登山道の管理日記
「パルナッソス山へ」管理人たにつちの日常。温泉は泉質主義でひなびほど良し。蕎麦屋めぐり、日本の美・チョウ・花・山の撮影など。ニッチでディープを心に留めたい。Discover Deep Japan!
by parnassus
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
parnassus.exblog.jp
ブログトップ
’07みちのくブラリひとり旅(2日目・温海町ほか)
2007年 05月 09日 | |
c0043361_21495928.jpg

温海町の山形県側へ越えた。みちのくひとり旅といいつつ、新潟県は信越地方で東北ではないのだった。
ところで、今回通ってきた福島から新潟北部の傾向として、一般道から山へわけ入る林道に、「私有地につき立入り又は山菜等採集禁止」の札が念入りに付けられている。
最近、山菜それなりにブームだからか・・なかなか厳しいというか、致し方ないというか・・
ちょっと入った畑脇の林の下には、きれいなワサビの花が。。
畑の延長のような場所だけに、無用な摩擦をさけるためこれを採るのはやめておく。



と、この谷でヒラリとギフチョウと見られる姿を車の中からみる。
時間は11時前くらいか。これまたかなりの速さで、あっという間に見えなくなる。
カンアオイの株もけっこうな頻度でみつかる。
c0043361_21562443.jpg
いよいよ、ここが発生地なのか?
ところで、このカンアオイは、表面がかなりツルツルに光っているもので、コシノカンアオイとは別種のように見える。

期待は高まり、周辺を散策・・
し・か・し・・2頭目が現れない・・orz

仕方ないので、場所を移動。
途中、山菜とりをしている人たちをよく見かける。けっこう近くの人たちのよう。
山深い林道も入れるところがあった。素晴らしい環境、なんでいないのだ、というくらいタイミングもよさそうなのに。
自然度が高い。高すぎて、人里に近いところ、というギフチョウの環境から離れてしまうくらいだ・・
そんなところで、またワサビの多い沢もあったり・・
ここは大丈夫だろう、と葉っぱをいただく。ここには、好きなミヤマイラクサ(アイコ)も多かった。
別な場所になるが、普通の舗装道路にアイコが多いところも見つける。
さしもの山菜採りの人たちも、これは見落としているらしい・・雑草みたいにアイコが生えてるってどうよ。
c0043361_22482.jpg

そうこうしているうち、無常にも時間は流れ・・
2時半をもって、もう厳しいと判断した。今回の日本海北部のギフチョウ散策は、またリベンジとなった。
本日のチョウ果:1目撃
帰途、また山北町の道中に、飲めると見える湧き水があった。
c0043361_22221755.jpg

匂いも味もない、素直な水だった。
おいしい湧き水スポットは、グルメネタで扱いたいテーマなんだが・・
ペットボトルにたっぷり詰め込んで、山菜とともにこの地のお土産にした。
(つづく)
[PR]
by parnassus | 2007-05-09 21:48 | 食(山菜) | Trackback | Comments(0) |
トラックバックURL : http://parnassus.exblog.jp/tb/6069141
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード
<< 真夏日 ページトップ 祝☆菊田さん、Violino ... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original Skin by Sun&Moon