登山道の管理日記
「パルナッソス山へ」管理人たにつちの日常。温泉は泉質主義でひなびほど良し。蕎麦屋めぐり、日本の美・チョウ・花・山の撮影など。ニッチでディープを心に留めたい。Discover Deep Japan!
by parnassus
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
parnassus.exblog.jp
ブログトップ
50mmマクロde奥武蔵野の花
2007年 05月 12日 | |
これは、5月5日のフィールド・レポです。
みちのくブラリひとり旅から帰ったばかりですが、あまりに天気がよいのがもったいなくて、近場の奥武蔵の山に軽く行くことにしました。
c0043361_21482157.jpg
マルバスミレ

最近のフィールドでは、チョウさんに会ったとき距離があっても大きく写せるように・・と、とりあえず90mmマクロばかり付けていたのです。
でも、今日は久しぶりに50mmマクロを使ってみようという気になりました。

*3枚目の魚眼ショットをのぞいて、全て、NIKON D50+SIGMA MACRO 50mm EX DG(RAW:現像RawShooter essentials 2006)
参考のため、Raw現像で露出補正などレタッチ&フォトショでりサイズを行っていますが、トリミングはしてません。なんだか色が変なのは、現像失敗です(^^)



山ツツジは満開でしたが、春のチョウたちは、まだウスバシロチョウをごく数回見かけたくらい・・まだにぎやかになる前のようです。
標高の高い場所では、まだニリンソウの花群が残っていました。ちょっと痛んでますが・・
c0043361_21521157.jpg

新緑の中でスプリングエフェメラルに囲まれるとき、いつも幻のようです (魚眼画)
c0043361_21535876.jpg

というわけで、春の花五目撮り(^^)
c0043361_21571068.jpg
ただのチゴユリですかね
c0043361_2224928.jpg
ミヤマハコベ
c0043361_226988.jpg
クワガタソウ
c0043361_2265022.jpg
セントウソウでしょうか?
c0043361_22105141.jpg
ホソバノアマナ?ここでは少ない花のようです。

50mmの画角は、ちょうど手の届くくらいの距離で、じっと見すえる視野がぴたりと収まる感じです。撮影していて感覚が自然で使いやすい。アングルも決めやすい。
イイジャナ~イ♪これからはもっとこのレンズを積極的に使いたいなと思います。
[PR]
by parnassus | 2007-05-12 21:19 | 写真(山・花) | Trackback | Comments(4) |
トラックバックURL : http://parnassus.exblog.jp/tb/6086994
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 虫林 at 2007-05-15 11:53 x
50mm MACROは植物写真で、使いやすそうですね。
また、昆虫写真でも試してください。
楽しみです。
Commented by げん@単焦点・単細胞 at 2007-05-15 21:08 x
虫林さん、ありがとうございます。
50mm MACROによる、チョウ画、このあとに続く予定?と思います。
写り具合も違いますが、やっぱり「狭すぎない画角」の使いやすさが現場で一番大きくちがいますね。
Commented by chochoensis at 2007-05-15 22:29
写真技術のことはわかりませんが、とても綺麗な写真で感激です。植物を撮影しようとしても、こういう風には撮影できそうにないので、落ち込みそうです・・・。50ミリマクロですか・・・もっと勉強しないといけませんね。
Commented by げん@大ボケ at 2007-05-16 23:17 x
chochoensis さん、写真技術を知らないですって?な~にをご謙遜を!
頭で考えなくても、自然と身についていらっしゃるんじゃないですか?
こういう風というのが、どういうことかわかりませんが、周りのボケのことでしょうかも・・
それぞマクロレンズの得意技なんです。私、うんとボケてるのが好きなんですよね、写真もオチも(笑
名前
URL
削除用パスワード
<< 春の鏡池 ページトップ ’07みちのくブラリひとり旅(... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original Skin by Sun&Moon