登山道の管理日記
「パルナッソス山へ」管理人たにつちの日常。温泉は泉質主義でひなびほど良し。蕎麦屋めぐり、日本の美・チョウ・花・山の撮影など。ニッチでディープを心に留めたい。Discover Deep Japan!
by parnassus
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
parnassus.exblog.jp
ブログトップ
荒川の首に大けがをしたコハクチョウを見に行った!2017
2017年 01月 21日 | |
c0043361_23435232.jpg

全国的にはご存知ないかと思いますが、、

1月17日付の埼玉新聞や朝日新聞(埼玉版)は、深谷市畠山の荒川で、首にけがを負っているコハクチョウが見つかったことを報じました。

素人目にもその傷は相当深く、痛々しいですね。やばい感じ・・


健気にも、ほかの白鳥とは離れて元気なくうずくまっていることが多く、餌は浅瀬で休みながら、どうにか食べていたということです。

その後、いったいどうなったでしょう?ジモなんで、見に行きました。
かなり突貫作業でしたが、動画撮影でYoutube用も作りました。ご覧ください。


以下は、普通のブログ記事としてジャーナります!動画以上の情報があるかな・・保障のほどはないですがご覧あれ・・




2017年も変わらずハクチョウがやってきていました。数は40~50くらいかな。
c0043361_23442363.jpg
場所は、昨年掲載したポイントと同じ、植松橋上流例の河川敷です。
c0043361_23534714.jpg
そんなに多くありませんが、訪問客やカメラのおじさん(オイラもね)、たぶん毎日のように来ている地元のオジサンなどいました。

昨年のように、たまにオジサンがパンを投げると、それを目当てにフィーバーが起こり、また、一斉に羽をばたつかせるので撮影チャンスになるのでした。
しかし、そんなことはどうでもよい・・

群れの中に、怪我をしたハクチョウは見つけらません、、
オジサンに尋ねることにしました。

「おととい来たときはいたけどね~。今日は見てないな~」ということ。
場所も移るものでしょうか。

しばらくして、オジサン
「あ~あそこあそこ!」と教えてくれました。

群れと離れて、遠くの浅瀬にまるくなっている白いものが見えました。
撮影してると、動いたときに首にリングのように傷が見えました。

いた!
まだ、とにかく健在です。

そのうち、泳ぎだしました。
c0043361_23540187.jpg
また、水を飲んだり、餌も探して傷の部分まで水につけたりも観察できました。
c0043361_23541993.jpg
ともかく、元気なようでよかった、、です。
仲間と鳴き交わすこともできるくらいですから。

自力での回復がいけそうな感じです。オジサンによると餌も食べられるようになったとか。
感染症とかはまだ心配ですけど、、無事に元気になってほしいです。

行かれる場合は、そっと見守ってあげてください。

(撮影日:2017/01/21)



[PR]
by parnassus | 2017-01-21 23:45 | 写真(山・花) | Trackback | Comments(2) |
トラックバックURL : http://parnassus.exblog.jp/tb/26339447
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Sippo5655 at 2017-01-24 21:35
痛々しいですね・・・
やはり、釣り人の?
動画も拝見しました。
感染症が心配ですね。
人間はどこまで自然を壊して平気でいられるのでしょうか。
他の命を傷つけるような行為は
いかなる理由があっても、してはいけないと思います。
どうぞこの子を見守ってあげてください。
Commented by parnassus at 2017-01-24 22:55
Sippoさん、やさしいお言葉をありがとうございます。
本日(24日)は読売新聞の埼玉版のとこで、記事が出ました。「元気」って扱いでした。
まだまだ痛々しいですが、感染症にならなければ、動画でご覧のとおり、元気そうで、回復しつつあるようです。
原因は、釣り糸みたいなものでしょうかね。命を落とす鳥も少なからずいるのでしょうから、この子は不幸中の幸いかもです。
名前
URL
削除用パスワード
<< 穂波温泉(南協温泉?)「元湯」... ページトップ レスピーギ作曲「グレゴリオ風の... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original Skin by Sun&Moon