登山道の管理日記
「パルナッソス山へ」管理人たにつちの日常。温泉は泉質主義でひなびほど良し。蕎麦屋めぐり、日本の美・チョウ・花・山の撮影など。ニッチでディープを心に留めたい。Discover Deep Japan!
by parnassus
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
parnassus.exblog.jp
ブログトップ
里山のオオミドリシジミ
2008年 06月 14日 | |
この時期、高山の蝶もシーズン開幕するので、ついついソチラにばかり遠征してしまうことが多い。
オオミドリシジミはちゃんとした写真が撮れていなかったので、今年はそれを押さえたいと思っていた。深山ではなく、里山の環境で特に押さえておきたい。
ガソリンの高い、こんな時期こそ近場ロードが向いている。といって埼玉県内では写真に向いた場所を知らないので群馬県へ。
c0043361_1235164.jpg
お、いましたよ!今年初めてのヒカリモノであ~る!(がおー☆意味不明)



この季節を待っていたんである。EX-F1の活躍を期待していたのは、今こそ。
しかし、ここのオオミドリは、木漏れ日のあるような林の中でテリトリーを張っている。
光のコントラストが強くて、きちんと写るチャンスが難しい。ほとんど逆光でもあるし。

まずは、テイクオフ・パスト撮影での飛翔(飛び立ち)
c0043361_1263083.jpg

でも、やはりゼフィルスは、複数のからむ追尾シーンこそ醍醐味であろう。
c0043361_1283960.jpg
これはD50によるストロボ撮影。一番数多く絡んでいたショット。
ピントもあってないが、1/500秒なので、ぶれている。写し止めるには、距離と補助光の強さも関係してくる。

こちらは、EX-F1でのベストショットから。あまりみられなかった卍巴飛翔。
c0043361_132333.jpg
実は、明るさなどレタッチしている。やはり逆光を仰いで、条件が厳しい。

やはりストロボか・・再びD50での画。これは結構近距離で写し止められた。
c0043361_1352555.jpg
角度がイマイチで残念。翅表の輝きがもっと入っていると嬉しいのだが。

8時くらいが活動のピークだったろうか、10時を過ぎると、まったく幻だったかのように静かになった。

EX-F1を使いこなすにはまだまだ道が遠い。

ハイスピード動画は、いくつか撮れているので、その編集作業などは後日だ。
[PR]
by parnassus | 2008-06-14 23:17 | チョウに会える道 | Trackback | Comments(8) |
トラックバックURL : http://parnassus.exblog.jp/tb/9054493
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by banyan10 at 2008-06-16 15:26
オオミドリは埼玉にも良いポイントありそうなのですが、見つかりませんね。(^^;
僕は湘南まで行ってきました。(笑)
逆光で光る青い縁毛が綺麗です。
EX-F1よりも通常の飛翔は6〜7枚連写できる最新の一眼の方が有利なようです。でも、卍飛翔はチャンスですね。昨日はエゾミドリが結構うまく撮れました。
Commented by げん@あせるワ~♪ at 2008-06-16 23:13 x
banyanさん、こんにちは~
あちこち行かれてますねえ。湘南のオオミドリですか。ちょっとオシャレなのかな?
逆光に光る縁毛は、見たとき「コレダ!」と思いましたね。
EX-F1で飛翔ねらうときに難儀なのは、MFの山がつかめなくて、空中にピントを合わせられられる気がしないことだと思っています。
貴殿のほうが、使いこなせてますよね。どうもいかんです。
Commented by maeda at 2008-06-17 22:27 x
1枚目の絵からこれは良いと思いました。
飛翔ではEX-F1が相当活躍するのだろうと思っていましたが、条件が厳しい場面もあるのですね。
Commented by げん@作戦を考えます at 2008-06-19 12:37 x
maedaさん、おそくなりまして失礼しております(毎度)
>1枚目の絵からこれは良いと思いました。
一枚目は、ノーマルのマクロ画です。ちょっとキャッチーなのを置いて、以下の記事を読ませようという作戦です。(笑
追尾飛翔は、明るい空をバックに仰ぎ見ることになるので、逆光で条件が厳しいですよね。超連射では、ストロボの光量が足りないし・・
実践するまで想定できてませんでした(爆
Commented by clossiana at 2008-06-20 17:10
たにつちさんご無沙汰しています。papilaboさんのブログに度々登場させて頂いておりますKです。私はまだオオミドリシジミを初めとしてヒカリモノはどの種も満足に撮れていません。ですのでとても羨ましいです。
ところで、この都度恥ずかしながらマイブログを立ち上げましたので、是非リンクをさせて下さい。今後とも宜しくお願いします。
Commented by げん@祝! at 2008-06-21 23:52 x
clossiana さん、こんにちは。papilaboさんとこのKといえば、Kさんですか?(笑
ブログ開設おめでとうございます。
ますます病気に熱が出てしまうのではないでしょうか。
リンクありがとうございます。こちらからも後ほど・・
こちらの世界でも、よろしくお願いします。
Commented by ダンダラ at 2008-06-22 19:13 x
今年はオオミドリの写真が眼に入りますね。
家内の実家の裏山にテリ張りポイントがあるんですが、ここ数年他のチョウばかり追いかけていて撮影してません。
来年には行ってみようかな。
飛翔はなかなか難しいですね。
Commented by げん@また勘を忘れそうです at 2008-06-24 22:30 x
ダンダラさん、お返事おくれまして、毎度失礼しております。
そうですかあ、今年は皆さんオオミドリを?
当たり年なんでしょかね。
奥様の実家は、毎年思いますが、うらやましい環境ですね。
飛翔は、貴殿の連射新兵器があればかなり楽勝かと思います・・(^^
名前
URL
削除用パスワード
<< 室内楽演奏、終了。へろへろ ページトップ 上山田温泉「湯元かめ乃湯」(源... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original Skin by Sun&Moon