登山道の管理日記
parnassus.exblog.jp
Top
2016西風ロード・その4(鈴鹿のキリシマなど【後編】)
2016年 07月 30日 |
c0043361_9193078.jpg

最終日の3日目、、どうしたものか。

2日目に首尾よくキリシマが撮影できれば、関東から遠い地だけに、信州のチョウでも押さえながら帰ろうかという計画だった。

前日使った機材はD5200だけに、動画を撮るという頭が全然なかったが、今シーズン、というか今回のロードは「動画撮影」こそが目的だったわけで、、
だから、不自由はあるがD5200での動画撮りをできる範囲でトライしようということにした。



場所は、結局3日とも同じところでがんばることになった。それが正解かわからん。が、観られるだろう確実性にかけた。

晴天ではないけれど、この最終日は、一番、朝のうちから日が差していた。

8時、現地到着、ぷらぷらしながら待っていたが、本格的な活動開始は、結局10時まわってからとなった。

待ってる間には、休日だけに、採集者グループ、関西ナンバーの車が何台などやってきた。
オイラの次に来たのは、渓流釣りの兄ちゃんだったけれど、それ以外はチョウ目的と見られた(笑
超有名な場所からはちょっと外れた場所だというのに、やっぱりそれなりのもんらしい。

名古屋ナンバーのお兄ちゃんとカノジョ?のネット・カップル(っていうとパソコンマニアっぽく聞こえるね)。
お兄ちゃんはチョウ歴が長くて、この周辺にも色々詳しいよう、以前はたくさん見られたそうだ。
今年は、全般に少ないんだとか。待っているときは雑談も楽しい。ありがとうね。

また、尾張小牧ナンバーのベテランEさん。彼によると、以前はここはクロシジミももっともっと多かったとか。
ここではなくて、撮影者が集ってる場所がいくつかあるとか。それは、来シーズン以降だな。
お話できて、知り合いになれてよかった。関東甲信越の方にも、来てください。

ほかに、三脚+長玉をかまえているオイラに、車の中から、何撮ってるんだと何人も聞いてくる、、
「あんたと探してる物は一緒だよー」と言いたいが、「遠いですけどたまに飛びますよ~」と対応するも、しまいにはもう面倒になってきて、「鳥ですよ~」とウソぶく。

【D5200での動画撮影】
デジ1での動画は、スペック的にはFHDで,60iが最高品質。
撮影でそれぞれの優先モードは使える。
4Kではないけれど、これだけみれば悪くない画が撮れそうにも思える。

しかし・・

1眼での動画撮影は、バリアングルの液晶モニターに切り替えて撮影することになるが、これが野外では、まず使いもんにならないことに思い至る。

微妙なフォーカスが要求されるのだが、この画面で直接作業は無理だわ・・
また、50-500mmなんて望遠になると、いったどこがファインダーに写ってるか(切り取ってるのか)の認識も非常に困難。

黒いタオルで応急に往年のカメラマンのごとく、カメラごと頭にかぶせて光が入らんように工夫してみたけど、やっぱり、ダメだ。

チョウを動画で撮ろうというのは、クリアなファインダーでのぞいて操作できるからこそやる気になったこと。
だから、Sony機でこそ、動画によるチョウ撮りを始めたんだった。

それでも、できうる最大限の努力はしたさー。
葉に止まったときの微妙なフォーカスは、液晶モニターを解除して、ファンダに戻して、のぞきピント合わせ、、
そして、また液晶モニターに戻してから、撮影開始ボタンONという煩雑さ。。

飛翔を追いかけるときなんかのレンズの方向は、もう勘だのみ。
どれだけ写せたやらだが、へぼな腕でやれることのトライした結果なんで仕方ない。

以下、止まったときにスチル撮影した画像からトリミングしたものを掲載
c0043361_931693.jpg


角度によるとすごい輝きだよ
c0043361_9314010.jpg


白い裏面をもっと写したかったんだが、、
c0043361_932222.jpg


これらのわずかなカットが、今回の遠征の写真の部のほぼ全成果。
そして、また多くはないだろう画面に収まった活動の映像が、動画の部の全成果。

動画編集アップは、鋭意作業したいと思うんで、、待っててや。

今回の反省をふまえ、体制を整えてまた次回(来シーズン以降)臨むことになるだろう。


前編、後編と、ひどい駄文に最後までおつきあいいただき、ありがとうございました。(おわり)
[PR]
by parnassus | 2016-07-30 09:57 | チョウに会える道 | Trackback | Comments(2) |
トラックバックURL : http://parnassus.exblog.jp/tb/25855592
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by banyan10 at 2016-07-31 15:30
距離はあるのだと思いますが、キリシマらしい緑色が出ていて良いのではないでしょうか。
同行した静岡のポイントは昨日行きましたが、逆光で緑色にはならないです。
最後の2枚くらいの色で撮影したい蝶ですね。
カメラは災難でしたね。
僕も常念の下りの夕立でボディとレンズが動かなったことがありましたが、レンズの方は復活して最小限?の出費で済んだことがあります。ボディの方は修理代の方が高くて中古で購入して今も使っています。(笑)
Commented by げん@メーカーからの連絡はまだ at 2016-07-31 22:14 x
Banyanさん、こんにちは。
そうなのです、、光る姿で撮るには、上から目線wにならねばならず・・
高い梢で活動するこのチョウの場合、こういう撮影ポジションもやむえないかと、今回は割り切った次第です。
静岡ポイントでもけっこう見られたようですね、、そっちの方が近くていいかなぁ・・安全だし(笑
カメラは、ほんとがっくりです。今シーズンの撮影は、絶望的カモです。。修理がきくかどうかもわかりませんし・・
名前
URL
削除用パスワード
The Original by Sun&Moon