登山道の管理日記
parnassus.exblog.jp
Top
11月中にあったメモっておきたいこと
2016年 11月 30日 |
しばらく、こちら利用してなかったけれど、11月に起きた特筆すべき2点をせめて自分用にメモしておきたい。

1 また福島県沖でM7.4の地震が発生

22日、午前6時前、発生時は寝床の中。さすがに地震と気づいた、うつらうつらの中けっこう長いなとは思ったが、実際どれくらいだったか。
起床すると、TVでは津波に注意!のニュースがずっと流されて、普通の地震とはまるで異なっていて、異常事態の雰囲気だった。
結果論としては、多少の津波が陸上に乗り上げるほどのことはなかったようだ。しかし、津波の予測段階ではどうなるかわからないんだからあれで正解。
最大震度は5弱ほど。大きくとらえれば、東北地方太平洋沖地震の余震。まだある可能性は高い。そして、そのひずみは茨城から千葉にかけて蓄積してるんじゃないかという気はするが、これはオイラのデタラメ推量。

2 記録的な11月の降雪

24日には広く雪が降った。
11月の降雪は、東京や横浜、甲府で1962年以来54年ぶりだという。都心にいたっては、気象観測を始めた1875年以来初めての、観測史上初ということだ。
当地でも午前中いっぱいかなり降った。公園の木々はちょうど紅葉で、紅葉にあれだけ雪が積もる光景は、50年に一度のものだったのかも。
カメラもっていなかっただけに、おしいチャンスだった。
道路上の雪は解けて、翌朝に凍結危険ということにならなかったのは幸いだったろう。
54年前のときは、翌昭和38年サンパチ豪雪と呼ばれる大雪の年になったらしい。今年は暖冬になるんじゃなかったのか?果たしてどうなるのだろう。

地震にしろ異常気象にしろ、列島が自然の力に翻弄されている状況は、「劇場型か?」と思えるほどほんとに続いている。

[PR]
by parnassus | 2016-11-30 22:14 | 日記 | Trackback | Comments(0) |
トラックバックURL : http://parnassus.exblog.jp/tb/26209673
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード
The Original by Sun&Moon