登山道の管理日記
「パルナッソス山へ」管理人たにつちの日常。温泉は泉質主義でひなびほど良し。蕎麦屋めぐり、日本の美・チョウ・花・山の撮影など。ニッチでディープを心に留めたい。Discover Deep Japan!
by parnassus
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
parnassus.exblog.jp
ブログトップ
環境省・平成19年版「新・昆虫類レッドリスト」
2007年 12月 22日 | |
環境省で進められていた「昆虫類レッドリスト」の見直し作業が終わり、新リストがとりまとめられた。といっても、完了が公表されたのは今年の8月のこと。
今頃か、、という情報だが、自分のメモ用に掲載しておこう。
この見直し作業は、平成14年から進めていたもの。
昆虫類レッドリストの掲載種は、171種から239種に増加。
その一覧表は、「こちら」で、ダウンロードできよう。
全体は、昆虫類全てのリストになっている。
以下に、そのうちから「チョウ目」(蛾を含む。)をリストアップしておこう。



レッドリスト昆虫類チョウ目
絶滅危惧Ⅰ類(CR+EN )
ホシチャバネセセリAeromachus inachus inachus
チャマダラセセリPyrgus maculatus maculatus
ウスイロオナガシジミ九州亜種Antigius butleri kurinodakensis
オガサワラシジミCelastrina ogasawaraensis
タイワンツバメシジミ南西諸島亜種Everes lacturnus lacturnus
タイワンツバメシジミ本土亜種Everes lacturnus kawaii
キタアカシジミ冠高原亜種Japonica onoi mizobei
クロシジミNiphanda fusca
ゴイシツバメシジミShijimia moorei moorei
オオルリシジミ九州亜種Shijimiaeoides divinus asonis
オオルリシジミ本州亜種Shijimiaeoides divinus barine
シルビアシジミZizina emelina
オオウラギンヒョウモンFabriciana nerippe
ヒョウモンモドキMelitaea scotosia
ウスイロヒョウモンモドキMelitaea protomedia
ヒメヒカゲ本州西部亜種Coenonympha oedippus arothius
ヒメヒカゲ本州中部亜種Coenonympha oedippus annulifer
タカネヒカゲ八ヶ岳亜種Oeneis norna sugitanii
カバシタムクゲエダシャクSebastosema bubonaria
ミツモンケンモンCymatophoropsis trimaculata
ミヨタトラヨトウOxytrypia orbiculosa
ノシメコヤガShinocharis korbae

絶滅危惧Ⅱ類(VU )
タカネキマダラセセリ南アルプス亜種Carterocephalus palaemon
アカセセリHesperia florinda florinda
アサヒナキマダラセセリOchlodes asahinai
オガサワラセセリParnara ogasawarensis
ヒメチャマダラセセリPyrgus malvae malvae
ギフチョウLuehdorfia japonica
ミヤマシロチョウAporia hippia japonica
ツマグロキチョウEurema laeta betheseba
ヤマキチョウGonepteryx rhamni maxima
ヒメシロチョウLeptidea amurensis
チョウセンアカシジミCoreana raphaelis yamamotoi
キタアカシジミ北日本亜種Japonica onoi onoi
ミヤマシジミPlebejus argyrognomon
アサマシジミ北海道亜種Plebejus subsolanus iburiensis
アサマシジミ中部低地帯亜種Plebejus subsolanus yaginus
アサマシジミ中部高地帯亜種Plebejus subsolanus yarigadakeanus
ゴマシジミ中国・九州亜種Maculinea teleius daisensis
ゴマシジミ八方尾根・白山亜種Maculinea teleius hosonoi
ゴマシジミ本州中部亜種Maculinea teleius kazamoto
ゴマシジミ北海道・東北亜種Maculinea teleius ogumae
ルーミスシジミPanchala ganesa loomisi
ハマヤマトシジミZizeeria karsandra
オオイチモンジLimenitis populi jezoensis
コヒョウモンモドキMelitaea ambigua niphona
クロヒカゲモドキLethe marginalis
タカネヒカゲ北アルプス亜種Oeneis norna asamana
ウラナミジャノメ本州亜種Ypthima multistriata niphonica

