登山道の管理日記
「パルナッソス山へ」管理人たにつちの日常。温泉は泉質主義でひなびほど良し。蕎麦屋めぐり、日本の美・チョウ・花・山の撮影など。ニッチでディープを心に留めたい。Discover Deep Japan!
by parnassus
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
parnassus.exblog.jp
ブログトップ
胡麻さがし2007
2007年 08月 24日 | |
(8月22日)
夏の恒例、ゴマシジミを探しに山梨を周った。
やはり甲府盆地の青いゴマシジミを撮影しておきたい。
朝一、まずは既知のポイントへ。一番の目的はマイポイントの開拓なのだが、それはかなりリスキーなので、まずは確実に会っておこう。
林道入ってすぐでは、スミナガシが雑木酒場に来ていた。
c0043361_2147579.jpg
先日の虫林さんの記事のネタが面白かったので、マネして歌いながら進んだ・・
♪探し物はなんですか~、見つけ難いものですか~♪♪(まんまパクりです(^^ゞ )



果樹園の横の草むらで、ヒラヒラと現れた。
あーよかった、今年も発生してくれていたよ。今年は発生が遅いらしく、綺麗な個体だ。
c0043361_21494299.jpg

広角で環境を入れて。。
レンズフードつけてないから、太陽光線の反射が写ってしまったけれど、朝の雰囲気としてよい効果が出たということにしよう。
c0043361_21514562.jpg

3頭から4頭がいるようで、採集者も多いこの場所だけに、これはなかなか多いほうか。
そうこうしている間に、網もったオッサンがやってきてしまった。
話を聞くと、この場所を大切にしてるから、毎年見にくるけど採るのは1頭だけにしてるとか・・ほんとかな?

ねらいの青いゴマであるけれど、天気がよいと開かない。陰ったときに開いてくれた。
c0043361_21575418.jpg

このポイントのゴマは、翅の中央部分まで青い鱗粉が広がる傾向。
これは、ちょっと古い個体であるし、ちょっと青が少なめ。

Sigma17-70mmレンズでの飛翔撮影のコツがまだつかめない。
かなりたくさんシャッターしたが、使えるものがほとんどない。
c0043361_2215431.jpg
これは、かなり青が広がっている個体。
ボツ飛翔写真の山の中に、ちょっと面白い結果・・太陽が入って、完全にシルエットだけれど、2頭が追いかけてるシーンだと思う。
c0043361_2235926.jpg

オッサンは、1頭を採っても、まだ帰らない。。2頭くらいは採ったのではないか。
時間が経過すると、飛び回る個体もなくなってしまった。ここで、オッサン帰る。
こちらももう厳しいので、別な林道を回るも、当然ながら簡単にゴマ見つけらるわけもなく・・。
戻ったとき入口にはまた別な車が止まっていた。このポイントのゴマはまことに受難だ。

この後、甲府盆地南部地区で新ポイント探しをするも、まったくねらい目がわからない。
確実に撮影しようと富士山麓高原に行くが、天気が悪くなり、見られない。
最後に、山梨北西地区を見てみるが、環境は悪くないものの、それだけでは会えることはほとんどなく、、結局、朝の邂逅が1日の成果だった。
やはり易しくないことを思う。

