登山道の管理日記
「パルナッソス山へ」管理人たにつちの日常。温泉は泉質主義でひなびほど良し。蕎麦屋めぐり、日本の美・チョウ・花・山の撮影など。ニッチでディープを心に留めたい。Discover Deep Japan!
by parnassus
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
parnassus.exblog.jp
ブログトップ
ホンダ寄居新工場建設の陰に
2008年 02月 16日 | |
c0043361_10461941.jpg
自動車メーカーのホンダが寄居町に新工場を建設するというので、少なからず埼玉北部地域では経済波及効果を期待する空気が流れている。
場所は小川町と近いところと聞いていたが、先日、具体的に知ってびっくり・・
昨年の夏にうろうろして、こんな里山環境があるんだ、と感激し今後のシーズンで散策(調査というほどでないが)をしようかという候補の最右翼の場所だったのだ。
金勝山のすそ野から続く、地図では名のない山、ふもとにはよさそうな深い谷津も複数。

手遅れになる前にどんな自然環境があったかを記録保存しておきたい・・と現地を訪ねた。




ところが着いてみると
c0043361_10411129.jpg
完全に手遅れだった・・。
昨年秋からの造成工事はすごいスピードで林を切り倒し、山をも切り崩していた。

発破工事の手法でガンガン進めているらしい。
c0043361_10414614.jpg


裏側に回ってみるが、谷津だった面影はほとんどない。
c0043361_10421257.jpg


工事地内は立入不可、できれば山のピークを踏んでおきたかったのだが。。
金勝山トンネルを抜け、小川側から入山してみる

尾根伝いに登って目の前に展開されたのは・・むごい光景
c0043361_1042387.jpg

左の高みあたりがかつての山頂だったのだろうか。
c0043361_1042563.jpg


現代の土木技術といえ、山を人工的になくすのはたいへんだろうと想像していたけれど・・やる気になればあっという間なんだなあ。

造成地の裏側の畑の脇で、もともとは植えられたものあろう、半野生化したフクジュソウが早い春の訪れを知らせていた。
c0043361_10432549.jpg

皮肉に背景に造成地を入れてみる図
c0043361_10442141.jpg


ふと、山の地主の声が聞こえる気がした「山なんか持ってても一文にもなりゃせんよ」
たしかに、こちとら一文も払いもせず、そこに棲むチョウや花に年間何日しか用がないような、身勝手な者に過ぎないわけであるけれど。。
でもね、、、だけどさ・・。
[PR]
by parnassus | 2008-02-16 23:21 | 写真(山・花) | Trackback | Comments(12) |
トラックバックURL : http://parnassus.exblog.jp/tb/8253049
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by maeda at 2008-02-17 17:20 x
これは残念ですね。
保護はなかなか進まないのに、開発となると猛スピード。
何か変ですね。
残された福寿草が寂しそうです。
Commented by cactuss at 2008-02-17 22:05
こんなに自然を壊していいのかと感じますね。
後でバチがあたりそうで、怖いですね。
自然と共生することはできないのでしょうか。
Commented by げん@残念です at 2008-02-18 07:55 x
maedaさん、ありがとうございます。
こちらでは、市街化近くにはまとまった環境が少なくなっているので、失われるのはイタイです。
開発のスピードは速いんですね。驚きました。
フクジュソウの場所は、工事区域ではないですが、すぐ隣ゆえいずれ危ないかも。少しでも守られるといいです。
Commented by げん@身近な環境を at 2008-02-18 07:57 x
cactuss さん、ありがとうございます。ご無沙汰してすいません。
高いところは削り、低いところは埋めて、そう待たず平らな工場用地になってしまうでしょう。容易にまとまった用地を確保するためには、山林が狙われるのでしょうね。
山を持っていればいいことがある、そういう制度もあればいいのに、と思います。
いずれ自然からの何かのリアクションはありますよね。
ここにどんなチョウがいたのか確認できなかったこと、残念です。
Commented by chochoensis at 2008-02-19 11:33
たにつちサン、ホンダの工場建設がこんなに早く進んでいたのですか、新聞で知ってはいたのですが、工事スピードが速いですね、環境調査はされなかったのでしょうか?残念ですね・・・。
Commented by げん@さすがF1並? at 2008-02-19 12:42 x
chochoensis さん、ありがとうございます。ご無沙汰してすいません。
環境調査はされたハズでしょう。でも、どんな内容、程度での調査だったか・・未確認のため、コメントは控えます。でも、開発して問題なし、との結果だったのでしょうね。
一般論として、環境調査自体がどのレベルで義務づけられているのか、それも要チェックだと考えました。
Commented by hornpipe at 2008-02-21 21:49 x
衝撃的な画像でした。一昨年の春にここを通り、新緑がきれいだったので記憶に残ってます。この写真、ホンダ関係者に見せたいものです。
Commented by げん@痛 at 2008-02-21 23:14 x
hornpipeさん、さすがここご存知でしたか。痛みを分ちあっていただいたこと、恐縮です。
もうきれいだった山の姿は、貴殿や我々の記憶の中にしか残っていないのですね。普段特別とは思わなかった風景も、大切に、見過ごしてはいけない、ということと思います。
Commented by mtana2 at 2008-02-24 19:05 x
目を塞ぎたくなる惨状ですね。
ホンダはここでエコ車でも造るのですかネ~。
Commented by げん at 2008-02-25 23:00 x
mtana2 さん、ご無沙汰しております。
今ある都市は、少なからずすべてこのように開発されたのでしょうね。
「武蔵野」の姿は、ますますなくなっていきます。
ここで「エコ車」を・・つくるんでしょうね。。
Commented by もちづきあつし at 2008-04-28 22:25 x
今年になって、建設が本格化していますね・・
環境保全などの対策はしているのか、不安です・・

昔の様子(といっても9年前)を以下にご紹介いたしますので
よろしければごらんください

http://www.knet.ne.jp/~ats/s/obu/obu.htm
Commented by げん@拝見しました at 2008-04-28 23:18 x
もちづきあつし さん、これはありがとうございます。
9年前の貴重な里山を拝見させていただきました。その時点ですでに注目すべき存在というところがなんともです。
谷戸のせきとめた池や、それに伴う湿原も、きっとあったことでしょうね。
今は、カラカラに乾いた山(山じゃない)になっていますね。
名前
URL
削除用パスワード
<< 北アルプス黎明 穂刈三寿雄ガラ... ページトップ バレバレの日 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original Skin by Sun&Moon