モレスキンノート的な・・

あの~突然ですが、あなたは、モレスキンノートって知ってました?
オイラは恥ずかしながら知りませんでした。

「モレスキン」って新聞で見かけて、なんじゃ?とどんなものか興味をもったわけでつ。
語感からは、「漏れスキン」っていかがわしいものを想像したのですが・・

結局のところ、表紙がしっかりしてる他には、機能的にプレーンノートとどう違うのか不明でした・
実際、品質は高いようですが、普通のノートでも代用できなくはないようです。
肝心なのは、つまりその使い方に鍵があって、結果、自分にとって意味のあるものになるということと理解しました。




解説ページや某ハウツー本の「人生を入れる」というキーワードが示すもの・・
自分の興味もったこと、考えたこと、思い出の断片などの記録と蓄積・・その結果ノートに盛り込まれたことが、自分自身のパーソナルにおのずから近づいていくという。
わかる気はしました。
「ノート」っていうと、その使い方にオイラの理解とギャップがあるんですが、使い方をどうと決めつけないで、白紙のキャンバスとして自由に使う。
日々そこに積み重ねていく意義はあるでしょうね。

一方で、使い方の問題なら、紙の手触りはないけど、ブログ上でも同じようなことはできると思いましたね。
どうしてもブログの記事は見られるもの、読んでもらうものであることを意識しないわけにはいかないですけれど(こんなブログでもなw)、それが理由にアップ頻度が極端に減ってしまう(要は使わない)のは本末転倒。

モレスキン的に、感想や興味の断片を残す、まったくの未成熟な形であってもいいのだと思った。

未成熟な印象をかけ流す使い方なら、ますますSNSがそぐうような気がしたんですけど、後々、未来の自分が読み手になって、観返して感じたことを追体験するというパーソナルなユースには、ブログの方が丁寧に作れることができて適しているんじゃないかと思います。

そんなことで、第3者の視点を置いていく、なんじゃこりゃ的な、記事が増えていくようになるかもしれませんけど、まあよろしく。

[PR]
トラックバックURL : http://parnassus.exblog.jp/tb/26250356
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード
by parnassus | 2016-12-19 23:12 | ニューカマー | Trackback | Comments(0)

「パルナッソス山へ」管理人たにつちの日常。温泉は泉質主義でひなびほど良し。蕎麦屋めぐり、日本の美・チョウ・花・山の撮影など。ニッチでディープを心に留めたい。Discover Deep Japan!


by parnassus
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30