登山道の管理日記
「パルナッソス山へ」管理人たにつちの日常。温泉は泉質主義でひなびほど良し。蕎麦屋めぐり、日本の美・チョウ・花・山の撮影など。ニッチでディープを心に留めたい。Discover Deep Japan!
by parnassus
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
parnassus.exblog.jp
ブログトップ
チョウセンアカシジミの里ロード2008・その1
2008年 06月 28日 | |
c0043361_23281764.jpg
今年は、実に梅雨らしい日が続いていますが、ちょっと切れ間が。
迷いましたが、山形県は置賜のチョウセンアカシジミの里へロードすることにしました。
2回目になります。ETCの深夜割引が現在4割引になっているのを利用しようと、寝ぼけ眼で早朝3時過ぎに家を出ました。
計画どおり4時前の深夜割引時間内に羽生ICから高速に乗ることができました。
やれ、一安心。

しかーし、間もなく館林ICを過ぎたところあたり、その瞬間思い出したのです。

EX-F1の電池を充電機に入れたままになっていた!
ってことを。。



つまり、EX-F1持ってきても、電池入ってなくて動かないわけで。

夕方の飛翔活動などを新兵器で高速撮影できないのでは、今回のロードの意味は半分失われてしまいます・・
悩みました。
そして取りに家まで戻ることを決意しました。うまいこと時間はまだあるし。
「失敗することが愚かなのではない、取り返す努力をしないことが愚かである。」
そんな格言が頭の中を回ります、、が、そんなんなかったっけ?

戻ったのは5時。この時点で2時間と約100kmのガソリンをロス。出鼻から痛い。

しかし、後は順調でした。福島県あたりでは曇りだった天気も明るくなってきて、米沢に下りる栗子峠先の山と谷川の風景は、ちょっとした北海道の峠を走っているような気分にもなるほど。
米沢では、観光さくらんぼ園がシーズンで賑わってます。

チョウセンアカシジミの里についたのは、10時すぎ。ということで、順調に行ったとしても、早朝のお目覚め前の姿は撮ることはできないスケジュールだったのです。だから、ロス時間は影響なし、と考えましょう。

チョウアカさん、もうオスは破れてるのが多く、メスもスレ気味。例年のみの発生時期だったようです。
おおむね不活発、とはあっても、こちらの気配を感じて飛んで逃げます。

タラノメに止まる図。
c0043361_23284332.jpg

前回とは違う画を撮りたいぞ、と思って臨んだわけですが・・なかなか違う写真はイメージわきませんね~(;ー;)

幹を歩きまわるメス登場。前回撮れなかった産卵シーン?と期待して、じっとその行動を観察します。
たまに腹をこすりながらも、また歩き始め、産卵まで至りません。
樹の陰のような場所で、ようやく落ち着いたのか、今度こそ本物の産卵を始めました。
c0043361_23355785.jpg

裏側に回ったとき、樹に強く足がぶつかってしまって、残念ながら途中で飛び立たせてしまいました。
産まれたばかりの卵は、少し緑がかっていました。
c0043361_23375266.jpg


翅表の撮影は今回も期待していたところです。
が、表のオレンジ色、チラチラみせるのですが、やはり明るい時間だからか、翅表は開いてくれません。
表は、飛翔中をねらうしかないようです。
夕方飛翔の時間ではないので、飛翔チャンスは少ないなか、一番ピントの合ってたのがこちら。
c0043361_23402754.jpg

ひととおり、撮影はできたので、別なチョウもいないか、雑木林を散策することにしました。(つづく)
[PR]
by parnassus | 2008-06-28 23:52 | チョウに会える道 | Trackback | Comments(8) |
トラックバックURL : http://parnassus.exblog.jp/tb/9134362
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by chochoensis at 2008-06-30 05:04 x
おめでとうございます!=チョウセンアカシジミ=産卵シーン・・・すばらしいです、しかも産卵直後の=卵=の色・・・瑞々しい薄みどりなんですね、見事な写真です。続きが楽しみです・・・。
Commented by banyan10 at 2008-06-30 06:07
高速に乗ってから取りに戻りましたか。(^^;
夕方の飛翔はEX-F1には暗くて厳しいと思うのですが、どうでしたか?
産卵シーン見事です。卵の色もいいですね。
Commented by げん@産卵撮れました at 2008-06-30 08:29 x
chochoensis さん、ご無沙汰しております。ありがとうございます。
卵は先に産まれた下のやつから白っぽくなり、噴火口みたいなのが出てきたりで、短時間での変化があるようですね。
続きは、いちおう別なゼフが登場予定(^^)
Commented by げん@意味あったか疑問 at 2008-06-30 08:32 x
banyanさん、ありがとうございます。
>高速に乗ってから取りに戻りましたか
やっちゃいました(^^;)普通なら絶対やらないですが・・
確かに、夕方になるとEX-F1の高速関係は厳しいですね。撮れてもノイズだらけかも・・
ネタばらしですが、電池取りに帰っても、あんまり意味なかったです(爆
Commented by kmkurobe at 2008-06-30 22:09
チョウアカいいですね。タラノメの写真ほんとうに広がりを感じます。
産卵直後のシジミチョウ、ミヤマシジミも緑色でした。
Commented by げん@広がりですか at 2008-07-01 19:54 x
kmkurobe さん、ありがとうございます。
>タラノメの写真ほんとうに広がりを感じます。
そういっていただけるとうれしいです。
魚眼の超広角背景といっても、それがどう画として形にできるのか、って難しい(というかむしろねらってできない)と思っています。
構図などの工夫で「広がり」が感じられるというのは、ひとつの答えだと思いましたよ。
そういえば、直後の卵、シジミは多くが緑色かもしれませんね。
Commented by thecla at 2008-07-04 00:07 x
私のチョウアカ訪問とちょうど一週間違いだったようですね。
産卵、卵とも綺麗に撮影されていますね。
なるほどEX-F1も弱点があるのですね。
Commented by げん@つかわんと at 2008-07-04 20:31 x
theclaさん、ご無沙汰しております、ありがとうございます。
そうですか、1週間違いで行かれていましたか。最近ますます精力的にロードされてますね。
EX-F1は、暗いとだめですね。ノイズが多くなります。やはりCCDも小さいためだと思います。あ~、まだ十分使ってまへん(TT)
名前
URL
削除用パスワード
<< チョウセンアカシジミの里ロード... ページトップ 田淵行男生誕103年と3週間(^^; >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original Skin by Sun&Moon