ゴマ行脚は、今年はこれが最初で最後かもしれない。
今年の夏は、割とペースよくチョウロードした夏だったと思う。でも、これから別な用事も入ってきて、チョウフィールドばかりに行っているわけにいかなくりそうだから。
[PR]
by parnassus | 2007-08-24 21:42 | チョウに会える道 | Trackback | Comments(16) |
トラックバックURL : http://parnassus.exblog.jp/tb/6803478
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by chochoensis at 2007-08-25 23:06
たにつちサン、今年も写真は撮影出来そうもありません・・・羨ましいです・・・来年こそは!と思っているのですがどうなる事やら・・・。
Commented by げん@玉砕しかけてます at 2007-08-25 23:56 x
chochoensis さん、さっそくにありがとうございます。
来年なんていわず、今年でもまだまだOKだと思いますよから。
「青いヤツ」とかこだわらないのであれば、富士山麓高原へおでかけくださいな。
Commented by 虫林 at 2007-08-26 05:36 x
ご苦労様です。
ゴマシジミのポイントは少ないので、大事にしたいですね。
スミナガシもいいなあ~。
Commented by maeda at 2007-08-26 06:57 x
とりあえずは撮れて良かったですね。
しかし、採集に次々に来るようだと、年々減っていきます。
長く持たないかもしれません。今のうちに十分撮っておいた方が良さそうです。
Commented by banyan10 at 2007-08-26 14:01
このポイントは僕は見たことないんです。
狭い上に採集者も多いのに継続して発生しているのもすごいですね。
飛翔写真くらい青いゴマを見たいですね。
Commented by thecla at 2007-08-26 21:38 x
青ゴマ綺麗ですね。甲府盆地のゴマシジミは狭い発生地に採集者が大勢押しかけるから、心配ですね。
厳しい条件でも発生しつづけるゴマの生命力に期待するしかないですね。
Commented by げん@酒場から at 2007-08-26 22:20 x
虫林さん、パクらせていただきました(^^;)
ゴマのフィールドは、大事にしないと、悲しいことになりますよね、、我々にとっても、採集者にとっても。
スミナガシ、地元で実は多いチョウなのですが、酒場で酔っ払ってるシーンは初めて撮れました。
Commented by げん@とりあえずですよね at 2007-08-26 22:30 x
maedaさん、ありがとうございます。
北国のゴマは一律素晴らしい青ゴマのようなので、実は全国では黒ゴマが貴重?と思わないでもないのですが・・ついつい少ないものを。
この場所に採集者が押し寄せるのは、最近始まったことではありません。が、なにか、もう少しいたわれないものか、とも。
Commented by げん@ゴマがんばれ at 2007-08-26 22:34 x
banyanさん、ここは、採集者のはざまのタイミングで行かねばならないので難しいですよね。
でも、このフィールドはまだ持続できる環境を整えているのですね。
ゴマも保護活動で手を加える必要があるかもしれません。
Commented by げん@ゴマがんば2 at 2007-08-26 22:45 x
thecla さん、ありがとうございます。
毎年思いますが易しくない状況を先日はお感じになったかも、ですよね。
甲信越のゴマは、採集圧が高すぎると思わざるをえません。
少いですがまだ残ってくれていますので、人が手を差し伸べるのが必要な時期になっているかもしれませんね。
Commented by mtana2 at 2007-08-27 08:43 x
どなたのゴマを見ても、採集者とのせめぎあいで、ウーンってなっちゃいます。ゴマもオオゴマも受難ですね。
ゴマ、がんばれよ~。
Commented by げん@どこかに楽園 at 2007-08-27 21:17 x
mtana2さん、ありがとうございます。
採集の方とバッティングしないようになりたいですが、それだけ知られた場所は少なくなっているということでしょう。
私だけの楽園を見つけたい・・・そう思いつつ毎年探すのですが・・
がんばってもらいたいですね。
Commented by furu at 2007-08-27 23:42 x
ご報告ありがとうございました。おかげさまでゴマも撮影でき、虫林さんとの出会いというサプライズまでありました。
この日は開いてくれたんですね。あのポイントでの開翅写真は初めて見ました。
Commented by げん@らっぴ~^^V at 2007-08-28 21:14 x
furu さん、こんにちは。ご報告お役に立ってよかったです。
それにしても振り向けば虫林さん・・なんという。。
開翅は、ほんとに陰って光がさえぎられたときだけ開いてくれました。実はラッキーだったようですね。
Commented by ダンダラ at 2007-08-29 21:02 x
ここのポイントに結局ブログ仲間4人が出かけたのですね。
皆さん撮影出来て良かったですね。
青いゴマの開翅が撮影出来て良かったですね。やっぱり北海道のような青ゴマはここでは無理なんでしょうか。
Commented by げん@撮れりゃOK at 2007-08-30 00:08 x
ダンダラ さん、こんにちは。
>結局ブログ仲間4人が出かけたのですね。
えと・・4人?かな3人かな、とにかく集結ですね(笑
去年と今年、それぞれ3・4頭を確認した感じですが、ここは割に安定して、中ぐらいまではっきり青が現れるようです。北海道レベルは無理かもしれません。
名前
URL
削除用パスワード
<< 杖温泉・弘法湯(源泉:ホテル弘... ページトップ 菊田さん「日本経済新聞」に登場 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original Skin by Sun&Moon