準絶滅危惧(NT)
ベニモンマダラ道南亜種Zygaena niphona hakodatensis
ベニモンマダラ本土亜種Zygaena niphona niphona
タカネキマダラセセリ北アルプス亜種Carterocephalus palaemon satakei
ギンイチモンジセセリLeptalina unicolor
ヒメイチモンジセセリParnara bada Thymelicus leoninus leoninus
スジグロチャバネセセリ四国亜種Thymelicus leoninus hamadakohi
ヒメギフチョウ本州亜種Luehdorfia puziloi inexpecta
ヒメギフチョウ北海道亜種Luehdorfia puziloi yessoensis
ウスバキチョウParnassius eversmanni daisetsuzanus
クモマツマキチョウ八ヶ岳・南アルプス亜種Anthocharis cardamines hayashii
クモマツマキチョウ北アルプス・戸隠亜種Anthocharis cardamines isshikii
ミヤマモンキチョウ浅間山系亜種Colias palaeno aias
ミヤマモンキチョウ北アルプス亜種Colias palaeno sugitanii
イワカワシジミArtipe eryx okinawana
ベニモンカラスシジミ四国亜種Fixsenia iyonis iyonis
ベニモンカラスシジミ中国亜種Fixsenia iyonis kibiensis
ベニモンカラスシジミ中部亜種Fixsenia iyonis surugaensis
オオゴマシジミMaculinea arionides takamukui
リュウキュウウラボシシジミPithecops corvus ryukyuensis
ツシマウラボシシジミPithecops fulgens tsushimanus
ヒメシジミ本州・九州亜種Plebejus argus micrargus
キマダラルリツバメSpindasis takanonis
クロツバメシジミ九州沿岸・朝鮮半島亜種Tongeia fischeri caudalis
クロツバメシジミ東日本亜種Tongeia fischeri japonica
クロツバメシジミ西日本亜種Tongeia fischeri shojii
カラフトルリシジミVacciniina optilete daisetsuzana
ウラギンスジヒョウモンArgyronome laodice japonica
ヒョウモンチョウ東北以北亜種Brenthis daphne iwatensis
ヒョウモンチョウ本州中部亜種Brenthis daphne rabdia
アサヒヒョウモンClossiana freija asahidakeana
カラフトヒョウモンClossiana iphigenia
アカボシゴマダラ奄美亜種Hestina assimilis shirakii
コノハチョウKallima inachus eucerca
フタオチョウPolyura eudamippus weismanni
オオムラサキSasakia charonda charonda
シロオビヒメヒカゲ札幌周辺亜種Coenonympha hero neoperseis
クモマベニヒカゲ本州亜種Erebia ligea takanonis
クモマベニヒカゲ北海道亜種Erebia ligea rishirizana
ベニヒカゲ本州亜種Erebia neriene niphonica
キマダラモドキKirinia fentoni
シロオビヒカゲLethe europa pavida
ダイセツタカネヒカゲOeneis melissa daisetsuzana
マサキウラナミジャノメYpthima masakii
リュウキュウウラナミジャノメYpthima riukiuana
ヤエヤマウラナミジャノメYpthima yayeyamana
クロフカバシャクArchiearis notha okanoi
ヨナグニサンAttacus atlas
ハグルマヤママユLoepa sakaei
フジシロミャクヨトウSideridis texturata
アズミキシタバCatocala koreana

情報不足(DD)
ヒメウラボシシジミNeopithecops zalmora zalmora
コンゴウミドリヨトウ

判ったのは、地域亜種単位で掲載していること・・
次に、実感としては、もっと上位に掲載すべきではないか、という種があること。(たとえば、タカネキマダラセセリ南アルプス亜種とか・・絶滅危惧Ⅱ類でよいのか・・)

思うにこのリスト化がよい方向につながればよいが、心無い採集者へのターゲットの助長となることがコワイ。
正直なところ、これらの種類の中でも法令等による採集等の規制のない種類があぶない。
むろん、減少の原因が採集等によるばかりではないこと、規制すれば安泰というほど単純でないことは百も承知だが、このことに関して、本音で心から否定できるチョウ屋がどれくらいいるだろう。
節度ある採集は決して否定はしない。しかし、種の保存の課題を目の前にしたとき、チョウ屋の個人個人でこそモラルを問うべきときにあるのではないか。
[PR]
by parnassus | 2007-12-22 22:02 | チョウに会える道 | Trackback |
トラックバックURL : http://parnassus.exblog.jp/tb/7798992
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< Online-Concert更新 ページトップ 箱島湧水-名水百選 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original Skin by Sun&Moon