか面白そうです。
使いこなせるように手になじませるのが、今シーズンの課題になりそうです。
名前
URL
削除用パスワード
<< 秋保温泉共同浴場(源泉:秋保温... ページトップ 2016ダンダラロード・その2... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original Skin by Sun&Moon