登山道の管理日記
「パルナッソス山へ」管理人たにつちの日常。温泉は泉質主義でひなびほど良し。蕎麦屋めぐり、日本の美・チョウ・花・山の撮影など。ニッチでディープを心に留めたい。Discover Deep Japan!
by parnassus
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
parnassus.exblog.jp
ブログトップ
キベリの一徹 高原へ再トライ(2017)
2017年 09月 03日 | |
キベリタテハ・・昨年も撮影できなかったし、今年も少ない感じだ、、やばい。
どうしても押さえておかねばという気が強くなって、また初秋の高原へ向かった。

尾根の広場にて、トンボに混じって力強く飛翔する姿あり。
今日は、いた!
今シーズンお初にお目にかかります。
c0043361_21542928.jpg




たまに巡回して姿を見せるのでとにかく待つ。
広い範囲をテリトリーに、1頭がまわっているのだと思われた。
あっという間にあっちから、こっちへ、ダイナミックに飛び回っている。
速いし・・証拠写真を超えるものは、撮れそうにない。

作戦を変えて、周辺散策
林道にて、吸水に夢中のがいた!
c0043361_21543576.jpg
近づいても逃げないで、いいモデルになってくれる。
オオイチモンジのごとき大らかさ、ありがとう!

残念ながら、翅に破損や傷もあるけれども、そんな贅沢言ってる場合でない。
こんな距離で撮影できたのは、初めてである。
c0043361_21543896.jpg
やー、これでまずは初期の目的は達成、今日は来た甲斐があった~

そのほか、吸蜜にいっしょうけんめいのシータテハや
c0043361_21544703.jpg
高標高でしか会えないギンボシヒョウモンも
c0043361_21545076.jpg
これらのタテハチョウにも、実に久々に会えた。
ここ数年、少なくなっていたのではないかな。一部のタテハの極端な減少傾向はなぜなのだろう。

再度、尾根の広場へ
一度だけ、近くへやってきて・・イタドリの花に止まった。
数秒だけのワンチャンス
c0043361_21550807.jpg
吸蜜かどうかは確認できなかったけど、訪花シーンは初めてだし、とても美しい個体で豪華な雰囲気。やった!

最後に、クジャクとマツムシソウ・・この時期の王道の組み合わせで撮れて、よっしゃ。
c0043361_21551354.jpg
会えたクジャクは本日も1頭のみ・・キベリよりも少ない?なんてこった。

(2017/09/16追記)
この日のキベリタテハの吸水と訪花の動画をYoutubeに掲載しました



[PR]
by parnassus | 2017-09-03 22:18 | チョウに会える道 | Trackback | Comments(6) |
トラックバックURL : http://parnassus.exblog.jp/tb/27267841
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by koechel581 at 2017-09-04 22:00
ご無沙汰してます。キベリタテハ、まるで貴族の令嬢の夜会服さながらの配色ですね! 
Commented by Sippo5655 at 2017-09-04 22:06
一部のタテハの極端な減少傾向・・・
そうなのですか。
一時的な減少であることを祈りたいですね。
キベリタテハ、本当に豪華な蝶ですね!
採集圧も高いけれど こちらの問題も、何とかならないものでしょうか。
Commented by parnassus at 2017-09-04 22:42
koechel581さん、こんにちは!ますます駄文に磨きのかかったブログを続けております。
そうなんですよ、お目が高い。「貴婦人」とも呼ばれる向きもあるチョウなのです、流行りの真珠の飾りが似合いそうです。
ちなみに、この翅はビロード生地でできております!(うそ
Commented by parnassus at 2017-09-04 22:49
Sippoさん、ありがとうございます。
極端な減少傾向は、個人的な印象半分ですが、特にクジャクチョウなどは(キベリもまだ?)それが当てはまる状況のようです。
どういう理由か、そう簡単には明らかではないでしょう。復活することを期待するばかりですね。
吸水のキベリ撮影中、ネットマンがやってきたのです。「これはだいぶ破れてるから、ぜひ来年のために・・」と伝えました。
撮影してオイラが立ち去ったあと、来年のことを考えてくれたでしょうか。
Commented by clossiana at 2017-09-19 15:29
個人的には最初の写真が好きです。何か黒い蝶が飛んできて、しばらく見てて、「アッ、キベリだ!!」ってシーンを一緒に体感出来るからです。イタドリへの訪花シーンも貴重ですね。口吻が確認出来ませんが、やはり吸蜜だったんでしょうね。不思議なのは、あの乾いた石や地面でのシーンです。あんなんで何かを本当に吸えるのですかね。吸おうと思ってはいるのに実際は何も吸えていないような気がしてなりません。ともあれキベリを堪能出来て良かったですね。
Commented by parnassus at 2017-09-19 23:56
clossianaさん、ご無沙汰しております。
そうですか、最初の写真が・・意外でした。ワクワク感もコミで!(笑
訪花は、吸蜜っぽいそぶりですが、時間が短くて断定できないので、「訪花」シーンにとどめました。
乾いた石をなめる様子は、オオイチモンジなどでもみられますよね。
何か摂取できてそうには見えないですか?湿った部分をさぐっているのか?
タテハの吸水とアゲハとでは、様子が違うとは思いますねえ。
名前
URL
削除用パスワード
<< 「要注意外来生物」って呼称がな... ページトップ 消えていなかったF市のホソオチ... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original Skin by Sun&Moon