赤城山deクロカンツーリング2017

スケートの技術を磨くのに余念がないと拝察していた「ときどき軽井沢」のkoechel581さん(以下「kさん」)が、近頃クロスカントリースキーを導入されました。
氏があちこちのフィールドをクロカンで試される中「赤城山はクロカンの超穴場ではないか」ということを発見され、ご自身のブログでご紹介されていました。

赤城でクロカンがやれるなら、北埼玉のオイラにとって、至極便利なフィールドになる!
kさん記事に触発され、オイラもいきおいで安いクロスカントリースキーをセット購入。
c0043361_11083154.jpg
おニューのクロカン・・ただし安物
(G8の動画から切り出した画。よって縦横比16:9)

そして、Kさんのご案内のもと、赤城でのクロカンツーリングに行ってきました。
(3.11の日ですが、そのことは心に留めつつ・・東北に向かって方手拝み・・)




朝、赤城山頂へ向かうにつれて道路の雪も増え、箕輪あたりから先は路面も雪で覆われはじめ、ハンドリングに失敗するとスリップも。

気温もぐんぐんと下がっていき、大沼へ峠を超えようとするときにはマイナス7度の表示
最初、どこまで車で行けるだろうと鳥居峠まで行けたのですが、防風吹きすさぶ状況。あやうく手袋をなくしかけました。
天気予報では高気圧に覆われおだやかなんじゃなかったっけ?

赤城なめていたわ・・3月とはいえ、冬の標高1500mだものね
c0043361_11090159.jpg
しかし、すぐ近くに仰ぐ、駒ヶ岳や黒檜山は、霧氷でお化粧して輝いておりました。

あ、また、導入したLUMIX-G8の本格的なフィールド実践になります。
荷物はあまり携行できないので、G8+レンズ14-140mmのみという最小限の機材。完全手持ち撮影でのスチル&動画撮影テストになりました。
この記事の画は、すべてG8によるものです。
ちなみに、フォトスタイルはほぼ「風景」、雪景色は露出補正+2/3で多く撮りました。アップの際に簡易な色調補正はしました。

さて、最初のフィールドは、覚満淵
c0043361_11093380.jpg
全面が雪でおおわれ、ごくゆるい斜面のゲレンデと化しています。
周囲は明るい林の中の散策路がぐるりと回り、そのツーリングも最適
c0043361_11100448.jpg
c0043361_11103131.jpg
(マイクロフォーサーズ機なので、スチルの縦横比はこのように4:3)

c0043361_11140290.jpg
歩きはじめてすぐに、ウソに会えました(ホントですよ)

c0043361_11144065.jpg
地蔵岳を左手にながめる

久々のクロカン、基礎もない上、久々でぜんぜん滑れないんですけど、歩いてまわるだけでもなんと気持ちのよい!
風はまだ吹いてますが、動けばぜんぜん問題ないですね

次は、覚満淵道向かいのビジターセンター脇のスキー場、ここ今はもう営業してないのかな?のゲレンデを拝借
c0043361_11151039.jpg
ゆるい斜面でもクロカンでスピードコントロールや曲がるテクニックなどを、と思いましたが、まるでダメで転びまくり。

大沼湖畔の蕎麦屋で食べて・・
次は、大沼の湖面滑走へ。

ワカサギ釣りの客がまだまだ多くきていました。
c0043361_11152546.jpg
広大な大沼の湖面をツーリング、ダイナミック
しかもこんなことやるパーティは、オイラとKさんの二人きりの貸切状態、何ともぜいたく!
黒檜山などへの冬山登山の客はずいぶんたくさん来ているのですね。

最後、初夏にはレンゲツツジがきれいになる新坂平の周辺、
c0043361_11154237.jpg
ありがちな画ですが、木立の影がつくるラインが美しかった
c0043361_11161380.jpg
c0043361_11162146.jpg
G8+14-140mmつけっぱなしのごく最小限の撮影システムでも、一般的な風景ならオールマイティに行けそうですね。

いやあ赤城でのクロカンツーリング、いいですわ!
3月中旬ということで、雪の状況などどうなのか疑問もありましたが、さすが標高1500m、まだまだ大丈夫。4月に入ってもできるでしょうね。

今シーズンもう何回か行ってしまうんじゃないかと思います。
c0043361_11162558.jpg
春待ちの白樺の樹が青空に映えてました

Kさん、一日、たいへんありがとうございました。



(2017/03/30追記)当日のクロカンツーリング、G8の手ブレと内臓マイクのテストの観点から動画にまとめました。よろしければぜひご覧ください。




[PR]
トラックバックURL : http://parnassus.exblog.jp/tb/26496607
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by koechel581 at 2017-03-13 21:32
たにつちさんにはちょっと物足りないフィールドじゃないかなと案じてましたが、気に入って頂けて良かった! ロングコースこそありませんが、いろんな遊び方が出来る所ですよね。
それにしても私の写真、まったく「クロカン」してませんね、脚曲がってるし(泣)。
さすが、どの写真も決まっています。改めて楽しませて頂きました。ぜひまた!
Commented by げん@絶賛筋肉痛中 at 2017-03-15 15:49 x
koechel581さん、たいへんたいへんありがとうございました。
百聞は・・で赤城でクロカン、実にありがたい穴場をご紹介くださり大感謝です。
翌日の腕や肩の筋肉痛は、運動不足のオイラには十分すぎるコースだったことを証明してます。
すいません!写真は「背景」重視になってしまい、、実際のすべり姿勢はとても美しくうらやまです。
フィールドをご一緒できること自体も10年以上ぶりでしたよね。
また、どこかの山などご一緒してください。
名前
URL
削除用パスワード
by parnassus | 2017-03-12 22:50 | 写真(山・花) | Trackback | Comments(2)

「パルナッソス山へ」管理人たにつちの日常。温泉は泉質主義でひなびほど良し。蕎麦屋めぐり、日本の美・チョウ・花・山の撮影など。ニッチでディープを心に留めたい。Discover Deep Japan!


by parnassus
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30