登山道の管理日記
parnassus.exblog.jp
Top
上武道路はやはり屈指の「望岳道」だ
国道17号バイパス上武道路は、条件があたると実に快適な山岳展望(望岳)ロードであることを改めて思った。
山の遠望シーズンなのに、展望関係の記事を書いてなかったから。ま、山の遠望好き病み+車載病罹患中の合併症的戯れ記事・・

1/7は、今期最初のXCスキーならしに赤城に向かった。
実は正月三が日にも榛名へ行ったのだが、雪遊びするほどの積雪がなく、結局、車載撮ドライブに終わってしまった

移動性の高気圧におおわれ、展望日和になることはわかっていた。

新上武大橋で利根川を渡ろうとするあたりから、山の展望ステージが始まる。
(画像は、全て車載動画からの切り出し。クリックすると少し大きな画像で開く)
正面に男体山、女峰山ら関東北山が・・
c0043361_23041122.jpg





上武道路は、高架になっている箇所も多く、さえぎるもののない展望が広がる
c0043361_23042326.jpg
上武道路は、赤城の裾野を周るルートであるので、赤城山は常に右手にみえているが、意外と正面にくるときは少ない。

正面方向は、基本的に榛名山だ。榛名に向かって進む感じで、だんだんと山容が迫ってくる。
c0043361_23043164.jpg
この日の白眉は、長野方面の展望
c0043361_23042872.jpg
この画の左手遠くに見えているのは、八ヶ岳連峰である。かなりの距離がある。
こんな季節にはしばし望むことができるが、車載カメラの広角セッティングで映るほど明瞭に見えて実に爽快

また、右の白い山が浅間山で、中央のデコボコしたのが妙義山。
つまり、赤城、榛名、妙義の上毛三山を一度に望める「三望道」となるのだ。

展望のよい上武道路に後ろ髪引かれつつ、この日は「細井」で降りて、赤城に向かって県道4号を上がった。

道中、雪もさすがに多くなっていて、アイスバーン状で危険な箇所もあった。
c0043361_23043521.jpg
しかし、霧氷に輝く、黒檜岳らが姿を現すと、やはり冬山の美しさには抗いがたいものがあることを思い出した。
c0043361_23043818.jpg
(2018/01/11追記)
この日の車載動画でないが、また、カメラブレが強く無編集で動画のレベル低いが、同じルートのものがあったので、参考にとりあえず載せておく。




[PR]
by parnassus | 2018-01-09 23:37 | 道路のこと | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://parnassus.exblog.jp/tb/29025881
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by koechel581 at 2018-01-10 21:52
え? ウソ! 赤城にもうこんなに雪があるの?
ライブカメラでチェックしてますが、まだまだだと思ってました。今度行かなきゃ。
この日は6日(土)ですよね。秩父からもよく山が見えてました。きっと丸山から槍が見えてたんじゃないかと思います。
Commented by parnassus at 2018-01-11 22:51
koechel581さん、おいでなすって!
これは、7日(日)です。土曜より高気圧に覆われました。 八ヶ岳はよく見えていましたが、丸山からの槍はさすがに・・?
ライブカメラはどこを写しているのでしょうか。積雪は、遊ぶには十分ですが、新雪で沈み、XCで滑ることはほとんど無理、歩いてばかりでした。
なお、大沼はまだ凍結が十分でなく、ワカサギ釣りに開放されてませんし、覚満淵は氷がむき出してツルツル。
あ、XCでなく、スケート靴も持参でぜひ!
名前
URL
削除用パスワード