登山道の管理日記
parnassus.exblog.jp
Top
2017クリの花の季節・F市の西風ロード
2017年 06月 14日 |
ご無沙汰です。
季節の進みが遅めとみえていた北武蔵の当地でも、6月10日には栗の花の満開状況に。
先の週末は、市内の西風(ゼフィルス)の状況を見に周るロードをした。

始めに、昨年初めてウラナミアカを確認した、森へ行ってみる。
しかし、まったく昨年の場所では見られなかった。(天気もいまいち)
c0043361_23324655.jpg
ところで、マウントアダプターRAYQUAL NFG-M4/3 を介して、LUMIXーG8に、SIGMA50-500mmを初めてつけてみた。
そのテスト画。吸蜜してるのはルリシジミか。

被写体とは、10mくらい距離があるんじゃないかな
最望遠500mm(35mm換算1000mm)の画、だけど当たればこれくらいの、けっこう使えそうな画が撮れそうだ。




ただ、他の画像では、かなりブレた画像が多かった。

それもそのはず、やはり超望遠のレンズ暗さか、EXIFをみると、SSが1/30になっていた。
1000mmで1/30ssとは、正気の沙汰でない、あんまりだ。
これは、ボディ側のSS下限の設定の問題だから、覚えておこう。

次に、ウラゴマを確認している林へ周る。
これまた全然の雰囲気だったが、夕方活動の一環で姿を見せてくれた。
c0043361_23325040.jpg
残念ながら、かなり汚損している。
さすがに、この時期では遅すぎたようだ。
夕方飛翔を動画で撮るという課題は、今年もハズしたか・・

また、夕刻、梢でなわばり行動をしているタテハチョウを観察
距離が遠いし、空をバックにシルエットにしかみえず、同定困難だったが・・
c0043361_23325317.jpg
(トリミング)
撮影画像でみると、コムラサキでいいみたいだ。
F市では、確実に見られる場所がわからないチョウだったが、この時間帯での活動パターンは新たな発見かも。

翌日は、秩父方面へ行ったが、帰りの夕刻に、また森へ寄った。
メスのアカシジミが下草にいた。
c0043361_23325641.jpg
これはキレイな個体
夕方なのに、下草にとどまって・・
もしかするとこの日羽化した個体なのかもしれない。
c0043361_23325941.jpg
(トリミング)

やっぱり西風に会えるとうれしいね!
でも、F市内で会うのは、そうそうなことじゃないかと、何となく思い出した。

(撮影:2017/06/10&11)


[PR]
by parnassus | 2017-06-14 23:56 | チョウに会える道 | Trackback | Comments(2) |
トラックバックURL : http://parnassus.exblog.jp/tb/26742536
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Sippo5655 at 2017-06-19 22:27
今季はあまりゼフ見ていないんですよ~
いつもと行動パターンが違うせいもありますが。
それにしても、もう少し数見られても良い気がしますが、
最も多くみられるミズイロオナガをまだ見ていない><
いるところにはいるけど、いないところにはいないのか!?
Commented by parnassus at 2017-06-20 23:35
Sippoさん、毎度かたじけのおござる(わび
なんと、今季ミズイロを見ていないとな!?
って、オイラもまだ見ていませんでした・・orz
今年はなんだか天候不順のせいか、虫たちの発生も順調ではなくて、少ないようです。
せっかくの西風シーズンなのに・・お互いたくさん会えますよう、七夕にでもお祈りしますか~!
名前
URL
削除用パスワード
The Original by Sun&Moon