登山道の管理日記
parnassus.exblog.jp
Top
花粉症対処法を見つける?
2007年 03月 09日 |
花粉(杉)の飛散量がピークとのことで、花粉症の症状もしんどくなってきました。まさにオイラの悲惨量もピーク・・なんつって・・^^;;
目がかゆくなるのは、まあ何てことなくて、がまんできるのです。
どうにもつらくがまんできないのは鼻で息ができなくなる事態。
鼻腔内に風を通せないのは、もって行き場のない「苦行」です。
日中、大量に花粉にさらされたような日には、夜フトンに入って温まってくると鼻がつまってきます。(私の場合)
できるだけ薬を使いたくないという気もあり(もしマヒして効かなくなったらとコワイ・・特に点鼻薬)
そんなとき、たまたま効果のあった方法を見つけました。



それは、
イソジンによるうがい
なんです。
殺菌性のうがいによって、のどの炎症が押さまる。
そして、鼻に向け粘膜を伝わり、鼻腔の炎症も改善される(らしい)のです。
ウソのように鼻が通るようになって、寝つくことができました。
成分のヨードも薬でしょうが、花粉症の薬より心配は少ないですよね(うがい薬だし)

オイラにしか効かない方法かもしれませんけど
同じ症状でお悩みの方は、ダメ元と思ってお試しあれ。
[PR]
by parnassus | 2007-03-09 23:25 | ニューカマー | Trackback(1) | Comments(8) |
トラックバックURL : http://parnassus.exblog.jp/tb/5689251
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from いいものみつけた at 2007-03-12 10:27
タイトル : 花粉症対策まとめ記事
花粉症の方にもオススメ!水洗い可能なダストカップでアレルギー体質の方や小さなお子様にも安心です。花粉症の対策について悩んでおられる方の記事をまとめてみました。今年の陽気で花粉の量が半端ではなく,今年発症した人も多いことがうかがえます。私もなりかけたことがあるのですが,引っ越して助かりました。花粉の少ないところに引っ越すのが,いちばんと思いますが,実際には難しいですね。Allergia di Polline日本のほうが花粉症の認知度が高くて、 それに関する情報から対処法、グッズ...... more
Commented by 明月@花粉症 at 2007-03-10 20:23 x
こんばんはっ!!つかマジですか!!!
うがい??鼻うがいじゃなくて普通にうがいすんですか???
うわーいい情報☆☆☆
ちょっと試してみます!!!!!!イエイ☆
Commented by maeda at 2007-03-10 23:15 x
真面目にお話しします。
花粉症は本当なのか?と私自身いつも思っておりました。
これまで無縁だった私も広島へ移って2年目の春に初めて花粉症になりました。苦しみました。
でも不思議なのです。杉が沢山植えてある山へ行くと何ともなくなるのです。町へ戻ると症状がですのです。
杉の隣でゆっくりしていてもOKです。
広島を離れると症状は治まりました。
花粉症、一言でそういっていますが、実は環境汚染物質が悪さをしているのだと思います。いろいろな花粉と共通抗原を持っているのでしょう。

花粉症との関連は良く分かりませんが、イソジンは細胞毒です。
近年、傷の消毒にイソジンを使うのは止めようという流れになりつつあります。細菌も死ぬが周りの細胞も死ぬというのが理由です。
Commented by げん@今日は雨 at 2007-03-11 09:11 x
明月さん、おはようございます。
花粉症たいへんですよね~
上の話は、普通のうがいです。
ぜんぜん効かないかもしれないけど、そのときゃ勘弁。
でも、↓のドクターmaedaのお話もあるそうなので、よくお考えください。
Commented by げん(@_@) at 2007-03-11 09:19 x
maedaさん、ありがとうございます。
山では意外にもひどくないですよね。でも、ギフチョウの杉山では、全く平気ではなく、やっぱりくしゃみ鼻水が多くなります。街へ戻ってからさらに酷くなるわけですが。。
花粉アレルギーが、他の環境汚染物質と合わさって、というのは、まさにそう感じます。
イソジンのことですが、うがいでは、必要な菌まで殺してしまうので、やりすぎはよくないという話は聞いたことがありました。
イソジンを止めようという流れは、すべての治療行為においての話でしょうか?うがいも危険?ぜひ、ご教示を。
Commented by maeda at 2007-03-11 16:54 x
外科の世界でもイソジン神話はなかなか崩れそうになく、ほとんどの医者がまだイソジン消毒をしています。一部の形成外科医を中心とした無消毒治療が次第に広がってきているのが現状です。
私も消毒を止め、良好な成績を得ています。感染は起こりません。
うがいはの場合は粘膜が有りますから口の中に傷がなければ大丈夫でしょう。一般論として言われていることは、うがいを含め体に使ってOKな薬剤は目に入れても問題ないものだそうです。そう考えるとイソジンは…。
Commented by げん@^^ゞ at 2007-03-11 22:26 x
maeda さん、お仕事にかかわるお話を恐縮です。
イソジン=ヨード、茶色の消毒という認識です。
無消毒治療というのがあるのですか・・衛生が確保された場所ならその方がいいのでしょうか。なるほど。
要は、細胞と直接ふれる場合が、殺してしまうということなのですね。
話が飛びますけど、花粉症で目がかゆくなっても、イソジンを目薬にはしないようにします!断言(^^)
Commented by Hiryasu at 2007-03-13 09:36 x
真面目な話をしているところ、恐縮です!
イソジン目薬はジョークだけにしておいた方が良いよ~。
昔、Hiryasuは風邪と結膜炎でうがい薬と点眼薬を両方使っていたことがあったのですが、ある朝半寝ぼけでイソジンを目にさしてしまったことがあるのです!
(いくら寝ぼけていたとはいえ、イソジンと点眼薬を間違えるというのは今考えても不思議なのだが、さしちまったものはしょうがない)
さした瞬間、まさに「眼が~!眼が~!(by ムスカ)」状態。
すぐに水で洗ったんだけど、ピリピリした感じが取れず結局眼科医で洗浄して貰いました。。。
ほんのちょびっとだったから良かったけど、多かったらちょっと厄介だったってお医者さんにも言われてしまいました
Commented by げん@2階からイソジン at 2007-03-13 23:41 x
Hiryasu さん、こんにちは♪
ええ!イソジン目薬をやっちゃいましたか!
えと、イソジンの入ってる容器って、けっこう大きいですよね??
あれを目薬の容器と間違え・・(繰り返しですいません)
いやまあ、目がよく覚めたことでしょうね!(違(^^)/
ともあれ、ちょっと厄介なことにならなくてよかったですね!!(ホッ
名前
URL
削除用パスワード
The Original by Sun&Moon