登山道の管理日記
「パルナッソス山へ」管理人たにつちの日常。温泉は泉質主義でひなびほど良し。蕎麦屋めぐり、日本の美・チョウ・花・山の撮影など。ニッチでディープを心に留めたい。Discover Deep Japan!
by parnassus
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
parnassus.exblog.jp
ブログトップ
田淵行男生誕103年と3週間(^^;
2008年 06月 26日 | |
c0043361_17502263.jpg
6月4日は、田淵行男の誕生日です。
ほんとはその日に掲載しようと思っていたネタなんですが。

唐突ながら、氏の名著「大雪の蝶」Getしたんです!めでたい!




北海道版「高山蝶」といえるこの著作、
「高山蝶」「日本アルプスの蝶」と併せて、田淵の偉業ですが
当然ながら人気が高く・・古書相場もハンパじゃない・・。
代表作ながら手の出しにくい作品のひとつといえましょう。

しかしこれはいずれ必ず持っていたい資料、とイキオイで買ってしまいました。
お値段のほどは、、ご想像に。。

おかげで、財布すっからかん。
実は、今年こそは行きたいな~と思っていた北海道フィールドロードだったのですが、実現困難になってしまいました。

今年の夏は、この本読んで、頭の中で大雪山をロードすることになりそうです。

それにしても、「田淵行男のこと」のコンテンツをぜんぜん着手できていないことは酷いばかり。
反省です。今年こそは・・
(去年の誕生日にも同じコトを書いているに違いない)
[PR]
by parnassus | 2008-06-26 23:11 | チョウに会える道 | Trackback | Comments(10) |
トラックバックURL : http://parnassus.exblog.jp/tb/9122141
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ふぃる at 2008-06-28 10:04 x
おめでとうございます
ネットでお値段見たら・・・(以下自粛)
きっと素敵なバタフライワールドが繰り広げられているのでありましょう

見ながらお顔がにやけているたにつちさんの姿が目に浮かぶようです ̄m ̄ ふふ
素敵な本は財産ですのう
Commented by luehdorf at 2008-06-28 11:31 x
おっ!お買いになりましたか~。
この本が出た頃、何せビンボーで…。後でと思ったらもう指をくわえて見てるだけになってましたぁ。
以後は、何にも優先させて買い込みました。
以前にも書きましたが、ボスのところの「ヒメギフチョウ」、まだこちらに来る雰囲気ではないですね。元気なんだもん…(笑)。

「大雪の蝶」による大雪ロード、これはこれでまた楽しいものでしょう。
Commented by 愛野緑 at 2008-06-28 21:32 x
大雪の蝶GET!ゆえ渡道されたのかと思いました(^^;
でも話が・・・。

早とちりでした・・・(笑)
Commented by げん@よめよって at 2008-06-29 09:32 x
ふぃるさん、おはようございます。
値段・・みーたーな~~(笑
>きっと素敵なバタフライワールドが繰り広げられているのでありましょう
ワールドっていうのとちょっとちがうんですが(^^;
でも、まだ読んでません!(爆
買ってしまうと安心して開かなくなるというパターンです。まったく~
Commented by げん@脳内フィールド at 2008-06-29 09:36 x
luehdorf さん、お元気ですかあ。ありがとうございます。
>ボスのところの「ヒメギフチョウ」、まだこちらに来る雰囲気ではないですね。
現物を手にとったことのない貴重なものですよね。
なんといっても発行部数が少ないと思われます。
Getの折には、ぜひ、拝見させてくださいませ。
ボスには、ちょっとお酒に薬でもまぜ・・(以後自粛)

>「大雪の蝶」による大雪ロード、これはこれでまた楽しいものでしょう
はい~、将来のフィールドのシュミュレーションにしたいと思います。
Commented by げん@本州どまり at 2008-06-29 09:39 x
愛野緑 さん、ありがとうございまーす。
でも、早とちりですよ。
ああ、黄色いウスバ、例年ならシーズンですよね。
今年こそ、しっかり撮りたかったチョウでもありましたが・・先立つものが(TT
ガソリンも高いし、今年は近めで考えてます(^^)
Commented by ダンダラ at 2008-06-29 12:24 x
「大雪の蝶」、おめでとうございます。
田淵さんの本は「高山蝶」がインパクトが強くて、買うのも苦労したから、このあたりの新刊(当時)はあまり印象強くないです。
でも確かに素晴らしい出来ですね。
今日は雨だから私もじっくり眺めてみようかな。
Commented by kmkurobe at 2008-06-29 18:58
これ買えば良かったといまでも思ってます。なぜかそのころ北海道は異国の地でしたが、数年後まさか毎年2-3週間も出掛けるとは思いませんでした。いい本ですねおめでとうございます。
Commented by げん@読まなきゃ at 2008-06-30 08:22 x
ダンダラ さん、ありがとうございます。
そうですよね、出版のリアルタイムにチョウ活動をされていたのですから、うらやましいことです。
この著作もお持ちでしたか。
ほんと、今年は梅雨らしい天気が多いですね。
私もフィールドじゃない日は、文献で行きたいとおもいますが・・なかなか。
Commented by げん@現地にいきたひ at 2008-06-30 08:26 x
kmkurobe さん、ありがとうございます。
これ、おおきな豪華本ですよ。
これからでも買えますから、いかがでしょう。ややお値段の方は・・ですが。
>数年後まさか毎年2-3週間も出掛けるとは思いませんでした
え?それ、最近のことでしょうか?
うらやましいです・・
名前
URL
削除用パスワード
<< チョウセンアカシジミの里ロード... ページトップ 室内楽演奏、終了。へろへろ >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original Skin by Sun&Moon